アーカイブ

さいたま子ども食堂・第182回・KAOさん特製手羽先から揚げとお惣菜。

まずは、がぶりつき写真から。

変顔してガブリ!

 満面の笑みでガブリ!

 お上品にがぶり!

この日に骨折した指にビニールしてガブリ!

 本当においしそう!

 

おまけにパパ!!ビールにあうぅ~!と(笑)

素敵な写真、みなさんありがとう。

 

 

 

食べてくださった方からはこんなメッセージが届いています。

「KAOさんのご飯史上最強!」

「ちょーうめー!!」

「うまい!うん。うまっ。んま!うめぇ!んまい!」

「もっと食べたい!」

「・・・」5分間無言でかじりつくのみ。

※手羽先は1人3本ですが、総個数315本も揚げました。

ジュンちゃん・ユカちゃん・マヅルちやん・・・バックキッチンありがとう!

 

そして家庭で、この手羽先をもとにいっぱいおしゃべりして、

楽しい食事ができましたとのこと。

この感想こそが、次へのエネルギーです。

みんなに美味しいものを、おしゃべりが続々生まれるご飯を、

これからも作りますからね!お楽しみに。

 

 

昨日も感謝しきれないほどたくさんの品々が届きました。

■ご近所の方からたくさんのお菓子

■ベルン様からスムージーとミルフィーユ

■ご近所の野菜ソムリエさんから野菜類

■パルシステム様からリンゴ

■さいたまフードバンク様からサニーレタス

■業務スーパー様から冷麺や卵スープ

 

参加いただいたご家族にしっかりプレゼントさせていただきました。

 

 

また、嬉しさ倍増の出来事が。

①明治安田生命 浦和西営業所様からボランティア参加3人ヒロコさん・ユキさん・アカネさんが。

今後、お仕事をしながら個人様宅や企業様からフードドライブをしていただくことになりました。

その品々は、さいたま市内の子ども食堂に頂けることに!

②戸田ボートから、選手の前田さきさんと女性ボートレーサーを応援している

株式会社ブルーキャンパスから、コウタロウさん・カナさんのお2人。

女性レーサーがデザインしたTシャツの売り上げを埼玉県子ども食堂ネットワークに頂けることに。

 

たくさんの皆様に関心を持っていただき、

現場に足を運んでいただき、次の行動に移すことができたら・・・こんな嬉しいことはありません。

 

 

 

さて、次回は KAOさん弁当&スープ です。

どんなお弁当にしようかなぁ。。。お楽しみに!

お鍋持ってきてね!

 

あと5家族お申し込み受付できます。

お電話で申し込んでくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ (藍建築工房内)

 

さいたま子ども食堂・第181回・イサム先生の防災教室&豚汁パントリー

9月12日(土)

さいたま子ども食堂で、久しぶりの【変顔記念写真】

スタッフ一同、懐かしい!かわいい!これが子ども食堂だと大喜びの一幕も(笑)

 

 

 

今回は、イサム先生の防災教室。

2家族参加でそれぞれがお赤飯とチキンライスのアルファ化米を作りました。

大きな災害時には、備蓄されているこうした食べ物で命をつなぎます。

たいていは、消防士さんや自衛隊の方、防災士さんなど、熟練した方々が作ると思います。

けれど、お手伝いができたり、何かの時にこうした体験が役に立ってくれればと思います。

参加したのはリュウキ君ファミリーとユアンちゃんファミリー。

イサム先生のお話しを聞きながら、家族で見事に作り上げていきました。

 

ちなみに、一般的なアルファ化米は、白米・わかめごはん・炊き込みご飯などです。

この変わったお赤飯(被災時にお赤飯は無いものね・・・)と、

チキンライス(アレルギーで食べられない人がいるそう)は、かなりのレアもの。

 

こうして完成したアルファ化米は、一度は食べておいた方がいいとイサム先生。

いざという時に、親にも会えず体育館で食べるとしたら、のどを通らないんだそうです。

アルファ化米はおなかの中で膨れます。

お水もいっぱい飲まないと、後で苦しくなるそうです。

こんな小さなことも、知るのと知らないのでは大違いです。

 

初めてつくったレイコさん(ママ)が、パックの盛り方が少なくて、

最後にお赤飯が残ってしまいました。

初めてでは当たり前のことです。

でも先生からは「子どもが盛り付けしたら許されるけど、大人がこれしたらおおもめになるからね!」と。

おなかをすかした被災現場では、こんな些細なことでも苛立つそうです。

たくさんの学びがあった【防災教室】

近いうちにまた開催しますね。

 

 

 

そして、これらのアルファ化米のほかに、

■お米5㌔(岩隈選手と生活クラブ様の支援から)

※プロ野球選手岩隈久志さんは「アス食プロジェクト」を行っています。

■保存水4ℓ

■缶入りパン

■子供用マスク(50枚・業務スーパー様から)

■鮭フレーク(4瓶・業務スーパー様から)

■ベルンのスムージー

■お菓子や缶詰

■きゅうり(地元の野菜ソムリエ様から)

 

おまけにKAOさん特製豚汁(お鍋持参で!)お渡ししました。

豚汁お鍋とお米に、段ボールいっぱいのお土産付きです。

 

 

 

雨が降りそうな危ういお天気でしたが、最後までもってくれてスタッフ一同ホッと!

 

次回は、9月19日(土)夕方3時から

KAOさん特製・手羽先から揚げとお惣菜 です。

この手羽先には面白いお話しがあります。

いつものさいたま子ども食堂は賑やかでうるさいくらいみんながおしゃべりしあいます。

ですが、手羽先の日だけ5分位、みんなが無口になります。

それくらい、集中してかぶりつく絶品!←自分で言っちやいます(大笑)

そのほかに数種類のお惣菜を作っておきますので、参加の方はタッパー持参で来てくださいね。

ご家庭では、ご飯とお味噌汁のご用意を!

 

お申し込みは下記電話でお願いいたします。

0120-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#さいたま市

#さいたま市子ども食堂ネットワーク

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#笑顔応援企画

#防災教室

#アルファ化米

さいたま子ども食堂・第180回・若大将の鯖弁当&ケンタのパエリア弁当。

さいたま子ども食堂は、埼玉県子ども食堂ネットワークに加入しています。

県ネットワークの活動の中で嬉しいことに

「ケンタッキー・フライド・チキン」のお肉をいただくことができるようになりました。

このチキンは、そのまま食べるのではなくて、食材として使う約束があります。

今回は、ケンタのチキンで【パエリア弁当】を作りました。(90食)

豆腐ハンバーグ・にんじんしりしり・切り干し大根も入ったボリューム満点弁当です。

 

 

おまけに、夏に仕込んだ梅干しも美味しくできたので、

梅ご飯鮭弁当も作りました(10食)

 

更に今回は、浦和西口パルコそばにある居酒屋若大将様の鯖弁当(20食)も頂きました。

 

充実したラインナップに加え、

開催日突然お越しいただいた方が「子ども食堂で使って!」と

お米やたくさんの品をお届けくださいました。

これらもみんな、来ていただいたご家族にプレゼント。

  

  

 

いつもに増して、にぎやかで笑顔満載のさいたま子ども食堂となりました。

 

ボランティアさんからは、「お弁当作る日は、もう少し人数がいると助かるね!」と。

今回は、マヅルちゃんとナツミ君が大奮闘してくれました。

どうぞ、少しの時間でもお手伝いいただける方がいらっしゃいましたら、

ボランティアとして一緒に楽しんでくださいませんか?

 

 

次回は、9月12日(土)

さいたま防災士・イサム先生とアルファ化米を作る体験をします。

こちらには2組のご家族に参加していただきます。(作ること)

 

お弁当は通常とおり3時からお配りします。

参加してくださる皆様には、いざという時に食べるアルファ化米を家庭で味わってみてください。

貴重なお赤飯とチキンライスのアルファ化米になります。

他に、お米5キロ・子供用マスク・防災用クラッカー・非常用水をお配りします。

家庭にある防災袋のチェックにも役立ててくださいね。

豚汁も作りますので、お鍋持参ですよ!

 

参加希望の方は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

さいたま子ども食堂・第179回・パンカフェギー様のパン詰め合わせ&ビーフシチュー

コロナ禍で厳しい状況の中、温かさや感謝を感じることも多く、

どんな時でも【負けてはならない!】と、思います。

 

さいたま市内に子ども食堂は30カ所近くあります。

とても大世帯で個性的です。

そんな方たちが集まって昨年令和1年11月1日に

「さいたま市子ども食堂ネットワーク」が作られました。

今回、むすびえ様を通して助成金をいただくことができました。

この助成の原資は、香取慎吾さん・草薙剛さん・稲垣吾郎さんたちが

日本財団に立ち上げた「 LOVE POCKET FUND 」です。

 

いっしょにやる!と手を上げてくださったさいたま市内19カ所の子ども食堂さんたちと、

7月8月9月の子ども食堂の活動に生かすことができました。

活用方法には、地域の疲弊している飲食店様も巻き込むということも

盛り込まれていました。

こうして、外注のお弁当を子どもたちに配ることができたのです。

あるところは、キッチンカー登場!

あるところは地域の福祉施設が作るハンバーガーで!

さいたま子ども食堂では、お世話になっているパンカフェギー様から、

50食のパン詰め合わせ弁当を作っていただきました。

 

 

この助成金申請にあたり、面白い1項目を入れました。

それは、お弁当にスープをつけよう!お鍋持参で取りに来てもらおう!というもの。

さいたま子ども食堂ではおなじみです。

このアイデアをみんなでシェアしました。

 

というわけで、8月29日(土)には、

パンカフェギー様の美味しいパンと、KAOさん特製ビーフシチューをお配りできました。

 

 

ありがたいことに、ご近所の方が家にあるものだけど・・・と、

お菓子や調味料など、たくさん持ってきてくださいました。

聞くと「母が施設に入るので片付けていたら、同じようなお菓子やドレッシングが

いっぱいあって(笑)賞味期限はしっかりあるので、使っていただけますか?」と。

嬉しいことです。

これらの品は大きなボックスに入れて、好きなもの2つお持ち帰りにしました。

また、浦和レッズ様からルバンナビスコのビスケットを。

   

業務スーパー様からは、鮭フレークを頂き、お配りできました。

 

たくさんの方に応援していただいて、さいたま子ども食堂は運営できています。

心から感謝しています。

 

 

最後にビーフシチュー秘話(笑)

ゆうちゃんからのラインです。

「いつもカレーかホワイトシチューばかりで、

ビーフシチューは作ったことがなかったのです。

2人の子にとって、初めての体験!

まず匂いから美味しそう!と、パクパク食べていました。

帰宅した主人も2杯たいらげて(大笑)

本当に楽しい食卓でした」と。

 

KAOさんのビーフシチューは、

市販のルー2種類・赤ワイン・オイスターソース・中濃ソースで味付けます。

また作りますね!!

 

 

 

次回は9月5日(土)

KAOさん弁当と若大将弁当のコラボです。

どうぞお楽しみに!

 

 

さいたま子ども食堂・9月の予定

暑い暑い夏もようやく終わりに近づいています。

車を走らせていて、ふと秋の虫がリンリン鳴いているのを聞いて、

セミの季節が終わっていることを知りました。

 

そうして、いよいよ食欲の秋!(笑)

さいたま子ども食堂・9月のスケジュールを作りながら、

美味しいものを作るぞ!と、気持ちは高まっています。

 

是非たくさんの方に足を運んでいただきますよう。

 

■9月5日(土)3時~4時半

KAOさん弁当&若大将弁当コラボ

スープがあります(お鍋持参で)

 

■9月12日(土)3時~4時半

イサム先生とアルファ化米 作ろう(こちらは1時からスタート:2組体験できます)

アルファ化米としては珍しいお赤飯とチキンライスを作ります。

 

イサム先生いわく「地震などで体育館に避難し、突然アルファ化米をいただいても、

のどを通らないもの。一度でも口にしておくといいんだよ」と。

 

9月は防災を学ぶ月・・・

子供用マスク(50枚)・お米(5キロ)・非常用水・クラッカー・缶詰などを

お配りします。

 

豚汁があります(お鍋持参で)

 

■9月19日(土)3時~4時半

KAOさんのお惣菜祭り

鶏手羽から揚げ & 筍の土佐煮・ぜんまい煮込み・・・

いっぱい作ります!

各家庭ごと、大きめのタッパーと小さめのタッパーをお持ちください。

 

鶏手羽から揚げは、子ども食堂の人気メニューでした。

ご賞味あれ!

 

■9月26日(土)3時~4時半

KAOさん弁当 & スープ (お鍋持参で)

何を作ろうかなぁ・・・

お楽しみメニューです!

 

 

 

全て参加していただいてOK。

必ず、ラインかお電話でお申し込くださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

皆様にお願い・・・

ご家庭に余っているお米、調味料、お菓子などありましたら

ご寄付お願いいたします。

子どもを育てるご家庭にお配りいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂のお弁当

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#笑顔応援企画

 

 

さいたま子ども食堂・第178回・KAOさん餃子&豚汁

コロナ禍で生まれた「新しい子ども食堂スタイル」

こんなことを実感する回になりました。

 

いっしょにご飯を食べることはできないけれど、

おしゃべりも、くっつきっこもできないけれど、

なんとかみんなの笑顔をみたい!

これが、これから求められる姿かな。。。と思います。

 

今回は、KAOさん餃子と豚汁(お鍋持参)をお配りしました。

タッパーに30個つくれる餃子のたねを入れました。

家で、家族でワイワイ作ってもらいたくて。

総個数1200個分!

野菜の微塵切はボランティアのアサちゃんとマズルちゃんも手伝ってくれました。

お味はいかがだったかなぁ・・・KAOさん餃子、リクエストがあればまた作りますね!

 

 

来ていただいた方に、何組かお声掛けして古民家カフェ藍の中で「餃子教室」開催。

3密にならないように、喚起をよくして・・・

こんなちょっとしたことでも、楽しくてうれしく感じてしまいます。

またいつか、焼売やパエリアなどの教室もやってみようと思っています。

 

他にも、

■子供用マスク(業務スーパー様から)

■夏のケーキ(ベルン様から)

■野菜(たくさんの皆様から)

■海苔やお菓子

皆様のご協力でお届けできました。ありがとうございます。

 

 

毎回、はじめと終わりにはこんな感じでスタッフミーティングを開催。

この日は特に「あしたの日本を創る会」の取材設けましたので、

ハイテンションの一同です(笑)

 

 

さ~て、美味しいお顔いただきましたよ!!

 

 

みさちゃん(ママ)のコメントご紹介します。

我が家の男子は餃子大好き。でも母は餃子を作るのがあまり好きではないのです。

というのも、50個とか80個作ると手間がかかり、餡を作るだけで力尽きて。。。

時々しか食卓にのぼらないレアメニューなんです。

子どもたちが手伝いたいといっても、逆に大変だから手を出さないで!なんて言ってしまったり。

でも今日は、餡を用意していただいたので楽しくあっと今に子どもたちと作り、

作るそばから焼いて食べてしまいました。感動でした!

 

 

KAOさんとしては、まさに【ヤッター!】のきもちです(笑)

こんな風に笑って餃子を作ってくださったご家庭が山のようにあったと思います。

たまには、肩の力を抜いて、笑いあってご飯たべてくださいね。

また、いっぱい作るからね。

 

 

さいたま子ども食堂のもう1つの活動。パン・ド・グラン様との提携。

さいたま子ども食堂が開催される毎週土曜日の夜から日曜日朝にかけて、

もう一つの面白い活動が始まりました。

コロナ禍で起きた新しいものです。

 

 

ずっと以前から、通常の子ども食堂の時に、たまにパンをお届けいただいていた

西浦和駅近くの 【パン・ド・グラン】様。

 

「コロナで、子ども食堂もできていないよね…」と心配のお電話くださいました。

「いえいえ、コロナだからこそできることを見つけて頑張ってます!」とお伝えすると、

「それじゃ、土曜日の夜閉店の6時にその日の売れ残りだけど、パン持っていくかい?」と。

オーナー曰く、

「もったいないけど捨てるしかないんだ。

このパンを喜んでもらえるなら、本当に嬉しいんだよね。」

 

 

こうして、もう3か月間、さいたま子ども食堂が終わり、後片付けも終わった後に、

車を30分飛ばして、パンを頂きに上がります。

パンは多い日も少ない日もあります。

こんな時代ですし、パンが少ない方がお仕事忙しかったんだなと、嬉しく思えるバロメーターです。

いつも笑顔で、みんなに届けてくださいねとスタッフさん。

 

サンドイッチはその日の夜に配りに行きます。

それ以外の菓子パンは、翌日日曜日の朝、お声掛けして取りに来てもらいます。

今朝(8月23日)は、たくさんのパンをいただいたので6組の家族に来ていただきました。

 

なかにはこんなかわいいパンもあって、子どもたちは大喜びです。

アンパンマンとまっくろくろすけ!

 

 

 

本当を言うと、

子ども食堂開催日・土曜日は朝5時からお弁当や豚汁の仕込みをして、

その後、本業の建築や不動産の仕事をして、

あとは大急ぎでカフェに戻り、子ども食堂の準備。

息つく暇もご飯を食べる暇もないのです。

最後の最後が、6時のパン引取とお配りなので、

よく体がもつなぁ。。。と、自分でも不思議です。

 

 

有難いことに、たくさんの方から「休んで!倒れないで」と声をかけてもらいます。

スタッフからは≪KAOさんドーピング疑惑≫が待ちあがるほど(大笑)

 

たぶん、みんなの笑顔・子供たちの笑顔が栄養剤かなと思っています。

 

このパンをお届けすることも、新しい「さいたま子ども食堂スタイル」

になってきました。

 

埼玉県中の子ども食堂さんが、地元のパン屋さんとこうしたつながりが持てたら、

きっと新しいスタイルが生まれるんじゃないか?と思います。

もしこの記事を見ていただけたパン屋さんがいらっしゃいましたら、

どうぞお声かけてください!

たくさんの子ども食堂さんにおつなぎいたします。

 

 

 

#パン・ド・グラン(西浦和)

#パン屋さんとつながりたい

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#笑顔応援企画

 

 

 

さいたま子ども食堂・第177回・牛丼弁当&鮭弁当。

梅雨が明けたら暑い日・・・当たり前ですが、体にこたえますね(笑)

さて今回は素敵なご報告が3つあります。

 

 

その1つは、

地元浦和駅東口の居酒屋【若大将】様から、お弁当20個の支援!

コロナ禍で営業もままならない中、常連客のトキタさんやみんなで一案。

給付金が出たらカンパして、大将に使ってもらおうと。

ただお金を渡すのではなく、お弁当を作ってもらい、どこかで食べてもらう・・・

どこで食べてもらう?・・・子ども食堂に!!

こんな流れでとうとう実現したのです。

他のお客様もおつりをカンパしてくださったり、たくさんの応援の声が聞こえてきそう。

トキタさん曰く「行きつけのお店がなくなると淋しいし、大将に頑張ってほしくて!」

しばらくは、毎月第一土曜日【若大将】のお弁当をいただきます。感謝。

   

 

 

 

もう1つは、いつもお弁当や食材を取りに来てくれていたゆうこさん(ママ)が、

子どもと何かお手伝いっしたい!といって下さってとボランティア参加。

お子・ゆう君(小1)も、しっかりエプロンと三角巾して働いてくれました。

牛丼のご飯の盛り付けをやってくれたんだよ。

ゆう君は、入学式だけ行って、あとはずっと休校。

体や心、生活のリズムが崩れるとたくさんの方が言いますね。

こういう時代に生きなければならないこと、

あとできっと意味があったんだなぁ・・・と思える。

そのために「子ども食堂」ができることがあればいいなと考えています。

 

ねえみんな、

夏休みの思い出に、子ども食堂でボランティア参加してみませんか?

おじさんやおばさんと話しながら、体を動かす一日も楽しいですよ!

 

 

最後は、

さいたま市内の中学校保健室の先生からお電話いただきました。

中2の女の子にさいたま子ども食堂のお弁当いただけませんか?と

お母さんは夜お仕事で昼間は疲れてしまい、2人の妹たちの面倒を見る彼女。

できたら、週に1回でも「ほっとするご飯」を食べさせてあげたい。と言う先生。

これから時間が許す限り、彼女に取りに来てもらおうと思います。

ですが、KAOさんは欲張りなので、どこかでお母さんにもお会いしたいです。

どこの誰が・どんな気持ちで作るお弁当なのか、知ってもらうことが大事だと思うから。

 

 

こんな風に、さいたま子ども食堂では毎回素敵な話がいっぱい生まれています。

お弁当を取りに来るだけでの場所ではないんですよ(笑)

 

肝心のお弁当ですが 【スタミナ牛丼&小籠包スープ】に。

茶色オンリーの牛丼にならないように工夫しましたよ。

筍の土佐煮・ほうれん草の胡麻和え・スクランブルエッグに紅ショウガ。

 

  

このお弁当に、

「めっちゃうまい!」とペロリでした。とか、

「おかわりしたい!」と、私の分まで食べてしまう勢いでした。とか、

「いつも口に運ばないと食べないのに、一人でがつがつ食べました」とか、

「ママのご飯も美味しいけど、KAOさんのごはんは我が家の味とは違ってまた美味しいんだよね~」

なんて大人発言まで(嬉)

 

たまには、こういう変わったご飯で、家族の会話を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

今回もたくさんの頂き物が。

■地域の野菜ソムリエさん達が、

なす・きゅうり・カボチャ・すいか・万願寺唐辛子などをお持ちくださって。

■むすびえ様からは「いわしせんべい」

■サッポロ製麺様から「冷凍麺」

■青界様から「タピオカ」

■ポッカサッポロフード様から「ジュース各種」

■マクドナルドハウス様から「おもちゃ」

■ほかにもウェットティッシュ・幼児用手洗い石鹸・ラズベリームースなどなど。

ありがとうございます。

 

 

 

次回は

8月22日(土) PM3時から

【KAOさん餃子&豚汁】です。

餃子の具と皮を用意しておきます。

おうちでみんなで餃子を仕上げてください。

ご飯はないからおうちで炊いてくださいね。

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#牛丼弁当

#浦和 若大将

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#笑顔応援企画

 

 

 

さいたま子ども食堂・第176回・パンカフェギー様のパン弁当&コーンシチュー

「さいたま市子ども食堂ネットワーク」では、

7月8月に飲食店様にご協力いただいて50食のお弁当を作っていただき、

買取り、子どもたちにお渡しする事業をしています。

これは香取慎吾さん・草彅剛さん・稲垣吾郎さんたちが日本財団に立ち上げた

【 LOVE POCKET  FUND 】よりご支援いただいた事業です。

さいたま市内の子ども食堂18カ所が参加しておこなっています。

 

 

さいたま子ども食堂では、いつもお世話になっている

「パンカフェギー様のパン弁当」を7月25日に50食用意していただきました。

夜ごはん想定でしたので、コーンシチューもご用意。

お鍋持参で来ていただきました。

 

 

また、たくさんの野菜ソムリエさんから、

なす・人参・玉ねぎ・きゅうり・トウモロコシも頂きました。

みんなにお分けいたしました。

 

トウモロコシはなんと120本も頂いたのです。

実はこの長雨で傷みが進んでしまい、ダメなところもあるのですが・・・と。

それでも、一部を切り落とせば食べられます。

各家庭に4本づつお配りしました。

みんなの美味しいお顔、ありがとうございます!

 

 

ここで懐かしい記憶が(笑)

さいたま子ども食堂のメンバー:タイチ君。

彼は子どもの頃「トモコロシ」と言っていて、

なかなか直りませんでした。

そんな言い回しがかわいくて、何度も「これ何?」と聞くバカな母でした。

トウモロコシをみて、それぞれのお家でどんな会話が生まれているのか?

想像して楽しくなりました。

 

さあ、いよいよ8月。

短くなった夏休みですが、宿題もりもり!ご飯もりもり!で、

いきましょうね。

 

 

追伸:昨日ボランティアに参加していただいた皆様に、シチューをお土産にしていただきました。

子どもたちに配ったシチューの残りに、大急ぎでジャガイモや玉ねぎを茹でて足したもの。

ボランティアさんがかたずけをしてくださっている間の大急ぎ、突貫料理!

でしたが、今日タクミンから「懐かしい!子ども食堂の味だ~!」と。

子どもたちもボランティアさんも【子ども食堂の味】がしみ込んでいるのかな。。。嬉しい。

 

 

 

次回は 8月8日(土) 午後3時~

≪KAOさん弁当の日≫

スタミナ生姜焼きにしようか・・・

パワフル牛丼にしようか・・・悩んでいます(笑)

さて、お楽しみに!

お鍋持参で来てくださいね。

 

お申し込みは下記電話でお願いいたします。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#パンカフェギー

#笑顔応援企画

#LOVE POCKET FUND

さいたま子ども食堂・8月の予定。

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

今年は夏休みも短く、子どもたちにとってもそれを見守る保護者にとっても

試練が続きますね。

 

心や体に目に見えないストレスが溜まっていることと思います。

そんな時は「さいたま子ども食堂」思い出してくださいね。

 

 

先日、お弁当のご注文をいただいたミサコちゃんからこんなラインを頂きました。

「コロナ禍で週末はレジャーも行かない自粛の中で、

3人の子+夫婦、5人の3食におやつをずっと作ってきました。

今回KAOさんのお弁当で手抜きをさせてもらえませんか?」

 

どうぞどうぞ!たまには息抜きして、甘えて頂戴!でした。

 

そして、お弁当を食べていただいた後に、

「くたくたの母にとって、人に作ってもらうご飯が食べられることが

こんなにも嬉しい事なのかと実感しました」と。

 

そういえばミサコちゃんは、ガンバルウーマンで、

お弁当を配るようになってもお申し込みが無かったなぁ。。。

 

もっとみんな、甘えてくださいな!

KAOさんが元気なうちは、いっぱいご飯を作りますからね。

ご飯を家族みんなで食べて、いっぱいおしゃべりしてくださいませ。

 

また、武蔵野学院様で子ども屋台村を考えていましたが、

もう少し時間を置こうと思います。

【秋祭り&秋刀魚祭り】こんな感じで秋になったら、

美味しいものをいっしょに食べましょうね!

 

 

■8月8日(土)3時~4時半

KAOさん弁当の日・スープ付き

 

■8月22日(土)3時~4時半

KAOさん餃子の日・豚汁付き

※餃子の具と皮をご用意しておきます。

家でみんなで作ってたっぷり食べてくださいね。

 

■8月29日(土)3時~4時半

パンカフェギー様のパン弁当&コーンシチュー

 

※全部お鍋持参です!

※予定以外に何かがあるかも!それもお楽しみに。

 

 

さて、8月の予定完成いたしました。

今月はお盆もあり、3回の開催になります。

出来るだけたくさんの方にお弁当をたべていただきたいので、

3回のうち2回までお申し込みできます。

また、8月29日のパンカフェギー様の、パン詰め合わせとコーンシチューの日は、

7月25日の同じ企画にお申し込みの方はご遠慮くださいね。

 

 

■お申し込みは下記電話でお願いいたします。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

■ラインでもお申し込み受け付けています!

 

■食材・調味料・お米・資金・ボランティアさん、

皆さんの応援お願いいたします!

 

 

 

#さいたま市

#さいたま子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#コロナに負けない子供たち

#笑顔応援企画