アーカイブ

さいたま子ども食堂・第160回・春休みお弁当プチパントリー開催。

今晩から明日にかけて緊急事態宣言が出されるかもしれない・・・

成り行きが不透明な昨今です。

春休みが開けて、いよいよ新学期、入学式のわくわくした気持ちもおあずけです。

 

家庭では、食費がかさんで大変だとニュースで報じています。

今できること、

少しでもできること、

そんな思いで本日は 【春休みお弁当プチパントリー】 を開催いたしました。

 

 

「さいたま子ども食堂」を開催する古民家カフェ藍の駐車場に、

大阪からの冷凍便で2500食の、ベルーナ様のお弁当が到着したのが午前10時半。

県何各地のステーションキャプテン(8拠点)が引き取りに来てくださり、

荷下ろし→仕分け→積み込みと、大忙しで県内に散っていかれました。

 

その後、さいたまステーションに引き取りに来る近隣12カ所の子ども食堂さんが取りにいらして、

同時進行で「さいたま子ども食堂」からも各ご家庭に配布。

なんと21家族に、美味しいお弁当やカレーセット野菜、冷凍麺などをお配りできました。

 

 

目が回るというか(笑)頭の交通整理が大変でした。

それでも、

「助かります!本当に毎日食事のことが大変なんです」というお母さんの声や、

「早く子ども食堂を再開してほしいです!」というお声もたくさん。

お子さんとパパでお弁当を取りに来るケースも多く、在宅勤務の一端が見られました。

 

たかが子ども食堂なのですが、

長く続けてきた中で大切なポジションになっているな!とも実感。

 

 

実は今朝早くから戸田市にあるサッポロ製麺様に伺い、

冷凍麺をいただきにあがりました。

少しでもたくさんのご家庭にお渡ししたくて。

ですが、麺はいつもの三分の一くらいの量でした。

ここにも、ラーメン屋さんのお客様が減り、苦労されていることや、

製麺屋さんの出荷量が減っていることも併せて知りました。

サッポロ製麺様のご担当:佐久間さんからはこんな言葉が。

「大変なときだけどお互い頑張りましょう!」

まさに現代は、この言葉しかありません。

 

また、見沼区にあるマルミヤ食品様にも伺い、冷凍デザートをいただきました。

お弁当配布に、デザートもつけて!と。

本当にありがたいです。

 

 

皆様のご支援をたくさんのご家庭にお届けしたい!

それが今できる『子ども食堂の役目』です。

 

 

さあ次は、4月18日(土) 夕方3時~5時

【おにぎらず&KAOさんの絶品豚汁・プチパントリー】

おにぎらずはシラスや鮭などで作ります。

豚汁は お鍋持参 で来てくださいね(笑)

たまにはこんな面白いご飯で、休校中の家庭の会話を盛り上げてみませんか?

 

 

■必要なご家庭は必ず電話でお申し込みくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#子ども食堂

#プチパントリー

#ベルーナのお弁当

 

 

 

さいたま子ども食堂・第159回・プチパントリー【お弁当大作戦】

冷凍お弁当おかずで有名なベルーナ様のご協力で、

さいたま子ども食堂に100食も頂戴する事になりました。

EPSON MFP image

 

春休み中の  4月6日(月)

午後1時から5時までの間に、ぜひお立ち寄りください。

家族人数分のおかず(お弁当)を差し上げます。

あとは美味しいお味噌汁を作って食べてね!

 

 

あわせて、北海道の野菜(じゃがいも・人参・玉ねぎ)で【カレーセット】

もご用意できました。

 

先着25家族様 になります。

お電話でお申し込みも受け付けます。

 

みんなの元気なお顔見せに来てくださいね!

048-789-7340 

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

追悼・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いていても、なんだか力が入りません(涙)

淋しくてしかたがありません。

いつもそばにいるような、

近所のおじさんのような、

子どもの頃からずっと見てきた志村けんさんが逝かれる。

これがコロナの現実なのですね。

生きていられることが当たり前の事じゃない。

毎日、感謝して生きていきたい。

心からそう思います。

 

 

さいたま子ども食堂・第158回・マスク作り&プチパントリー開催。

・・始めにお知らせ・その1・・

月27日(金)テレビ東京の夜11時からのニュースに、

KAOさんのカオマンガイが少しだけ放送されます。

みんなが美味しそうに食べている写真も映るかも。

深夜ですがお楽しみに。

 

 

 

さて、3月21日(土)午後1時から4時にかけて、

手作りマスク教室と野菜のプチパントリーを開催いたしました。

野菜は、カレーセット・野菜炒めセット・煮物セットなどに分けて、

1家族段ボール1箱くらいづつお持ち帰りいただきました。

いつもお野菜を届けてくださる皆様に感謝しかないです。ありがとうございます。

 

この日は、いつもボランティアで活躍してくれるタケルが新潟から帰ってきて、

お手伝いをしてくれました。

久しぶりに会う子供たちに、やはり引っ張りだこでした。

さいたま子ども食堂では、濃厚接触はいなめないなぁ。。。と。笑。

 

4月になり、学校が始まったら「さいたま子ども食堂」も開催します。

もう少しの間、みんなも頑張れ~!!

 

美味しいご飯をたくさん食べてもらいたい!

楽しいおしゃべりで盛り上がりたい!

楽しみにみんなと会える日を待っています。

さいたま子ども食堂・第157回・マスク作り&プチパントリー

新型コロナウイルスにより、埼玉県中の学校がお休みのため、

さいたま子ども食堂・3月はお休みとさせていただきました。

ですが、ただ指をくわえて待つだけではありませんよ!!

 

 

頂いたお野菜がたくさんあり【プチパントリー】開催です。

戸田市の日吉様・近隣の農家様大変感謝しています。

子どもたちがいる家庭にたくさんお配りできました。

バナナやアボガドがたくさんで、みんな大喜びでした。

 

また、【ミシンもアイロンも使わない、簡単手作りマスク教室】も開催。

基本は、KAOさんが用意したキットをお分けし、

さらっと作り方レクチャーでした。

 

お一組だけ、ママとお子さんで縫っていきました。

この様子は読売新聞様に3月8日掲載されました。

 

※この簡単な作り方は、大好評で、新聞を見た方からも教えて!とお電話が入るほど。

 

 

 

大好評の企画で、うわさが広まり、一度も子ども食堂に来たことがない人や、

地域の方々も来られて、マスクの必要性がよ~くわかりました。

 

 

これら、ガーゼやゴム紐は1月から用意していたのですが、

ユザワヤさんでも100均でも品切れで集めるのが本当に大変でした。

でも、子供用のマスクは手に入らないだろうし、

子ども食堂に来るみんなになんとかしてあげたいと、頑張って集めました。

 

3月7日(土)用意したマスクは250枚。

■大人Lサイズ(パパ用)

■大人Mサイズ(ママ用)

■子供Lサイズ(小学生高学年用)

■子供Mサイズ(小学生低学年用)

■幼児用と、5種類のキットにしました。

これらが午前中であっという間になくなりました。参加家族37組でしたので。

追加して、最後は270枚のマスクがお嫁入。

 

自宅に持っていかれた方々から、嬉しい報告が。

ブレット先生が、かわいいミシンで縫っています!

レイ君(小3)は、チクチクお針で、見事完成!

いつもボランティアに来てくれる高3のなつみ君も、見事なチクチク手縫いで完成!

簡単だったよ!とコメントが。

 

この、ミシンもアイロンも使わないというところがミソなんです!

子どもにもできるように、親子でチャレンジできるように工夫したKAOさんのアイデア商品。

 

 

この企画、3月21日(土)もう一度行います。

【さいたま子ども食堂・プチパントリー・手作りマスク教室】

時間:AM10時~PM4時までです。

参加希望の方はお電話でお願いいたします。

マスクの作り方と、食材をプレゼントします!

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

#手作りマスク

#プチパントリー

#さいたま子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

 

 

2020年・3月のさいたま子ども食堂・手作りマスクレシピ。

新型コロナウイルスに対する世の中の話題は絶えませんね。

埼玉県内も県・公立小中学校は休校となりました。

それに伴い、子ども食堂も3月はお休みとさせていただきます。

さいたま子ども食堂に来てくださっている皆様にも、お会いできず残念です。

ボランティアの方々からも連絡いただきました。

「みんなに会いたい!」

「4月を楽しみにしています!」

 

 

ですが・・・

転んでもただでは起きない(大笑)と言われているKAOさん。

(いつもは石ころ1つでも握りしめて立ち上がります)

今回は、みんなに【ミシンもアイロンもいらない簡単マスク】の材料をたくさん用意しました。

いっしょに作ることはできないのですが、マスク・レシピもお付けして、

必要な方にお分けします。

※100人分は用意しましたがなくなり次第終了です。

※色柄は早いもの順です。

※この機会に子どもたちとチクチクしてみませんか?

※お分けできるのは

 3月7日(土) 10時~16時まで

※お申し込みの電話は必要ありません。

 

 

■幼児用・小学生低学年用・高学年用・・・1セット100円

■中学生以上・ママ用・パパ用・・・1セット150円

 

 

 

また、3月7日(土)には、

【プチ・パントリー】として、

サッポロ製麺様から頂く美味しいラーメン(5食分)も

プレゼントいたします。

お楽しみに!

2才のえいた君・5才のたくと君。(マスクモデルです:笑)

 

さいたま子ども食堂・第156回・ワンtoキッズ&カオマンガイ

犬と暮らすと楽しいことがいっぱいあります。

同じくらい大変なことも、悲しい事もあります。

人と暮らすことと同じです。

そんな当たり前で大切なことを、ワンtoキッズの先生たちとワンちゃんたちが教えてくれます。

2カ月に一度、さいたま子ども食堂に来ていただき、

そんな素晴らしい体験ができるんです。

今回はワンちゃんたちといっぱい遊びました。

先生やワンちゃんも増えて、仲間もパワーアップしています!

 

 

 

 

ご飯は、カオマンガイにしました。

各テーブルで、にぎやかなおしゃべりとご飯の時間もまた、宝物です。

 

 

じゃんけんも変顔も楽しく!

映画「こどもしょくどう」の折に、ぎんじさんから頂いた海苔は変顔の賞品になりました。

 

 

いつもいただくパンカフェギー様の美味しいパンと、

今回はほかにもたくさんのお土産がありました。

イケア新三郷店様からいただいたチョコレート。

パルシステム様からいただいたリンゴ。

長崎県から頂いたイワシの粉せんべい(これ、とっても美味しい!)

ユニリーバ様のシャンプーなどもいただいたので、今回参加のパパさんたちに!

 

これらは、ひとえに応援してくださるたくさんの方々からの支援です。

KAOさんは、アンテナ張って体使って(笑)集めまわっているんです。

 

 

 

さて、大事なお知らせです。

昨日、3月4月のお知らせをだしたばかりですが、

全国的に小中学校休校の政府見解に、

3月の子ども食堂はお休みとさせていただきます。

防災を考える企画ばかりでしたので、近いうちに同じ内容で行いたいと思います。

 

4月に関しては、情報を鑑みてお知らせいたします。

あまり怖がらず平常でいきたいと願っています。

 

さいたま子ども食堂・3月4月の予定。

新型コロナウイルスに、日本中が震撼している今日この頃。

子どもたちにとっても卒業式や入学式がなくなるとか、

春休みも自宅から出られないとか、

はたまた、東京オリンピックはどうなるのか?など

不安はぬぐえません。

 

埼玉県内でも3月の子ども食堂開催を見合わせるところも多くなってきました。

「埼玉県子ども食堂ネットワーク」は見解を出し、

衛生管理の徹底のほか自主管理を打ち出しています。

そこで「さいたま子ども食堂」は、小中学校や幼稚園・保育園が開かれているうちは開催。

休校になった場合は中止とさせていただきます。

 

不安は大きいですが【正しく恐れる事・いたずらに恐れない事】を励行します。

 

開催内容は盛り沢山なので、体調が悪くない方は(参加家族やボランティアさん、そのご家族含む)

無理のないご参加をお願いいたします。

 

 

 

■3月7日(土) KAOさんの手作りマスク教室(保護者対象)

 ※パパ・ママ用、子供用などを作ります。

        ※別途マスク代(子供用100円・大人用150円)必要です。

        イサムちゃんの手洗いチェック

        アルファ化米&豚汁

■3月14日(土)東北大震災から学ぶ!生き残る知恵。

        福島県の方が来てくださいます。

        生き残ったあとの、生きる力や、復興する姿を学びます。

        石焼ビビンバ&チャプチェ

■3月21日(土)ブレット先生の英語でSOS

         いつもの英語で遊ぼうに、海外の人が倒れていたら…を想定して。

         鶏手羽から揚げ

■3月28日(土)イサムちゃんの防災教室

         パパやママがいないときに大きな地震が来たら・・・

         子供だけで、さあどうしよう!?

         秘密のお楽しみメニュー

■4月4日(土) はづきちゃんの演劇への道

         夏からアメリカに留学するはづきちゃん。

ぜひ、はづきちゃんのパワーをもらっちゃいましょう!

         パエリアパーティ

■4月11日(土)ブレット先生の英語で遊ぼう

         餃子パーティー

■4月18日(土)ハワイアン・フラダンス(2回目)

         みんなで平和の踊りを楽しみましょう。

         煮込みハンバーグ

■4月25日(土)ワンtoキッズのみなさんと!

         秘密のお楽しみメニュー

 

さいたま子ども食堂・第155回・ブレット先生の英語で遊ぼう&グリーンカレー・コーンシチュー

今回は、たくさんのことを考える機会になりました。

ブレット先生のおじいさま(アメリカ在住)の体調がすぐれず、急遽の帰国。

先生は、子ども食堂の企画に参加できなくて「ごめんなさい」と。

とんでもないことです。

ボランティアで、毎月子どもたちに英語の時間を作ってくださるだけでも感謝です。

「心落ち着けて、帰国してください」とお伝えしました。

今回のような不慮の出来事は、運営者である私にも、スタッフにも起こります。

 

今、日本中(世界中)で問題になっている新型コロナウイルスも、

子どもたちに発病する可能性だってあります。

そのような時に、どう考えてどう行動するのか?

たくさん考えておこうと思います。

 

さいたま子ども食堂では、毎回、大人が子供に生きる力や大人の仕事などを伝えています。

そのあとのご飯になります。

ブレット先生のいない時間は、奥様のアサヨちゃんとお子レイ君コウ君が見事にサポート。

いくつものアメリカやイギリスの子どもの遊びを教えてくださいました。

 

 

 

 

さて、ご飯。

今回はグリーンカレーとコーンシチューです。

おかわり続出で、大鍋で作ったのですがあっという間に空っぽ!

1才の子がシチュー2杯を食べて、ママがびっくり(笑)

グリーンカレーは、今回が一番辛かったと中学生の女の子。

みんなでおしゃべりしながら食べるご飯は、本当においしいです。

 

ボランティアに参加してくださるノリちゃんからはお米をいただきました。

川口の光秀寺様からは果物を。地元の方からたくさんの野菜。

南区のパン屋さんからはどっさり菓子パンを。

お近くのパンカフェギー様からもおいしいパンとチョコレートケーキを。

たくさんの皆様の応援、ありがとうございます。

みんなんで分け合ったり、大切に使わせていただいています。

 

 

今回は、初参加のボランティアさんの様子をお伝えします。

南浦和からコウちゃん、舘林からシンちゃんの男性2人です。

始めは緊張していましたが、すぐにこどもたちにいじられ(笑)

こんな笑顔で楽しんでくれていました。

 

ボランティアに参加してみたいけれど、不安な方は多いかと思います。

ですが、ぜひ一度トライしてみてください。

今まで体験したことがない楽しさを感じていただけると思います。

 

 

 

次回は

ワンtoキッズさんが来てくださいます。

夕方4時からです。お間違えの無いように。

ご飯は【KAOさんの気まぐれメニュー】です。

 

食べに来たい人。お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#グリーンカレー

#コーンシチュー

さいたま子ども食堂・第154回・武蔵野学院様でお餅つき&芋煮会。

お餅つきにこれ以上ないというくらいの、晴天!

また風もなく半そでになって遊ぶ子供たちがいるなど、

のどかでうららかな一日・・・さいたま子ども食堂のお餅つき無事開催出来ました。

 

今回もさいたま市緑区にある「武蔵野学院」の敷地をお借りし、

先生方に薪割りや釜戸の準備など、大変お世話になりました。

集まったご家族とスタッフ入れて、総勢100名の【大餅つき大会&芋煮会】となりました。

用意したもち米30キロは、埼玉フードバンク様から頂戴しました。

学院の先生方から、「これはいいモチ米だね!」と。

このモチ米は、前日、KAOさん宅にて必死にといで水につけておきました。

大鍋で洗うので、お風呂場でやりました(笑)

 

お餅つきはなんと20臼以上つきましたので、

子どもたちはもちろん、パパママ、ボランティアさん総出でした。

実は今日、この記事を書きながら筋肉痛で右手が動きにくいです。

 

芋煮も、たっぷり作りましたが、平均3杯のおかわりで、

食べた人は7杯もどんぶりで食べてくれました(大笑)

 

地域に開放したい!という青木院長先生はじめ、音頭取っていただく伊藤先生、

たくさんの先生方、心から感謝いたします。

 

おモチは、あんこ・きなこ・黒ゴマ・からみ・納豆を用意しました。

つきたてをちぎっては、あんこなどに絡ませて、みんなの食べたいものを

とってもらいました。

他にも各家庭でジプロックを用意していただき、お土産用ののしもちも作りました。

 

聞くところによると、幼稚園などではおモチをのどに詰まらせる事故があるからという

理由で餅つき大会は中止のところが多いそうです。

インフルやコロナなどもあり、屋外での子ども食堂開催は勇気がいりました。

けれど、みんなの心意気が通じ、暖かな晴天とおなかいっぱい大満足の、

大成功の一日になりました。

 

 

 

大根をくださった永田様。

ねぎを届けてくださった飯島様。

果物をわけてくださった光秀寺様。

モチ米くださった埼玉フードバンク様。

かげで支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、次回は 2月15日(土) 夕方5時 から。

ブレット先生の英語であそぼう!

&コーンシチュー・グリーンカレー

 

■食べに来たい人、お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#餅つき

#芋煮会

さいたま子ども食堂・第153回・はづ先生の演劇への道&恵方巻

今年は一段と季節が変わるのが早く感じられます。

東京オリンピックに向けての高揚感からでしょうか?

暖冬のせいでしょうか?

 

2月1日の「さいたま子ども食堂」は、恒例の恵方巻で新節を祝いました。

子どもたちが自分で作る恵方巻は、お祭り騒ぎです!

1人の男の子が、「ダイナミック恵方巻完成!」と叫んでいたのがこちらです。↓

あふれて・・・こぼれて・・・楽し気です。

上手にできると、こんな感じです。

 

西南西をむいて一口がぶり。

そのあとは、おしゃべりしながらのいつもの楽しい子ども食堂です。

具たくさんの豚汁とサラダもあり、おなかパンパンになりました。

 

 

 

ごちそうさまをする頃、さいたま子ども食堂に赤鬼が参上し、

会場内は興奮の豆まきに!

鬼になってくれた太一君とノア君からは、

子どもたちの豆の勢いがすごくて「痛かった!」(大笑)

おまけに去年は大泣きしたコウ君(5才)が、今年も大泣き。

鬼の2人にしたら、満足のご様子でした。

 

お掃除はいつもの何倍も大変です。

つぶれた豆がそこらじゅうですから。

でもね、こういう遊び心だけは持ち続けたいものです。

 

 

こんな大賑わいのご飯の前に、子どもも大人も大いにストレス発散しました。

2回目になる「はづちゃんの演劇の道」開催でした。

自己紹介も全員がアクション付きで独特に。

あとは、重たい石運びや、お願いアクションで盛り上がりました。

真剣に見つめる3歳児の男の子。ママの演技に大笑いの3歳児の女の子。

初参加のご家族が2組。あっという間に溶け込んで笑っていました。

 

 

じゃんけん大会・変顔も素晴らしく。

 

 

今回はお野菜をたくさんいただきました。

地元の須藤様・永田様、ありがとうございました。

豚汁の具のほか、新鮮な野菜は子どもたちのお土産にさせていただきました。

 

次回は、武蔵野学院様 で お餅つき します!

いつもと時間が違います。12時集合です。

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPOチアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#恵方巻