アーカイブ

さいたま子ども食堂・第94回・ブレット先生の英語で遊ぼう!&とんかつ!

ブレット先生の英語で遊ぼう!は、いつも大人気です。

約1時間の英語オンリーの遊びに、訳が分からない子ども達もいつの間にか輪になってはしゃいでいます。

こういうふれあいから英語が身近に、そして楽しく感じられるといいですね。

今回は【一足早い・ハロウィンパーティー】でした。

ブレット先生が用意してくれた仮装の衣装は、アメリカからの本格的な物。

子ども達はそれぞれの仮装を楽しんでパーティーが始まりました。

   

 

ドアをノックする→ナイスコスチュームと褒められる→お菓子をいただく→サンキュー・バイバイ!

この流れで、子ども達がお菓子を集める・・・

面白いこと!!

ブレット先生は ≪魔法使いのお爺さん≫ みたいです(笑)

 

おまけに食事や掃除が終わった後にも、ブレット先生に遊んでもらいました。

アメリカでも日本でも同じような遊びがあるんだなぁ…って、面白かったです。

 

 

ご飯は、株式会社JIN様からいただいたカツを!

ご飯は岩隈選手から頂いた新米を!

スープはロコちゃんからいただいた冬瓜とえのきのスープにしました。

子ども達が大好きな物ばかりで、おかわり続出です。

熱々を食べて貰いたいので、とんかつを揚げるのをに大忙しのキッチンでした。

そんなかいあって、滅茶苦茶おいしいかったです!!

ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。

 

 

今回は、西区のN様からお芋や油などを。

川口市の光秀寺様から栗やお芋を。

参加者のさっちゃんからもお芋を。

パンカフェ・ギー様からは美味しいパンを。

以前いただいたとんがりコーンはハウス食品様から。

みんなで食べたり、分けて使いました。ありがとうございました。

 

秋なのでお芋が多くなっています。

そこでこんなデザートをスタッフの順ちゃんと由佳ちゃんが作ってくれました。

題して「ぴよぴよさつま芋」子ども達大喜びでした。

 

久しぶりにボランティア活動に参加してくれたみさきは、進路が決まった!というので、

子ども達とお祝いもしましたよ。

 

 

じゃんけん大会も大騒ぎ・大賑わい(笑)

 

変顔写真は圧巻でした。初参加の家族が5組もいらしたけれど、なんやかんや最後はみんなお友達!

これからも笑顔と元気パワーでやっていきますね。

 

 

次回は、10月20日(金)午後3時から5時

会場を武蔵野学院様の敷地内に移動して開催します。

【松ぼっくり拾い&芋煮会】です。

おたのしみに!!!

 

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで。

 

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#ハロウィンパーティー

#とんかつ

#武蔵野学院

#芋煮会

 

さいたま子ども食堂・第93回・アッコ先生の中国語講座&餃子パーティー

現在、さいたま子ども食堂では英語(月1回)、韓国語・ポルトガル語(2カ月に1回)、

ドイツ語(不定期)の4か国語を楽しく学んでいます。

本間の希望としては、東京オリンピックまでにあと2~3か国語の言語や地域に触れたいと思っていました。

そんな矢先 「 明治安田生命 浦和支社様 」が、管轄のさいたま市と川口市内の子ども食堂を

応援していただけるという話が持ち上がりました。

物資はもちろんなのですが、海外生活の経験者とか、語学堪能な方はいませんか?と聞いてみたところ、

中国籍の方でお仕事を頑張っている方がいるとのこと。

そんなやり取りが実って、

アッコ先生による中国語講座が始まることになりました。

第一回は、中国語でご挨拶!!

你好(ニーハオ)や謝謝(シェイシェイ)はもちろん、

発音できない!と思うような挨拶まで教えていただきました。

 

驚きは、子ども達。2歳のりほちゃんはいとも簡単に「謝謝!」連発でした。

また、こはるちゃんとおう君の発音は、アッコ先生も驚きでした。

大学生ボランティアのタクミンとタケルの2人と発音対決しても、圧勝のこはるちゃん・おう君でした。

 

 

次回は、中国語で動物や生き物の名前を覚えよう!に決まりました。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

さてさて、ご飯は大人気の餃子です。

餃子の皮は、戸田市にあるサッポロ製麺様から頂きました。

早く来たお友達は、ボランティアのアサちゃんやキタにゃんと餃子つつみもしました。

ご飯も餃子も見事な食べっぷりでしょ。

 

じゃんけん大会も変顔もばっちり決まりました。

 

 

今回は、さいたま市内のロジャーズ様からチョコウエハウスをいただきました。

また、市内の深沢様から新米30㌔をいただきました。

本当にありがとうございます。大助かりです。

 

 

次回は10月13日(土)夕方5時から

ブレット先生の話英語であそぼう

一足早い 【 ハロウィンパーティー 】 です。

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房株式会社まで。

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#中国語

#餃子

#サッポロ製麺

#ロジャース

 

 

 

岩隈久志 「アス食プロジェクト」 お米をいただく!

2009年3月25日  ヤフーブログ記事に書いたことは、

【岩隈さんが好き】

苦労とか挫折とか

愛とか優しさとか

岩隈さんから学ぶことが多くて。

心から

岩隈さんが好きです。

私も、つたないのですが、岩隈さんのように

「負けない人生」を生き抜く・・・

そう、生きていこうと思います。

 

 

というものでした。

前置きがないとちんぷんかんぷんですよね(笑)

WBC勝利の感動と、ガラスのエースと言われた苦しい時代のことや、

故障を乗り越えてオリンピック選手からも外されて、

それでも負けない根性に、こんな記事を書いていました。

 

 

そんな憧れとか、思いが通じることが世の中にはあるんです!

数日前にお電話いただいたのは、岩隈さんの今のお仕事【 BE A HERD 】からだったのです。

いじめをなくすこと、勇気のある行動で、

一人一人がヒーローになってほしいという願いを込めているそうです。

また6人に1人が貧困といわれる日本の子ども達のために【 アス食プロジェクト 】も立上ています。

【 アス食 】のアスは、子どもの明日(未来)と、アスリートをかけて名付けたそうです。

地域に根差した子ども食堂の活動を応援し、協力する体制を作ってくださいました。

 

 

そして、さいたま子ども食堂に岩隈さんが主宰する団体からお米をプレゼントしてくださると。

もう嬉しくてたまりません。

 

大リーグを退団された後、これからどうされるのだろうと、

思っていたからでもあります。

大好きな方が、これから同じような道で、同じような志で生きていかれることを知って、

勇気百倍です。

 

10年近い前の記事を思い出し、

今は、さいたま子ども食堂に岩隈さんを迎えたい!!

子供たちに逢ってほしい!

そんな野望まで抱いています(大笑)

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#岩隈久志

#アス食プロジェクト

#BE A HERO

#いじめのない社会

さいたま子ども食堂・10月の予定。

今年は台風が多く、予定や行動が制限されることが多いですね。

実りの秋ですが、果物などが被害を受けている様子は残念でたまりません。

お米も含め、皆様の被害が少ないことを祈っています。

 

 

さて、さいたま子ども食堂・10月の予定もラインナップしました。

 

今週土曜日  10月6日は、初めて企画【 中国語でご挨拶! 】が始まります。

先生は高橋あきこさん。折々、中国の方もお見えになるかも!

回を重ねて、中国語が少しでも話せたら・・・東京オリンピックに間に合うといいですね。

餃子作りもみんなでしますよ!

おなか一杯食べてくださいね。

※過去最高食べたのは、小学6年生の男の子・・・82個!でした。

 

 

10月13日(土)は、一足早い

【 ブレット先生のハロウィン★パーティー 】

仮装パーティーになるのかな!?今から楽しみ。

手羽先から揚げで盛り上がりましょう!

 

 

10月20日(土)は、

初めて企画 【 芋煮会&松ぼっくり拾い 】

さいたま子ども食堂が開催されている古民家カフェ藍から、車で10分のところにある、

武蔵野学院さんの広い敷地内で、思う存分松ぼっくりを拾います。

松ぼっくりは11月12月に予定しているクリスマスツリーやお正月飾りにしましょう!

秋刀魚(安くなるかな・・・)や大鍋で作る芋煮会でご飯です。

この日は現地に3時集合です。

いつもと違う 「さいたま子ども食堂」 なので、詳しくはお電話で聞いてくださいね。

 

 

 

10月27日(土)は、

お楽しみの 【 ワンtoキッズのみなさんとワンちゃんたちと遊ぶ 】

この日は秘密のお楽しみはメニューです!!

4時からになりますのでお間違えなく。

 

 

 

充実の秋、実りの秋、みんなんでモリモリ食べて元気にいきましょう!

 

 

■食べに来たい人、お手伝いしてくださる人は、下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで。

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第92回・タクミンの筋肉マン教室&焼きそばお好み焼

タクミンの筋肉マン教室は、筋肉を鍛えるより体幹が重要だと、

バランス感覚や3Dもふくめてたくさん遊びながら教えてくれます。

子どもも大人も大人気のプログラムなんです。

 

■バランスボールに乗って対戦する相撲でおおはしゃぎ。

 

■ドリブルリレーや相手にちゃんとパスすることも空間認知になっています。

■目をつぶっての片足たちがどれくらいできるかで体力年齢をみます。

わいわいがやがやの楽しい1時間になりました。

タクミンは大学4年生。無事に就職も決まりました。おめでとう!!

大学卒業後も時間を作って来てくださるとの事。感謝です!

 

おなかをすかせていよいよご飯タイム。

今回は「秘密のお楽しみメニュー」でした。

頂きものを上手にアレンジする日なんです。

埼玉フードバンク様から頂いたロメインレタスとソース、

サッポロ製麺様から頂いた冷凍麺、

魚力様から頂いたイカゲソなどを使い、焼きそば&お好み焼きパーティーにしました。

それぞれのテーブルからは美味しそうなからはいい匂いと歓声が。

子ども達も率先して焼いたりトッピングを楽しみます。

 

この日はたくさんの果物もいただきました。

ロコさんからは岡山支援で購入したという大粒の葡萄を。

子ども達も大人やボランティアさんも3粒位口に入りました。

また、埼玉新聞社・名誉顧問をされている丸山様が遊びに来てくださり、

手土産が大きな梨でした。みんなでほおばった残りの一つは恒例のじゃんけん大会に。

子ども達から「まるちゃん」と呼ばれて、大賑わいでしたよ。

帰りしな埼玉県の美味しいお米5㌔もいただきました。

「毎週、こんなお祭りみたいにおおはしゃぎなんですか?」と聞かれました。

初めて参加されると、その元気パワーに圧倒されるみたいです。

 

さいたま子ども食堂では、毎週 ≪ 笑顔元気パワー ≫ 満載で、

モリモリご飯を食べています。

 

今回のボランティアさんは、アサちゃん・タクミン・タケシ・キタにゃん・ノブちゃん・アヤちゃん

タケシも大学4年生、無事に就職が決まったと嬉しい報告が。

子ども達にとって、抱き着いたりキックしたり、親戚のお兄ちゃんお姉ちゃん状態(笑)

 

 

じゃんけん大会ではパンカフェギー様から頂いたパンをみんなで競います。

変顔は ≪お嫁に行けなくなっちゃう≫ くらいの凄さでした(爆笑!)

 

 

さて次回は  10月6日(土)夕方5時  から

【 中国語でご挨拶 】という新企画 & 餃子パーティー

過去の餃子大食いチャンピオンは、小学6年生男子82個でした。

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は、下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで。

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#筋肉マン

#体幹

#焼きそば

#お好み焼き

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第91回・コニタン先生のブラジル探検&グリーンカレー・コーンシチュー。

今回も、子どもたちたくさん!ボランティアの皆様たくさん!

会場である古民家カフェ藍は、はち切れんばかりの熱気でした。

 

ボランティア活動を通して学びたいというお電話をいただくことも多いのですが、

今回は埼玉県伊奈町から私立国際学院の先生と学生5名が参加されました。

食物調理に関する勉強をされ、将来は調理師や栄養士として活躍したいという夢を持った学生たちです。

そこにベテランボランティア、アサちゃん・タクミン・キタにゃん・タケシが、リーダーとしてつきます。

4つのテーブルごと、リーダーを中心に、さいたま子ども食堂の特性ややり方を打合せしてもらいます。

 

さいたま子ども食堂のボランティア活動は、主に子どもたちと話をして頂くことを主眼としています。

料理はほとんど私(本間)が行います。

片づけは子どもたちが全員で持ち場を決めて行います。

だからこそ、食べている時や片付けの時に子どもたちやパパママと、一杯話してほしいのです。

 

引率していただいた先生から反省会でこのような言葉が。

「ブログで見ていた以上の、明るさ・元気で圧倒されました。

これを毎週開催されているなんて驚きです。

そして子供たちが本当に楽しく過ごしていて、小さなころからこういう環境があったら、

引きこもりとかおきないでしょうね。

高校の授業で【人とのコミュニケーションをとろう!】などと話すこともなくなりますね」と。

 

 

大きくなった子供たちの引きこもりやコミュニケーションがとれないことなど、

あまり考えていなかった言葉でした。

子ども食堂は、そんな役割も担っていたんだなと発見です。

参加してくれた学生さんからも

「お盆に田舎に行った時、親戚が集まった食事のような感じでした。」

「みんなにもみくちゃにされて、子どものパワーが凄くて面白かった!」等など。

 

 

 

現実には、家庭の中で、家族としか食事をする機会がない…当たり前のことです。

さらに、会話がない食卓、テレビが付きっぱなしの食卓、たった一人の食卓…

お手伝いしない、片づけしない、いただきますもご馳走様も言わない…

 

「おいしいね!」とか「今日はこんなことがあったんだよ!」と会話しながら食べるご飯が、

どれほど凄いことなのか。

 

【さいたま子ども食堂】の食事の時間は、みんながワイワイしゃべります。

とってもうるさいです。(大笑)

みんな自分のことをいっぱい話します。

そんな子供たちの声を、よそのお母さんやボランティアの方も聞いてくれます。

「おかわりする?」と、大鍋持って歩くスタッフの声も超大きいです。

私はそんなにぎやかな食事の時間が大好きなんです。

 

※グリーンカレーは本場の辛さ!ココナッツミルクたっぷり。

辛いものが苦手なボランティアのタクミンは涙ながら大汗かいて食べてくれました。

子ども達に「好き嫌いしちゃだめ」って言ってるから、自分も食べないと。って。感謝。

 

 

さあ、そんな賑やかな食事の前はコニタン先生のブラジル探検で遊びました。

コニタンはポルトガル赴任5年の経験がある商社マンです。

日本に帰国後、すぐにさいたま子ども食堂のボランティア活動に参加してくださいました。

年に数回、ポルトガル語やブラジルの遊びなどを子供たちに紹介していただいています。

今回は【フレスコボール】という、羽子板ゲームのような遊びで盛り上がりました。

長く打ち合うことが大事なので、相手に打ちやすい球を返すことが求められます。

家族対抗戦で行ったゲームは大笑いの連続でした。

 

初参加のみーちゃんは、まだ3歳。助っ人に私が入りましたが…

ママからのボールを打ち返すときに、ラケットを顔に当ててしまうハプニング、そして大泣き!

会場大爆笑!!    

当にごめんなさいね。

ゲーム後の食事の時に「かおさん、これあげる」と、ラムネをくれたので許してもらえたかな(笑)

 

 

笑いと涙、元気パワー満載のさいたま子ども食堂

次回は、9月22日(土)夕方5時から

タクミンの筋肉マン教室 です。

ごはんは・・・秘密のお楽しみメニュー!

 

 

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房株式会社まで

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#フレスコボール

#グリーンカレー

#コーンシチュー

 

 

 

さいたま子ども食堂・第90回・ブレット先生の英語で遊ぼう&かき揚げ翡翠麺

9月8日(土)に開催されたさいたま子ども食堂のメニューは、

当初【 パエリア&秋野菜サラダ 】でした。

9月というとそろそろ新米も出始め、毎年この頃になると、

「食べきれずにお米屋さんにキープしたお米をもらってくれる?」

と言う、ありがたいお声をかけていただけることもあります。本当に感謝なんです。

 

そこで少し残っている古いお米を早めに美味しく食べて貰おうと考えたメニューが

パエリアだったのです。

ところが突然、金曜日にいただけた食材が【かき揚げ】(冷凍食品)でした。

そこでサッポロ製麺様から頂いた翡翠面(ほうれん草を練りこんだ緑麺)とあわせてみました。

こういった突然のメニュー変更もあるのが面白いところなんですよ。

魚力さんからいただいた鮭やホッケ、切り干し大根もあって、にぎやかな食卓でした。

お食事は、いつものようにワイワイガヤガヤと!

 

 

初参加の2歳のひーちゃんは、物おじしないで美味しいピースサインを!

 

 

おかたづけはみんなでやります。

掃除機人モップ掛け、お皿ふきも力を合わせて。これも楽しい時間なんです。

4歳のコウ君が掃除機掛けたいというので、

後ろからボランティアのタクミン(大学生)が本体を持ってついて歩きます。

 

こうしたご飯の前には、大人気の【ブレット先生の英語で遊ぼう】が開催されました。

初参加の男の子達・・・初めはもじもじ・・・

そして、あっという間におおはしゃぎ(笑)

不思議なブレット先生のパワーです。

 

恒例のじゃんけん大会はいつもに増してパワフル!

古民家カフェ藍のお近く、パンカフェギー様から頂く美味しいパンをかけて白熱します。

みんなに平等に分けられないものはこうしてじゃんけんで!

ボランティアの方が勝って大笑いの場面もあるんですよ。

 

 

今回ボランティア参加はタクミン・アサちゃん・キタにゃんのお三方!

藍建築工房のスタッフ、店長・ジュンちゃん・ユカちゃんと力を合わせての開催です。

キタにゃんの面白不思議キャラも垣間見れて楽しかったです。

 

 

 

さてさて、次回は

9月15日(土)コニタン先生のブラジル探検

夕方5時からになります。

ご飯はグリーンカレーとコーンシチューの予定です。

※ご飯は変更になることもあります。その時はごめんね。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで。

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#かき揚げ

#翡翠面

 

さいたま子ども食堂・第89回・イサム先生の防災教室&アルファ化米にワンタンスープ!

9月1日(土)防災の日に開催した「さいたま子ども食堂」は、

いつもお世話になっているさいたま防災士・小澤勇さん(イサム先生)による

貴重な時間になりました。

 

初めに、埼玉フードバンク様から頂いた大箱アルファ化米(50食分)を、

子ども達に作ってもらいました。

 

何回かさいたま子ども食堂でやっていますので、数人の子どもたちは経験済み。

リーダーとしてみんなを引っ張ってもらいました。

初めて体験する子ども達は、身を乗り出しながら、あちこちから手や顔を出しながら(笑)

興味津々・アルファ化米を作り上げました。

ですがここからが大切なんです。

盛り付けが重要!!

 

今回は失敗が3点ありました。

①完成したアルファ化米を底からかきまわさなかったので、白いご飯と味が濃い茶色ご飯ができたこと。

→底からかきまぜるには力がいるので大人に頼んだ方が良いとわかりました。

②透明の盛り付けパックをきちんとはがさなかったので5~6食分盛り付けられなかったこと。

→50人分作るのであれば、ばらした時に数えることが大事です。

→本当の被災現場では、みんなに配っていき、数が足らないから突然ここからはありません!

 ・・・なんてことになったら・・・大騒動です。

③初めは遠慮して少なく盛りつけたので最後にはたくさんご飯があまったこと。

→今回はみんなでおかわりしてたくさん食べましたが、被災現場ではお腹がすいて少しでも

 たくさん食べたいと思うものです。盛り付けの多い少ないも騒動になります。

 

こんな失敗も作り方と併せて貴重な体験です。

子どもだけで大箱50食を作ることなど、通常ではありえませんからね。

 

 

そしてご飯タイム。

サッポロ正麺様から頂いたワンタンの皮で、ワンタンスープを作りました。

 

 

またこの防災教室開催前に「子ども達が作る鶏ハムクッキング教室」を開催したので、

事前に作っておいた鶏ハムと缶詰も登場。

 

鶏ハムは塩と砂糖をまぶしたらラップでまき、ビニール袋にいれて半日くらい冷蔵庫に。

 

その後で水から茹でていき沸騰したら5分。そのままお湯が冷めるまでほっておいて完成です。

コンビニで売っている鶏ハムは買わなくなっちゃうくらいの美味しさです(笑)

今回は、非常時でも作れる簡単料理という意味合いでクッキング教室開催しました。

もちろん非常時は寝かせずにすぐに茹でてOK!

お湯を沸かすついでの1品です。

 

 

今回は普段とは違う食事の様子でしたが、

遠足みたいとはしゃぐ子もいれば、本当に災害が起きたら怖いという子もいて、

貴重な経験になったと思います。

 

体育館だったら・・・

猛暑だったら・・・

極寒だったら・・・

真っ暗だったら・・・

ペットがいたら・・・

ケガしている人がいたら・・・

色んなことを考えさせられたご飯タイムになりました。

 

 

そしてこのご飯タイムの前にさいたま防災士・イサムちゃんから被災現場のスライドなどから

いざという時のアドバイスがありました。

その中で一番心に残ったのが、

①身近なところにある公衆電話の位置を確認しておくこと。

②10円、100円玉をいつも持ち歩くこと。

②家族の携帯番号などを覚えておくこと。

いつも言われているのに、できていないなぁ…と反省。

こういう勉強や体験は何回もやらなければ!そう思いました。

 

 

最後はみんなでお掃除。

恒例のじゃんけん大会。

パンカフェ・ギー様から頂く美味しいパンとお菓子などの争奪戦です。

子ども達はもちろん、大人も真剣!ボランティアの皆様も真剣!!(大笑)

 

変顔もばっちり決まりました。

 

今回のボランティアは、

アサちゃん・タクミン・キタちゃん・タケル君・マキちゃん・アユちゃん・ケイちゃんの皆さん

大助かりでした。いつも本当にありがとうございます。

そして、イサム先生、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

次回は 9月8日(土)夕方5時から

ブレット先生の話英語であそぼう!

ご飯は  パエリア&秋野菜たっぷりサラダ  です。

お楽しみに。

 

 

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#防災訓練

#アルファ化米

#鶏ハム

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第88回・大相撲さいたま場所&ドライカレー

参加してくださるご家族、ボランティアの皆様、

たくさんの智慧を貸していただける講師の皆様、

そして、藍建築工房のスタッフのみんな・・・

たくさんのお力を借りて 「さいたま子ども食堂」 満2年を迎えました。

当初から東京オリンピックまで4年間は走る続ける!と決意していましたので、あと2年。

ちょうど折り返し地点です。

オリンピックを目指す選手の方々、バックサポートの方々、ボランティアの方々、建築や宿泊や・・・

たくさんの方々が東京オリンピックの大成功を目指してや頑張られていますね。

「さいたま子ども食堂」も、何かの形で東京オリンピックに関わらせていただきたいと考えています。

 

 

さて、2周年を記念して開催したした【大相撲さいたま場所】の様子、いかがでしょうか?

白熱した、たまに大笑いのロープ一本足相撲大会です。

 

優勝したA君には玄米10㌔が商品になりました。

こちらは埼玉フードバンク様からいただきました。

 

 

 

大汗をかいた後は、古米がありましたので、美味しく食べるための工夫

≪スパイスを効かせてたくドライカレー≫にしました。

子供用にはケチャップを隠し味に甘口で、大人用には焼き肉のたれを使い辛口に仕上げました。

かぼちゃの煮物や切り干し大根に、サラダとお味噌汁、多国籍料理です(笑)

●スイカのようなお腹になったカホちゃん(1歳)

●お皿がきれいになったら配り出したスイカにかぶりつくコウ君(4歳)

●2回目の参加になるトモ君(8歳)とリノちゃん(6歳)は、ボランティアとして参加してくれました。

ちびっこさんながら気が利く働き者で、色々なところで活躍してくれました。ありがとね!

 

 

 

そして大盛り上がりのじゃんけん大会!

 

 

たくさんの頂きものは、

■スイカと桃25個を、いつもお世話になっているスーパー大春様から。←桃はお土産にしましたよ!

■お米とレタス、調味料を埼玉フードバンク様から。

■いろはす・あまおう味24本を佐藤様から。←相撲大会でのどを潤しました。美味しかったとみんなが!

■スイカをボランティアのみずきさんから。←じゃんけん大会で半分にして景品にしました。

■でっかいさつま芋を三木様から。←じゃんけん大会に出したら大歓声が!!

本当に本当に感謝しています。ありがとうございました。

※ さつま芋の大きさが分かるように、私の顔付きで(失礼)

 

変顔も決まった「さいたま子ども食堂」満2周年です。

 

 

次回は9月1日(土)夕方5時から

防災訓練をかね

「アルファ化米を作ろう!食べよう!&鶏ハムクッキング教室」

開催します。

さいたま防災士:イサム先生が来てくださいます。

当日は、手をふくタオルと保冷剤があったら持ってきてくださいね。

 

食べに来たい方、お手伝いをしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#子ども食堂

#相撲大会

#ドライカレー

#アルファ化米

国立武蔵野学院・さいたま市にある児童自立支援施設を訪問。

さいたま市緑区にある「国立武蔵野学院」を昨日、訪問させていただきました。

同じ緑区内にありながら、車で10分くらいにありながら、全く知らずにいました。

広大な敷地に田畑や果樹畑、竹林やカブトムシがたくさん生息する林、

野球場にテニスコート、プールや散策路、出張型の中学校や給食棟など、

約1時間の散策では見つくせない規模でした。

 

訪問の理由は「さいたま子ども食堂」との連携で面白い企画が生まれないか?と、

所長初め数名の方で藍建築工房をお訪ねいただいたからなのです。

先日記事にした、お米を育てる(田植えや稲刈り)ことや、お餅つき、

芋ほり、筍かり、カブトムシ取り、松ぼっくり拾いなど、

さらには、バーベキューやピザ窯をお借りしての野外パーティー等々、

私の頭の中では次々と楽しい企画が浮かんでいます。

これから企画書を作りますが、色々な環境で育つ子供たちと触れ合うことも楽しみにしつつ、

地域に根っこを下ろす「さいたま子ども食堂」の3年目の活動が、

より一層充実したものになると確信した訪問になりました。

 

 

 

「国立武蔵野学院」は厚生労働省所管で男子を受け入れる日本で唯一の施設だそうです。

女子施設は茨城県にあでるそうです。

各県にも1カ所づつこういった施設があるそうです。

武蔵野学院とのご縁は、古民家カフェ藍にお食事に来ていただいた、

第三寮長・笠松様ご夫妻様が結んでくださいました。

初めてお会いした時にも「カブトムシがたくさんいます!」こんなお話をお聞きしたような(笑)

昨日も一本の木の、手が届く位置に何匹もカブトムシが蜜を吸っているのを見て驚きました。

羊やカルガモにも会いました。

 

そして、子ども達をここに連れてきたいな!と。

 

今後の展開を心から楽しみにしています。