アーカイブ

【ボランティアの流儀】さいたま子ども食堂バージョン

さいたま子ども食堂は8月下旬で満2周年を迎えます。

スタートしたころの苦労、

例えばポスターを学童や保育園で1枚も張らせてもらえなかったことや、

声をかけても「子ども食堂にいく資格者ではないです!」と断られたことや、

※資格なんて何にもないのに、貧困や孤食がイメージで先行していたかな。。。

他にもたくさん、たくさん・・・今ではみんな笑い話になっています。

 

そして、たくさんのボランティアさんが協力してくださって、

毎回が ≪笑顔と感動≫で開催することができました。

 

こうして作り上げた過程で感じたことなどをまとめて、

新たに「さいたま子ども食堂・ボランティア・ルール」を作りました。

みんなで気持ちを合わせて、より素敵な場所にするためにも大切なことだと思いますので。

 

 

参考までに・・・・・・・

1 初参加の方には、運転免許証・学生証のコピー、もしくは名刺をいただきます。

2 開催途中での写真撮影はご遠慮いただきます。

3 個人のFBやブログで記事を書く場合、または会社や学校のレポート提出の場合は、

  必ずお声掛けください。

4 スタッフ、ボランティア、参加家族間での電話番号やラインの交換はお断りしています。

5 何らかの事情で交流が生まれる場合は必ずお声掛けください。

6 他との比較ではありません。他の子ども食堂のうわさなどは控えてください。

 

 

現在はこの6つです。

1について。

ボランティア参加される方には、子どもたちとたくさんお話ししていただくことを

メインにしていますので、どこで誰が何を話しても運営側の責任だと思うからです。

 

2についてに。

食事の風景やイベントなどでは写真を撮りたくなる機会も多いのですが、あくまで任務追行で。

 

3について。

大学の卒論課題として訪ねていただくことや、高校生の宿題のような形での参加も非常に多いです。

社会人の方も企業内での報告をされたりと。

そうするとその方の目線であったり主観も入ります。

私が立ち上げた原点や運営の苦労などは1回の参加で理解して頂くことは困難です。

それでも広く知っていただくチャンスにはなりますので、そういう場合はボランティア参加の日は

極力私にくっついて動いていただき、折々お話しして理解して頂くようにしています。

 

4・5について。

参加される回数が多くなると、子ども達にも知ってもらったり、顔なじみができるものです。

嬉しいのですが、けれどそれは、あくまでこの場でのこと。

この関係を自宅に帰ってからも持ち続けていただくことは、

一貫して掲げている「政治・宗教・物販の禁止」にも影響することが考えられます。

基本的な交流は、この場限り。それが一番長く続く関係だと考えます。

ですが、たまに良い医者を紹介するとか、習い事に興味があるなどの場合もあります。

そうした時は、個人間交流ではなく、さいたま子ども食堂を通していただくことをお願いしています。

これに付随し、着なくなった服やカバンを特定の子にあげることなども断っています。

えこひいきであったり、不要な誤解を生むからです。

 

6について。

ボランティア活動に参加してくださる方はとても意識が高いです。

色々な活動もされ、あちこちの子ども食堂の様子を知っている方も多くなりました。

そうすると、あそこはこうでしたとか、ここはつまらなかったなどと、

つい話しがちです。

主催する方の苦労や本心を知らずに、表面の出来事のみで判断し風評を流す場合もあります。

子ども食堂どうし、カバーし合ったり支え合ったりもしています。

どうか批評家ではなく縁の下の力持ちになっていただけたら・・・そう願います。

 

 

これらは2年間で経験したことで、折々に目にするたびに考えて口にしてきたことなのでてす。

ボランティア初参加の方が多い時には、みんなで確認し合っている内容です。

今後もその内容は増えていくかもしれません。

これらは小さなことですが、徹して守る事が長く続ける秘訣になるかもしれませんね。

 

 

 

過日の2歳の行方不明の男の子をボランティアで駆けつけた方が見つけられたお話し。

さっと駆け付け、さっとお帰りになる。

あのような潔いお姿に、とても感動いたしました。

ボランティアで始めた「さいたま子ども食堂」

私はこの場で、これからも自分磨きをして行く決意です。ボランティアのみな様と共に。

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#ボランティア

 

 

 

さいたま子ども食堂・第86回・マジックショー&豆乳胡麻味噌担々麺

 今回は、埼玉県遊技業協同組合様の支援により、凸版印刷様、そごう西武様など、

たくさんの方がバックアップしてくださり素敵な【マジックショー開催】となりました。

さいたま市大宮区で奇術を愛好されている皆様は、普段は慰問などで出かけられるとの事。

さいたま子ども食堂のように、目を皿のようにして見つめる小さな子供たちの姿に、

「たくさんのちびっこたちの前でネタがばれないようにするのは大変だったよ!」

と笑って楽しんでくださいました。

子ども達は大きく声を出したり、あっちこちから覗いたりともう大騒ぎでした。

このような機会はあまりないので、是非またお越し頂けたらと思います。

圧巻は最後のこのマジック。

1枚の新聞紙が、2枚に4枚に8枚に・・・粉々にちぎられた後で・・・

あっという間に元の大きな1枚に!

お見事です!!

 

存分に楽しんだ後は、豆乳胡麻味噌担々麺と鶏手羽から揚げやニンジンシリシリなど。

一つ失敗がありました。それは本格的な担々麺の肉みそだったので、

小さな子供たちには辛かった!ということです。

ボランティアのマリちゃんから終了後の反省会で指摘いただいたのです。

小さな子供用には別にしておいて味をみながら調整するとか、工夫が必要と。

確かに、過去のグリーンカレーの時も子供用にはコーンシチューを作っておきます。

これからもっと気を付けて、たくさんの世代の方々に喜んでいただけるようにしないと。。。反省。

 

 

最後のじゃんけん大会は、近くのパンカフェ・ギーさんからいただいた美味しいパンをかけて、

子どもも大人も、ボランティアさんだって真剣に挑みます。

 

BOOK・OFF様からいただいた本は、夏休みにはもってこいのお土産になりました。

変顔もばっちり決まって、今回も大賑わいのさいたま子ども食堂でした。

 

ボランティアのマリちゃん、ミワちゃん、ミサキちゃん、スズノちゃん、カヨちゃん、

チハルちゃん、ヒロミちゃん。そしてホリさん、ヤマピー、ノリピー

大助かりです。ありがとうございます。

 

 

 

さて次回は、8月18日(土)夕方5時から

ホウ先生の韓国語教室&石焼ビビンバ です。

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記のフリーダイヤルからお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房株式会社

 

#さいたま子ども食堂

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#マジック

#豆乳胡麻味噌担々麺

 

さいたま子ども食堂・夢を叶える・田植え・稲刈り・お餅つき!

さいたま子ども食堂を開いて8月で2年になります。

初めは 「子ども食堂」 を開くことが夢でした。

地域に根を張ること、沢山の方々との出会い、そして何より生涯をかけてのボランティアとして。

ですが、この2年で想像以上の喜びとやりがいを感じています。

 

子供たちの成長。

子供たちや親御さんとの不思議であたたかな交流・連携。

ボランティア活動に参加していただく方々の熱い思い。

食材を届けてくださる方たちの真心。

個人とか家族という単位ではない、たくさんの知らない方々との食事の場は、

大きく豊かな魅力があります。

それはきっと集ってくださる方も企画する側も、ともに感じることだと思います。

 

さらにですね・・・

本間なりに描いていた夢が、またまた叶うことが決まり嬉しくてたまりません。

夢とは・・・

①田植え

②稲刈り

③餅つき

④屋外バーベキュー

 

 

私自身、田植えは経験がなく、もちろん稲刈りも。

結構いい年してますが未経験なことは山のようにある物ですね。

虫が苦手なので土に足を入れられるかは疑問で、スタッフからは笑われています(><)

でもね、一生のなかで体験したいなぁと思い描いていたことなのです。

これらを子供たちと一緒に「さいたま子ども食堂」としてできるなんて、

本当に嬉しくてありがたいです。

 

※詳細は後日お知らせいたします。

 

さいたま子ども食堂、2周年を迎えて、さらにさらに、たくさんの皆様の夢も叶える場にしたい!

そう願う日々です。

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・2周年記念 【 大相撲大会さいたま場所 】は、

8月25日(土)夕方5時から開催します。

食べに来たい人、お手伝いしていただける人は下記のフリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#田植え

#稲刈り

#餅つき

#大相撲

さいたま子ども食堂・第85回・ブレット先生の英語であそぼう&パエリア

 さいたま子ども食堂では、たまにパエリアやビビンバを作ります。

「豪勢だな!」と思われるかもしれませんが、これには理由があります。

いただいたお米が古くなってしまったり、新米が出るころに古米をいただいたり。

そんなお米を美味しく食べる工夫なんです。

今回は北浦和の魚力さんからたくさんのイカげそをいただき、

近所の三木さんからいただいたピーマンやししとうなど、

夏野菜と一緒にカラフルなパエリアに仕上げました!

サラダや夏野菜の素揚げと、春雨スープで楽しいご飯になりました。

「家では作りません」「作れません」という方が多くて、

さいたま子ども食堂のパエリアを楽しみにしている方も多いんですよ。

 

楽しいご飯の前には、ブレッド先生の英語であそぼうが開催されました。

クーラーをきかせても、みんなの熱気でムンムンの会場。

大汗かいて動き回りました。

英語オンリーの1時間は、子どもも大人も楽しい刺激です。

 

 

そして今回は素敵なイベントがもう一つ。

ブレッド先生と奥様、あさよちゃんが誕生日を迎えた私(KAO)とスタッフの由佳ちゃんに

ケーキをプレゼントをしてくださったんです。

ハッピーバースデーの歌も、みんなで大合唱してくださって(涙。)

このケーキは帰る際に、出口でみんなのお口に、一口づつプレゼントさせていただきました。

 

じゃんけん大会では、

パンカフェ・ギーさんから頂いたパンと、光秀寺さん(川口市)から頂いた果物などを、

真剣争奪戦!!

 

負けて泣き出す女の子もいます・・・

欲しくても手に入らない・・・

大人が、ボランティアさんだって子供に手加減しない・・・

頂いた物がちょうどよくいきわたることがないからこその、苦肉の作戦なのです。

 

変顔写真は大人数でぎゅうぎゅう詰め。

半分だけご披露します。まじで凄いです(大笑)

 

■ボランティアに参加していただいた、ミワちゃん・ミサキちゃん・スズちゃん・ノア君。

いつもありがとうございます。

今回は初参加のご家族が多く、ちびっこさんも多く、本当に助かりました。

 

さて次回は、7月28日(土) イサム先生の防災教室開催

アルファ化米を子供たちに作ってもらいます。

また、子どもでもできる鶏ハム作りにチャレンジします。

西日本の豪雨被害を目の当たりにし、いつでもどこでも、

災害を感じて暮らす日本だとしみじみ思いました。

何か起きてからではなく、今できる事をしっかり考える一日にしたいです。

 

夕方5時からスタート。

汗拭きタオルと、アイスノンなどの体を冷却できるものもあれば持ってきてくださいね。

 

 

■食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720    藍建築工房まで

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#パエリア

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第84回・KAOさんの布ぞうり教室&手巻き寿司。

「布ぞうり」は子供たちの夏休みの自由研究にもってこいの企画です。

昔は、おじいちゃんおばあちゃんに教わったかもしれない「ぞうり作り」

今では作り方はおろか、履くこともなくなった「ぞうり」

足の指や足裏にやさしい刺激があって、できたらみんなに履いてほしいと思うのです。

そこで、思い切って今回の企画にしてみました。

 

 

内心は、準備が猛烈に大変でやり切れるかな…という心配も。

実際に、約2週間は徹夜と朝5時起きでの準備。

リフォーム現場に向かう車の中でも、信号待ちでチクチク…

なにせ、小さな子供ように布ロープは8m×2本。大きな子供用には10m×2本。

自分の着物を裂いてこれらの準備をしました。

そこに鼻緒や型紙作り。

※なんだか準備が大変だった感が強くていやらしいですね。ごめんなさい。

それでも、参加してくれる子ども達の年齢から推測して、1人1人に合わせた大きさや柄選びもしました。

要は、やりたくて、楽しかった準備なのです(大笑)

 

 

反省点は、参加家族が9組・子ども達14人分のぞうり準備が精いっぱいだったこと。

お断りして次回に回っていただいた家族が12組もいらしたことは課題です。

 

さて、「布ぞうり作り」かなり難しく、みんなで悪戦苦闘!

 

パパとママで1歳のKちゃんように作った可愛いぞうり。

 

難しくてパパに頼んで完成したぞうり!

 

早く来て作りはじめ、こつをつかんだY君とママはみんなの先生役に。

 

一人で作り上げたYちゃんのしぶかわぞうり。

 

飽きた小さな子ども達の面倒を見てくれたボランティアのタクミン。

子ども達がまとわりついて離れません。

 

ご飯は「手巻き寿司」にしました。

ボランティアのあさちゃんからまぐろのさく1㌔をいただき、感謝!!

思い思いに作る手巻き寿司に、それぞれのテーブルで会話も盛り上がります。

 

じゃんけん大会も変顔記念撮影もいつも通りに素晴らしい!

 

 

こうして、やりたかった「布ぞうり教室」もスタッフやボランティアさんに助けていただき、

無事に終了しました。

今回のボランティアさんは、タクミン・アサちゃん・ノブちゃん・スズちゃん。

本当にありがとうございます。

まだまだ「来たかった!」とか「やりたい!」というお声があります。

何とか時間を作って、また必ずやりますね。

 

 

 

■お米をリナ先生(オカリナ奏者)から頂きました。

みんなで美味しくいただきました。ありがとうございます。

 

■イサム先生(防災士)からお菓子とバナナ、相撲の番つけ表、手巻き寿司の絵本をいただきました。

いつもありがとう!!

 

 

 

■さて次回は 7月21日(土)夕方5時から

【ブレッド先生の英語であそぼう!】です。ご飯は、パエリアだよ!

 

■食べに来たい方・ボランティアしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720    藍建築工房まで。

 

まってま~す!

 

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#布ぞうり

#手巻き寿司

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第83回・タクミンの筋肉マン教室&鶏ハム冷やし中華

鶏ハム冷やし中華は、以前1回作りました。

大・大好評で、特にスープ 【豆乳胡麻味噌味】のレシピがほしい!という御要望が多数。

そこで来てくれた皆様にレシピを書いて配ったくらいです。

本間(KAOさん)の適当な味付けですが、みんなに教えるとなるときちんと計ってみました(笑)

お試しになりたい方はどうぞ!

※ボランティア参加のヒデ君はもう3回くらい自宅で作ったとか。

 

 

【豆乳胡麻味噌スープ】 7~8人分

①豆乳・・・・・1ℓ

②すりごま・・・100g(小袋が80gならそれでもOKも)

③味噌・・・・大さじ5

④めんつゆ・・・3倍濃縮100cc

あれば残り物のしゃぶしゃぶ用胡麻たれとか、サラダ用ゴマドレなども適当に投入!

↑このあたりは隠し味的にアレンジしてみてね。

※スープが残ったら冷凍できます。

※大人の方はラー油で辛さを調整してください。

ご飯はおしゃべりと笑い声の中、おかわりも続々と!

 

冷やし中華の他はブリ塩焼きにすだち、切り干し大根です。

初めて「さいたま子ども食堂」のボランティアに参加にしてくれた大学生

ナオト・ユウスケ・ヤマピーも、各テーブルで子ども達とおしゃべりしながらもりもり!

最後の反省会(毎回行っています)では、彼らから子ども達から元気をもらった!とか、

今日一日が楽しかった!というお声をいただきました。

 

子ども食堂は、参加してくださる子どもや家族はもちろん、

ボランティア参加の皆さんが同じように元気や勇気を分け合う場なのだと思っています。

勇気や元気、笑顔は使えば使った分だけ増える!

使わにゃ損!ですもの(大笑)

 

 

こんな楽しいご飯の前には、

【タタクミンの筋肉マン教室】が開かれていました。

筋肉というよりは体幹を鍛えることがメインです。

バランスボールを使ったり、片足たちをしたり、ゲームをしたり・・・

子どもも大人も真剣かつ笑顔です。

そんな中、顔をしかめる男の子2人。

片足立ち20秒がきつかったみたいです。(苦笑)

 

 

 

 

 

■今回の頂きもの

お菓子やゼリー・・・さいたま市浦和区の石井医院様

みんなのお土産にしました。

 

魚力様からブリのカマ、サッポロ製麺様から冷凍麺。

いつも本当にありがとうございます。

あさよちゃんから窯出しカステラ。パンカフェ・ギー様から美味しいパン。

パンはいつものようにじゃんけん大会の賞品に。みんなの目が輝きます。

 

 

変顔記念撮影もパワーアップ!

 

おまけですが、美味しく食べているところに店長が乱入し「美味しい顔して!」というと、

邪魔しないでと言わんばかりにこんなお顔いただきました。

とってもかわいい1歳の、りーちゃんでした。

 

 

今回のボランティアさんは、あさちゃん・タクミン・シュート・ヒデ君・ミサキ・スズノ

飛び込み参加のナオト・ユウスケ・ヤマピー

さらに、川口市で夕暮れ食堂を運営しているタエミちゃん。

皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

次回は  7月14日(土)夕方5時から

KAOさんの布ぞうり教室&手巻き寿司です。

ご飯を食べに来たい方・お手伝いしていただける方は、下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房株式会社

 

 

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#子ども食堂

#さいたま市

#冷やし中華

 

 

 

さいたま子ども食堂・7月8月の予定。

梅雨が明け、毎日が日差しの強さとの戦いですね。

車中の事故などが起きないように祈るばかりです。

と言いつつ、建築現場やリフォーム工事現場が多いので、

水分を取っているつもりでも軽い脱水症状でふらつくことがあります。

自分自身から事故の無いようにと反省しきり(汗。)

 

さて、さいたま子ども食堂・7月8月の予定が決まりました。

夏休みに入りますが、たくさんの皆様と楽しく美味しい時間を過ごしていきたいと思います。

 

◎ 食べに来たい方・ボランティアをしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

 0120-789-720    藍建築工房株式会社まで。

 

 

■7月7日(土)

タクミンの筋肉マン教室&鶏ハム冷やし中華

子どもたちは体の基本である体幹を鍛えるトレーニングを!

パパやママはダイエットも!

冷やし中華は豆乳胡麻味噌味・KAOさんの特製レシピです。

 

■7月14日(土)

KAOさんの布ぞうり教室&手巻き寿司

足の裏に刺激を与える布ぞうりを自分で作ってみましょう!

 

■7月21日(土)

ブレット先生の英語で遊ぼう&パエリアパーティー

大人気のブレット先生。毎回小さな友達から高校生まで夢中になっています!

今回はどんなストーリーが待ち受けているのでしょうか?

 

■7月28日(土)

イサム先生の防災教室&アルファ化米・鶏ハム・豚汁

50食分のアルファ化米を子供たちに作ってもらいます。

更にきれいな水がなくても作れる鶏ハムで、非常時に少しでも気が安らげるよう工夫していきます。

 

■8月4日(土)

マジックショー&手羽先から揚げ

大宮から素晴らしい奇術士さんたちがお越しくださいます。

この不思議な体験をまじかで楽しんでください。

 

■8月18日(土)

ホウ先生の韓国フェスティバル&石焼ビビンバ

毎回、韓国語を教えてくださるホウ先生が、韓国からの友人たちをご案内。

総勢20名の方たちと韓国フェス開催です!

 

■8月25日(土)

大相撲さいたま場所(一本足相撲)&秘密のお楽しみメニュー

皆様のお陰で楽しく元気にさいたま子ども食堂は「2周年」を迎えます。

昨年に引き続き、大相撲さいたま場所を開催致します。

ふるってご参加、お待ちしています。

 

 

5月のさいたま子ども食堂(陶芸教室)で作ってもらったシーサーが焼きあがりました。

個性豊かなシーサーたちですね。

早々と夏休みの宿題にされてもいいですね(笑)

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#陶芸

#シーサー

 

さいたま子ども食堂・第82回・ワンtoキッズ&屋台村。

ワンto キッズの皆様は、犬と関わる生活や仕事などから命の大切さやいじめの根絶など、

埼玉県内の小学校にも呼ばれて活動されています。

もっと簡単に言えば、隣に犬がいてくれる生活の素晴らしさや楽しさ、

人と犬の素敵な関係を大切にされています。

今回は犬を清潔に保つ必要性を 【 トリマー 】という仕事を通して教えていただきました。

私たちもお風呂に入ったり手を洗ったり、髪の毛を切りひげをそったり、

体を清潔に保つことは健康につながります。

犬も全く同じで  清潔=健康=共に暮らす  ことにつながります。

ワンちゃんたちをなでたり触らせていただきながら大切なことを学びました。

子どもたちも目をキラキラさせてワンちゃんたちと触れ合っていました。

 

 

そしてご飯。。。

今回は月末でしたので頂きものを工夫してメニューを決める【 秘密のお楽しみメニュー 】の日。

サッポロ製麺様からいただいた冷凍太麺をつかい、静岡風焼きそばをメインにしました。

また、埼玉県コバトン健康マイレージにおける県産農産物から豚肉をいただきましたので、

焼きそばが更に美味しくなりました。

総勢67名が4テーブルに分かれ、各キャプテンの元それぞれの味付けで焼きそばを作りました。

また、立派なげそ(魚力様から)はオリーブオイル(埼玉フードバンク様から)で。

新じゃがのフライは美緒ちゃんと、さいたま桜ライオンズクラブ様から頂いた物を。

こうして 【 さいたま子ども食堂・屋台村 】 を、みんなで楽しみました!!

 

 

恒例のじゃんけん大会、変顔はこんな感じです(笑)

変顔は人が多くて端っこが切れてしまいました。

 

お土産にはいつも気にして応援していただいている佐藤様から頂いたファンタを。

 

 

ボランティアには、マリちゃん・ヒデ君・マオちゃん・タニ―さん・ノア君・

カヨちゃん(いきいきさいたまから)

そして小学4年生のユウキもボランティアとして頑張ってくれました。

大汗かきながらテーブルを盛り上げていただき、本当にありがとうございます。

 

 

次回は 7月7日(土)夕方5時から

   タクミンの筋肉マン教室  開催です。

筋肉というより体幹が大切というタクミンが考えてくれたプログラムで、楽しく1時間運動します。

参加される方は動きやすい服装・タオルを持ってきてね。

ご飯は  ≪ 鶏ハムを使った豆乳胡麻味噌冷やし中華 ≫ です。

どうぞお楽しみに。

 

 

食べに来たい人・ボランティア参加していただける方は下記フリーダイヤルで。

0120-789-720   藍建築工房まで。

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#ワンtoキッズ

 

 

 

さいたま子ども食堂・第81回・ブレット先生の英語で遊ぼう&グリーンカレー・コーンシチュー

子ども食堂でみんなに食べて頂く食事は、本間(KAO) が作っています。

メニューは、この企画ならこんな食事がいいかな・・・とか、

季節を感じるならこの食事にしようとか、

毎回楽しみながら企画し調理しています

そして今回は毎月来ていただいているブレット先生に喜んでいただけそうなものにしました。

子供たちにはコーンシチューを、大人の方たちには本格的なグリーンカレーを!

シチューは1歳のお友達も2杯おかわりして、パクパク食べてくれました。

グリーンカレーは本格的に作りますのでかなり辛いです。

が、大鍋空っぽになるくらい、みんなが大汗かいて食べていました(大笑)

「普段は家で作りません」とか「美味しくてやみつきになります!」とか・・・

こういう言葉が嬉しいです。

 

高校生ボランティアのすずは、辛いの苦手といいながらチャレンジして、

グリーンカレーも食べていました!

 

ブレット先生はなんとおかわり3回!!

 

もちろん主菜の他にグリーンサラダ・切り干し大根・ぶりのから揚げなどが盛られ、

各テーブルごとに楽しいおしゃべりの隠し味も加わって大賑わいです!

ぶりは北浦和の魚力さんから頂いたもの。

ショウガ醤油で味付けしたから揚げです。こちらも大人気。

 

 

ご飯の前に行われた【ブレット先生の英語で遊ぼう】も大盛り上がりでした。

 

 

今回ボランティアに参加していただいた

凸版印刷のやまピー・なかピー、そごう西武のほりさん、

あさちゃん・のりちゃん・ひでちゃん・みわちゃん・みさきちゃん・すずちゃん・まきちゃん

本当に助かりました。ありがとうございます。

じゃんけん大会もお疲れさまでした。

 

 

 

◎ 食材支援をしていただいた皆様 ◎

■ぶりと鯵を北浦和に魚力様

■お米と炊飯器(ボーリング大会の賞品だそう!)ベストプライスの梶原様

■サニーレタスとカルピスをフードバンク埼玉様

■豚肉は埼玉県社会福祉協議会(埼玉県コバトン健康マイレージ)

■掘りたてのジャガイモは美穂ちゃんから

 

いつも心にとめていただきありがとうございます。

豚肉とじゃがいもは次回に使いますね。

 

 

 

次回は6月23日(土)夕方4時から

ワンtoキッズによる 【 犬に関わるお仕事体験・トリマー編 】開催します。

ご飯は秘密のお楽しみメニューです。

どうぞお楽しみに!

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記のフリーダイヤルからお願いいたします。

※水曜日は定休日です。

0120-789-720  藍建築工房株式会社

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#グリーンカレー

 

 

さいたま子ども食堂・第80回・お手玉教室&手作り餃子パーティー

当初予定していましたホウ先生の韓国語教室、

私(本間)と先生の連絡行き違いがあって延期となりました。本当にごめんなさい。

改めて8月17日に韓国から20名ほどの方をお迎えして

【韓国フェア】開催させていただきます。お楽しみに!

 

 

さて、突如の変更でしたので、急ぎ思案し【 お手玉教室 】開催いたしました。

お手玉は金曜日の夜、自宅にある布でちくちく初めまして(苦笑)、

なんとか5個セットを8組作りました。

私(本間)が子どものころは、女の子はみな自分のお手玉を持って登校し、

休み時間には競って遊びました。

 

・・・・・・・・・・お手玉数え歌・・・・・・・・・・・・・・

おひとつ、おひとつ、おひとつ、おひとつ、おさらい。

おふたつ、おふたつ、おさらい。

おみいっつ、おひとつおのこり、おさらい。

およおっ、おさらい。

おみんな、おさらい。

おぜんぶ、おさらい。

その後はお手平とかお手乗せ、おはさみ、おつかみなどと展開していきます。

50年近く前の遊びなのにしっかり覚えていました。

 

しかし・・・

こんなお手玉遊びを知っている人が一人もいなくて(涙。)

子どもたちが来る前のわずかな時間でボランティアさんたちと遊んでみましたが、

みんな全然できないんです。

歳の差を感じてしまいました(大笑)

 

 

そして子供たちは、当然知る由もなく大騒ぎに。

早く来た子供たちから入れ替わりでやりましたが、所せましです。

 

その後は、みんなで餃子作り。

ボランティアのみわちゃん・みどりちゃん・あさちゃん・すずちゃん(高校生)・すずちゃん(中学生)が

餃子先生になってみんなを指導。のはずが・・・

個性爆発の ≪UFO餃子≫ ≪ハート餃子≫ をつくるなど、大盛り上がり。

食べる前から熱気ムンムンです。

 

 

美味しい餃子をみんなでいただきました。

皮は、サッポロ製麺様から頂いたモチモチの大判です。

1個が普通の2個分はある食べ応えです。

中学生のUちゃんが40個を食べましたが、ざっと80個食べた換算。

お見事な食欲です。

 

じゃんけん大会も大盛り上がり。

パンカフェ・ギー様から頂いた美味しいパンと、

川口市光秀寺様から頂いた果物が商品です。みんな必死です。

 

変顔は   こんな感じ!(大笑)

 

 

今回は嬉しいことがたくさんありました。

その一つが、4月に中学校に進んでから足が遠のいていたR君が久しぶりに来てくれたこと。

喜んで小さな男の子K君が首にまとわりつきます。

餃子作りも食事中も、片づけの時もぴったりくっついていました。

みんなからも、背が伸びた!とか、声変わった!!とか言われて、

恥ずかしそうに嬉しそうにするR君。みんなの人気者です。

 

今回は  

果物と、フードバンク埼玉様からたくさんお菓子をいただきました。

みんなのお土産になりました。

 

また、M様からサニーレタス・タニ―さんからも無農薬野菜、

サッポロ製麺様から冷凍ラーメン・魚力様から焼き鮭など頂きました。

いつもありがとうございます。美味しくいただきました!

 

 

 

 

■次回は6月16日(土) 夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼうとグリーンカレー&コーンシチューです。

どうぞお楽しみに。

 

■食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#餃子

#お手玉