アーカイブ

さいたま子ども食堂・第102回・餃子を作って食べよう!

今回は【アッコ先生の中国語教室】の予定でしたが、

先生の体調が悪く延期とさせていただきました。

参加予定の2家族もお子さんの風邪で急きょ見送りに。

インフルエンザ含め、体調を崩している方が多いようです。お大事にしてくださいね。

 

 

そこで思いっきり楽しく餃子作りに専念しました。

始めこそボランティアのお姉さん、ミサキ君やアヤちゃんの言うとおりに作っていた子供たちも、

おだんご型・UFO型・えんぴつ型・・・と、かなり独創的!!

こうして、手作りしたものを頂くのが楽しいんですね。

 

 

餃子の皮はサッポロ製麺様から、

豚ひき肉はいつもボランティアに来てくださっているアサちゃんから頂きました。

ありがとうございます。

 

みんなで作った餃子の味は格別です。

今回は最高28個食べた、K君がチャンピオン。

 

 

最後のじゃんけん大会は美味しいパンの争奪戦です。

古民家カフェ藍近くの「パンカフェ・ギー」様、いつもありがとうございます。

 

変顔もばっちり!  

 

さいたま市浦和区のK様から頂いたみかんと、

フードバンク様から頂いたお菓子はお土産にしました。ありがとうございます。

 

 

 

さて次回は、さいたま子ども食堂の【お餅つき】です。

武蔵野学院様で午後1時~5時の予定です(かたずけ含む時間)

 

※途中参加もOKです。その場合は来れる時間を相談させてください。

※お弁当箱・お椀・タオル(各自)持参ください。

※水がかかるので長靴で来てください。

※スタッフも初めてのことでドキドキです(笑)

 

■お餅つきをしたい方・お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#手作り餃子

#お餅つき

 

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第101回・松ぼっくりのクリスマスツリー&もつ煮忘年会

松ぼっくり拾いを10月武蔵野学院様の広い園内でさせていただきました。

参加した子どもたちは袋にいっぱい拾って楽しみました。

スタッフの私たちもたくさん拾わせていただきました。

その後、酢水につけて虫除けしておいた松ぼっくり・・・たっぷりあります。

それをペットボトルのキャップを土台にして飾りつけします。

ペイント・ビーズ・スパンコール・モール・・・飾りつけは個性が出て面白いです。

1人3個くらい作り、お持ち帰りする箱は、さながらプチケーキのようでした。

これから迎えるクリスマスを楽しんでもらえると思います。

 

ごはんは、予定ではお好み焼きと焼きそばでした。

しかし・・・頂きものを上手に使いたく・・・ナゲットやポテトフライに焼き魚など。

これだけだと締まらないので「もつ煮こみ」をつくりました。

さながら居酒屋の感じ(笑)

みんな2杯から3杯おかわりしてくれて、一番食べた6年生女子は5杯!!

という訳で、一足早い【 さいたま子ども食堂忘年会 】となりました。

 

 

 

先日、大宮ソニックで開催された「子どもの居場所つくり」フォーラムで頂いた野菜たち。

形がまちまちで売り物にならないとのこと。

ですが子どもたちは大喜びでじゃんけん大会で競い・笑いあっていました。

魔法使いの杖だ!なんて声も上がっていました。

 

また、さいたま市内のつるやクリーニング様から頂いた、引き取り手の無い服。

みんなクリーニングされていて綺麗で、サイズに分けていただいています。

これをフリマのようにみんなで分け合いました。

「やったー!〇〇のシャツだ!!」と好きなキャラクターシャツをゲットしたお友達。

「これ今度の夏に着れるかな?」とランニングを手にしたお友達。

賑やかな時間でした。

 

 

他にもさいたま市の鈴木様からお米を。

長崎みかんと温州みかんもいただきました。美味しくいただきました!!

 

変顔はみかんを持って!!はいチーズ!!

 

頂く品々やボランティアの皆様の力を借りて、元気に開催させていただきました。

 

 

 

次回は12月8日(土)夕方5時から

アッコ先生の中国語教室&餃子パーティー

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

さいたま子ども食堂・第100回・ホウ先生の韓国語教室&石焼ビビンバ

さいたま子ども食堂では、毎回色々な企画で大人の職業や生き方、

子供たちにとって、これからの進路などが考えられるよう企画を設けています。

その中でも充実しているのが語学教室です。

教室といっても堅苦しいものではなく、遊んだり踊ったり歌ったりとユニークな時間です。

今回のホウ先生は、はじめはボランティアに参加してくださっていました。

韓国の方と知り、先生としてお願いした次第です。

あと2年で東京オリンピック。少しでもたくさんの国の方々と交流できるよう、

そんな気持ちも含めています。

今は、英語・韓国語・ポルトガル語・ドイツ語・中国語が随時開催。

来年はキューバ音楽を通してスペイン語が増える予定です。

みんな紹介や自薦や・・・アメーバのように広がっていきました。感謝!

 

ホウ先生の韓国語教室はすでに何回かおこなった、韓国語で自分の名前を書く&話す。

 

 

ギュウギュウ詰めの囲炉裏で、子ども達はたくさんの韓国語を書いて覚えます。

最後には一人づつ、韓国語で自己紹介。

吸収力が凄いな!と目を見張ります。

 

 

 

ご飯は、石焼ビビンバ(鉄板ですが:笑)

おこげも美味しく完成!卵も焼いてトッピングします。

 

今回もたくさんのご支援いただきました。

お土産にしたり、次回使わせていただくものもありますこと、ご了承ください。

●さいたま市緑区の丸様から柿やミカンとさつま芋。

●北浦和の魚力様からたくさんの魚。

●さいたま市緑区の三木様からピーマンとしし唐。

●フードバンク様からベルギー産ポテト。

●さいたま市大宮区の佐藤様からみかん。

●さいたま市大宮区の久保田様からお米。

 

じゃんけん大会ではさいたま市緑区にあるパンカフェ・ギー様からいただく美味しいパンをかけて。

みんなの笑顔が爆発します!

 

 

そして回を重ねて、100回目の変顔記念写真も凄いものになりました(大笑)

 

 

PS:ご飯を食べて疲れて眠る1歳児2人・・・

和室があるので小さな子供たちも安心なんです。

 

 

回は12月1日(土) 夕方5時から

松ぼっくりのクリスマスツリーを作ります。

ご飯は秘密のお楽しみメニューになります。

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記のフリーダイヤルでお申し込みください。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#韓国語

#石焼ビビンバ

#松ぼっくりのクリスマスツリー

こども食堂フォーラム~広げよう!こどもの居場所~

埼玉県福祉部少子政策課主催による、

こども食堂フォーラム~広げよう!こどもの居場所~

昨日、大宮ソニックシティにて開催されました。

たくさんのこども食堂や各企業団体出展の他、

ミニ講演会や寄付コーナーも設けられ、たくさんの方がお見えになり盛大に行われました。

 

さいたま子ども食堂も、スタッフ総出で参加させていただきました。

毎回の子ども達の笑顔や取り組みをたくさんの皆様に知っていただく機会として、

写真展示をメインにブースを開きました。

そしてなんと270名もの方がブースにお立ちよりいただき、

スタッフから開催の様子やエピソードを聞いていただきました。

中には、お饅頭作り名人として今後企画に加わってなどいただけそうな方や、

ボランティアに行きます!と言ってくださった方など、

たくさんの交流が生まれました。

 

埼玉県として初めてのこういった取り組みに、運営頂いた皆様に心から感謝いたします。

 今後も回を重ね、より地域に根差した活動になるよう、

まずは自分ができる事・・・さいたま子ども食堂をより丁寧に開催!・・・ 

こんな決意をして帰路につきました。

 

さいたま子ども食堂・第99回・マキー先生のお箸の持ち方教室&白菜のクリーム煮

マキー先生とお嬢さんのなつみちゃん(中3)ゆみちゃん(中1)による、

お箸の持ち方教室が開催されました。

昔と違い小さい頃から使える矯正のお箸も色々あるので、1歳児も2歳児も多かったのですが、

みんなお箸の持ち方がとっても上手でした。

マキ―先生からは一人一人お箸の持ち方の癖などみていただきました。

なつみちゃんとゆみちゃんからは「いただきます」「ごちそうさま」の意味を教えていただきました。

体に取り入れる栄養だけではなく、感謝して食べる心の栄養が大事だよ!って。

野菜・肉・魚・・・みんな真心こめて作ってくれています。

それを美味しく料理してくれるお母さんやたくさんの人たちに感謝する言葉なんだよ!って。

とっても素敵な時間になりました。

 

そして、マカロニのお皿移動ゲームもしました。

お箸が上手に使えているかはちょっと忘れて(笑)必死にお箸でゲームです。 

  

 

こういう楽しみながらのお勉強は、子ども達は夢中になります。

真剣だったり、笑いながらだったり・・・

でも面白かったのは、そんな子供たちを見守る保護者やボランティアのみなさん。

身を乗り出して子どもたちを見ています。

 

ご飯は、頂きものの白菜を使い、たくさんの野菜を入れたクリーム煮にしました。

今回はお楽しみメニューと言い、頂いた物を上手に使う日です。

他には魚力様から頂いた鯖の塩焼きやチキンナゲット・切り干し大根・グリーンサラダなどです。

お箸の持ち方に気をつけながらも、おしゃべりが盛り上がる楽しいご飯でした。

 

 

長崎みかんを1箱いただきましたので、デザートに!

 

白菜や大根葉お近くの方から。

柿と葉付きみかんは群馬県の落合三郎先生から。

どれも季節を感じるみずみずしい美味しさです。

本当にありがとうございます。

 

この後のじゃんけん大会は、いつも頂くパンカフェ・ギー様からの美味しいパンをかけて。

子どもも大人もボランティアのみんなも真剣です(笑)

 

変顔記念写真は本当におかしなお顔オンパレード!!

 

 

今回もたくさんの方のお力を借りて無事に開催できました。

ボランティア初参加のカタちゃん、クミちゃん(手作りのお土産まで!)ありがとう!!

これからもよろしくお願いいたします。

 

■次回は、11月24日(土)夕方5時から

ホウ先生の韓国語教室です。

ご飯はさいたま子ども食堂名物・石焼ビビンバ

どうぞお楽しみに!

 

■食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720

藍建築工房まで

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#お箸の持ち方

#白菜クリーム煮

#韓国語

#石焼ビビンバ

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第98回・秋の音楽祭&パエリア

移動音楽教室を川口市を中心に開催されている「あおむしの会」さんによる、

さいたま子ども食堂での【 秋の音楽会 】

聴くだけでなく、一緒に歌う、身体を動かす、考える・・・とっても楽しい1時間でした。

 

秋の虫の歌では、虫の形と鳴き声を当てるクイズや、

体を動かすゲームの中で紅葉をおとさないようにうちわであおぎながら耳は音楽に集中すること等、

子ども達がぐいぐい引き込まれていきました。

最後のお弁当箱の歌では、大きなお弁当箱や小さなお弁当箱を表情豊かに。

 

 

また【冬の音楽会】も開催していただきますので、どうぞお楽しみに。

今回はお申し込みが早く、60名の参加者が埋まってしまいました。

お断りしなければならないご家族がたくさんいらっしゃったこと、ごめんなさいね。

冬バージョンは、たくさんの友達と音楽会もお食事も楽しめる企画を考えてみますね!

 

■ 奇しくも11月9日、「はらぺこあおむし」の翻訳家・森比左志さん(101歳)が心筋梗塞で、

 お亡くなりになったとのニュースが。

 世界的に人気のこの絵本の日本語の翻訳家に、心より追悼申し上げます。

 

ご飯は、頂きもののお米(古米)をいかにおいしく食べるか?

こんなテーマに挑戦する ≪ パエリア ≫ でした。

 

パエリアと聞くと家では作らない!とか、作るの難しそう!とか、

食べたことが無い!などなど、反応はまちまち。

あまりご縁がないもののようです。

ですが、本当に簡単なんですよ。美味しいですし。

子供たちのおかわりが半端ないです(笑)

今回、具に入れた鶏肉はボランティアのアサちゃんから、

アサリとホタテのむき身は魚力様から、

ピーマンはお近くの方からいただきました。

ありがとうございます!

 

秋野菜サラダは、頂きものの様子から豚汁に変身しました(大笑)

里芋をお近くのM様から。美味しかったです。

さつま芋は川口の高山様から。来週のデザートにします!

 

 

そして、開催日 11月10日は、なんと 【 かりんとうの日 】なんだそうです。

11が、かりんとうの形。10が、糖の言葉の意味。

そこで、子ども食堂ネットワークを通じて、

全国油菓子工業協同組合様から、野菜かりんとうをたくさん頂戴しました。

子ども達も保護者の方も1つづつお土産にさせていただきました。

ありがとうございます。

ポッキーに追いついて、11月10日が定着するといいですね。

 

 

さいたま子ども食堂では、毎回【じゃんけん大会】を行います。

その意味は、頂けるものが平等に分けられないからなんです。

いつも頂く、パンカフェ・ギー様からの美味しいパンと柿を合わせて今回は争奪戦でした。

 

大人が勝ってもボランティアさんが勝っても文句なし!白熱したじゃんけんです!!

 

変顔は、写真に写ってもいいように、思いっきり自分の顔じゃなくするため。

変顔大賞は、かわいいハナちゃんでした。

 

 

 

次回は、11月17日(土)夕方5時から

マギー先生のお箸の持ち方教室&秘密のお楽しみメニューです。

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#あおむしの会

#はらぺこあおむし

#パエリア

#かりんとうの日

 

 

さいたま子ども食堂・第97回・ブレット先生の英語で遊ぼう!&グリーンカレー・コーンシチュー

11月3日は文化の日。

各地でイベントが開催されたり、連休で出かけられたりする方が多い中、

さいたま子ども食堂で一緒のご飯を食べ、遊ぶ時間をもてた参加者やボランティアの皆様に

心から感謝です。

 

いつもの参加者の半分くらい、今回は30名でした。

準備も片付けも何もかもが落ち着いてゆとりを感じてしまう(苦笑)

普段どれだけ精一杯で走りまわっているのかがよくわかる一日でした。

 

■ボランティアのキタにゃんは、

「自分の担当するテーブル以外にも目が行き届いて、

子どもの顔と名前がよくわかって今まで以上に楽しかった」と。

■ボランティアのタケルも、

「一人の男の子とずっとおしゃべりし続けて、ご飯を食べることを忘れた。大反省!」(大笑)

いつもは、たくさんの子どもたちにもみくちゃにされているタケルならではのコメントが面白かったです。

■ボランティアのアヤちゃんは、

ポーカーフェイスなのですが、心はあったかい人。

子供たちとすぐに打ち解けて笑い合う感じではないけれど、やはり一組の家族とじっくり時間を過ごして、

子供たちが帰る時には「また会おうね!」と子供たちからハイタッチされていました。

■ボランティアのミサキ君は、

進路が決まったお祝いに仮装してディズニーランドに行った話で子ども達と大盛り上がり。

いつもミサキ君の膝に座りたい子どもたちが競争する中で、

一人の女の子がずっとミサキ君に寄り添ってご満悦。

 

私たちスタッフも珍しく席についてみんなとおしゃべりしてご飯を食べました。

 

今回作ったグリーンカレーはいつもより辛めでスパイシー。

一口食べたブレット先生のお顔に注目ください! 

子供たちのコーンクリームシチューはおかわり続出。

グリーンカレーの辛さにギブの大人たちはシチューをブレンドしてたち食べていました(苦笑)

 

ブレット先生の英語で遊ぼう!は、いつもに増してハイテンション!!

 

楽しい時間でした。

 

 

じゃんけん大会も変顔もばっちり決まりました。

 

 

次回は、11月10日(土)夕方5時から

「秋の音楽会」開催です。

演奏を聴くだけではなく、みんなで一緒に何かができるかも!?

ご飯はパエリアと秋野菜サラダです。

どうぞお楽しみに!

 

 

■食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720    藍建築工房まで

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#グリーンカレー

#コーンクリームシチュー

#変顔

 

 

 

さいたま子ども食堂・11月12月の予定

あっという間に年末の感・・・気ぜわしくなりますね。

交通事故や風邪など十分に注意して、よい一年の締めくくりをしたいですね。

 

さて、さいたま子ども食堂も年末に向けた予定が決まりました。

たくさんのボランティアの皆様の力をお借りして、

楽しく有意義な時間とご飯を楽しもうと思っています。

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は、下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  

藍建築工房まで

 

 

 

EPSON MFP image

さいたま子ども食堂・第96回・ワンtoキッズ&焼きそば・お好み焼きパーティー

ワンtoキッズの皆様による 【 犬と触れ合う 】チャンスは、犬のみにかかわらず、

動物を大切にすることや、人間(自分も他人も)を大切にすること、

生きていることを感じることなど、たくさんのことを学べます。

実際に、ワンtoキッズの皆様は埼玉県内の小学校で道徳授業に出向かれてもいます。

 

今回は、犬と遊ぶ!!がテーマでした。

待て!と指示して、どれくらいの距離まで言うことを聞いてくれるか?

子供たちが並んだ足の下を早くぐらせる競争、

名前を読んでジグザグ競争、

初めは犬が怖かった子どもたちも、みんなにまぎれて遊んでいました。

ここでかわいいワンちゃんを代表して、ふたばのお写真を。

 

動物アレルギーのみーちゃんは、その場にいるのもつらそうだったので、

ボランティアに急きょ変身!テーブルセッティングを手伝ってくれました。

 

 

ご飯は、みんなで作る焼きそば(イカたっぷり)とお好み焼き(豚てん)

ひっくり返しが上手にできたとか、かわいくトッピングしたとか、

テーブルキャプテンのもと、おおにぎやかなご飯です。

 

 

この日は特別なデザートが!

いつも支援していただいている佐藤様から青森りんごを20個頂戴しました。

子供たちが30人近くいたので、1人に1個とはいかず、切ってデザートにしました。

みんなが美味しい!の連発でした。

一人の子が「うちで食べるのと全然違う!!」と。

佐藤様、いつも本当にお気遣いいただき感謝しています。

 

また、埼玉県遊技業組合様からケロッグのオールブラウンをいただきました。

こちらは変顔大賞の賞品にしました。

 

 

じゃんけん大会も大盛り上がり。

パンカフェ・ギー様から頂く美味しいパンとリンゴのセットにしましたので、

みんなの目がキラキラです。

 

 

■ボランティアに参加していただいた、

アサちゃん・タクミン・きたにゃん・ミワちゃん・ミサキ君・タケル・アヤちゃん

いつも本当にありがとうございます。

 

 

次回は11月3日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう!

ご飯は、グリーンカレー&コーンシチュー です。

 

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#ワンtoキッズ

#焼きそば

#お好み焼き

 

さいたま子ども食堂・第95回・武蔵野学院にて松ぼっくり拾い&芋煮会

さいたま市緑区大門にある 武蔵野学院様にお邪魔させていただき、

さいたま子ども食堂を開催させていただきました。

こちらは厚生労働省管轄の児童自立支援施設で、男子施設。

女子施設はきぬ川学園といい、栃木県にあるそうです。

 

きっかけは、古民家カフェ藍に来てくださった、第4寮長・笠松様ご夫妻。

地域に根差した、解放された施設を目指したいというお話を伺い興味がわきました。

そして院長の青木様やたくさんの方にお会いする機会を作っていただきました。

 

何ができるかはまだわかりません。

1回1回が手探りですが、回を重ねる中で見えてくるものもあると感じ、

初めてみることにいたしました。

そして、はじめの一歩としてみんなでお邪魔し、そこでご飯を食べることを楽しんで見ようと。

伺った10月20日(土)は、見事な秋晴れでした。

武蔵野学院の子供たちが稲刈りし天日干ししていた稲の光景が見事でした。

 

 

 

秋のさわやかな空気を吸い込みながら、園内を散策し「松ぼっくり拾い」をさせていただきました。

 

収穫は・・・

それぞれ大きな袋に持ちきれないくらい、たくさん拾っていました。

これは「さいたま子ども食堂」の分です。

11月に、この松ぼっくりを使って、クリスマス飾りをみんなで作ろうと思っています。

 

この前には火おこしもして、大きな釜3つがスタンバイ!

芋煮用1つとブリのカマを焼く2つです。

さつまいもに濡らした新聞紙とホイルを巻いて、焼き芋の準備もOK!

 

子供たちが松ぼっくり拾いに夢中になる中、ボランティアのあさちゃんやきたにゃんは、

ブリカマを美味しく仕上げてくれました。

秋真っ盛り、秋刀魚も考えたのですが、魚力様から頂いたお魚を使いたくて「ブリカマ」

脂も載っていて美味しかったです。

 

松ぼっくり拾いは、武蔵野学院様が想像した以上に子ども達の歓声が沸き上がりました。

「いつも見慣れているものでも、こんなふうに喜んでもらえるんですね!」と。

逆に、学院の方たちからは喜びの感想をお聞きしました。

 

そして、笠松様も子供たちややぎ、カモさんを連れて遊びに来てくれました。

 

 

 

いよいよご飯です。

芋煮はボランティアのまりちゃんが味付けしてくれた、やさしい味噌味。

おかわり続出です!

たいていの子どもたちが3杯は食べていました。大人はもっとかな!?(笑)

鮭ご飯や栗ご飯、ブリカマと焼き芋、もうお腹いっぱいです!

 

じゃんけん大会は、武蔵野学院の先生方にお力貸していただきました。

 

 

 

こうして、火おこしや場所作りから始まった「出張:さいたま子ども食堂」

ドラマは最後にやってきました。

突然のどしゃぶりの雨、雷・・・

スタッフから、おへそ隠さないと取られちゃうぞ!と聞いたゆう君(2歳)は、

必死にママにしがみつきました。

参加していただいた、たくさんの家族・子どもたちが無事に帰れたかどうか・・・

ボランティアやスタッフが雨に打たれなかったかどうか・・・

最後の最後まで気が抜けませんでしたが、「やってよかった!」

そう思える感謝の一日になりました。

 

 

武蔵野学院を開放してくださった、青木院長先生、たくさんの先生がた、

笠松様をはじめ、芋煮をする子どもたちに顔を見せてくれた子ども達、ヤギやカモたち。

皆様に感謝です。

また春には竹の子掘りで遊びに行かせてくださいね。

 

 

 

さて、次回は10月27日(土)夕方4時から

ワンtoキッズの皆様による、ワンちゃんたちと触れ合う日です。

ご飯は【お楽しみメニュー】なので秘密です(笑)

 

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで。

 

 

 

#芋煮会

#さいたま市

#子ども食堂

#武蔵野学院

#焼き芋