アーカイブ

さいたま子ども食堂・第151回・ブレット先生の英語であそぼう&中華丼・焼売

ブレット先生の英語で遊ぼうは、毎回大人気です。

幼稚園で英語を教えていらっしゃるブレット先生は、

毎回趣向を凝らして、子どもたちと賑やかに英語の時間を作られます。

こういう環境が小さいときからそばにあると、本当に楽しいですね!

 

 

 

初めて参加のお友達には、お姉さんボランティアさんが一緒に遊んでくれました。

 

 

ご飯は、いただきものの白菜・ニンジンなどがありましたので「中華丼」にしました。

 

 

 

 

 

付け合わせに「焼売」も!

ボランティアのなつみ君とあおい君(2人とも19歳・学生)は、

焼売を作ったことが無いというので特訓でした(笑)

さいたま子ども食堂で、子どもたちに焼売を作ってもらう時は、

トントン・トントン・ヒノノ二トンが、合言葉です。

これで上手に作ることができます。

手作りの焼売は美味しくて、おかわりも続出です。

 

 

 

じゃんけん大会は、いつもお近くのパンカフェギー様からいただく

美味しいパンの争奪戦。

 

パパが勝ったり、ボランティアさんが勝ったりして大笑いでした。

子どもだけに優しいわけでは無いところも面白いじゃんけん大会です。

 

 

変顔もかなり趣向が!

 

 

 

今回、たくさんの方がお米をお持ちになっていただいて、感謝です!

ありがたく使わせていただきます。

 

 

 

 

次回は、 1月25日(土) 夕方5時 から

タクミンのキン肉マン教室

 

タクミンとタケルのタグマッチで体幹トレーニングをしてくれます。

動ける服装で来てくださいね。

ご飯は、KAOさんの気まぐれお楽しみメニューです。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789―7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#中華丼

#手作りシュウマイ

 

 

さいたま子ども食堂・第150回・太一先生の味噌作り教室&石焼ビビンバ

太一先生の味噌作り教室はこれが2回目です。

前回は夏場でしたので、今回が本当の≪寒仕込み味噌≫

仕上がりが3か月後から半年後ということで、

東京オリンピックを見ながら、自家製味噌にキュウリをポリポリ・・

なんて、たまりません!

 

前回参加した子供たちもいましたが、大多数が初参加ということで、

子どもそうですが保護者もみんな楽しみにしてくださっていました。

味噌作りは実は簡単なんです。

材料が、大豆・麹・塩の3つだけですから。

作り方もシンプル・・・面倒な1つを除いては(笑)

面倒なのは、1晩、大豆を見ずにつけておき・・・5倍くらいに膨れますからね。

びっくりです。

その後、3時間から5時間かけてじっくり煮ていきます。

この煮る作業が結構大変なんです。

噴きこぼれるし、焦げ付かないようにたまにかき回しながら煮ていきます。

今回は6㌔の大豆を煮たので、あちこちからお鍋を総動員しての作業でした。

会場となる古民家カフェ藍では、早朝6時から大豆煮が始まりました。

途中、お客様から「噴きこぼれてますよ!」と、囲炉裏で炊いていた大豆に声かけていただいたり。

これも良い思い出と経験です。

 

子どもたちは、煮た大豆をつぶす作業から始まりです。

昔はすりこ木棒などでつぶしたんでしょうね。

今はマッシャーが大活躍。

また、ジプロックに入れて足でつぶすようにもしました。

 

  

そのあとは、麹と塩をよく混ぜて、つぶした大豆に入れます。

種水(大豆の煮汁)を少しづづ足してこねていきます。

最後は、味噌玉(おむすびくらい)を作って、タッパーに投げ入れます。

これは空気を抜くためですが、子どもたちはもう大はしゃぎでした(笑)

 

冷暗所に保存して1か月目には天地帰しと重しを取ります。

3カ月から6か月でお味噌は完成です。

 

太一先生、今回も楽しい企画ありがとうございます。

 

 

ご飯は、石焼ビビンバに変更させてもらいました。

ボランティアさんが趣向をこらしたデザインはこんな感じです。

 

食事が始まると、熱気でガラスがくもります。

 

 

 

みんなでカシャカシャして、トッピングは目玉焼き!

3杯おかわりした!とか、

もう食べられないよ~と、ぱんぱんに膨れたおなかを見せてくれる子、

ニンジン食べない子なのに、今日はパクパク食べてました!とか、

パパもママも、本当においしくて!と、大満足の様子。

こういう食事の機会が「さいたま子ども食堂」のだいご味です。

 

 

 

変顔はこんな様子。

 

じゃんけんも必死です。

パンカフェギー様から頂く美味しいパン争奪戦です。

 

 

 

 

今週は、北浦和の魚力様から魚を、

お米は地元の方から。本当に助かります。ありがとうございました。

 

 

次回は 1月18日(土) 夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう

ご飯は八宝菜とシュウマイの予定です。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話で申し込んでください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#味噌作り

#石焼ビビンバ

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第149回・KAOさんの陶芸教室&ザリガニパエリア

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新春からお天気が良く、穏やかな日々が続いています。

世界のニュースでは恐ろしく、大きな何かが起きそうな気配もありますが、

どうか平和で、みんなが幸せを感じて生きることができる一年になってほしいと

心から願っています。

子ども食堂に来てくださる子どもたちの成長も心から楽しみにしています。

 

さあ、一年の初めは気合を入れて(笑)KAOさんの陶芸教室!

今回は、楽焼にトライしました。

よく修学旅行などで、経験があるかと思います。

好きな絵や字を書いて、透明釉薬をかけて焼き上げます。

子どもたちにも2020年・オリンピックイヤーを記念して、

記憶に残る何かを描こうと伝えました。

あとは自由に!

そうして、こんな作品が誕生しました。

 

保護者の方やボランティアの皆さんには、漆絵を体験してもらいました。

ねずみ・・・のようですが(笑)・・・みんなに突っ込まれていました。

 

ご飯は、イケアさんから頂いた≪ザリガニ≫を使ったパエリアにしました。

今回初めてザリガニを食べる子は恐る恐る・・・

以前に食べたことがある子はパクパク。

賑やかなご飯でした。

 

新年ということで、今年の目標などもテーブルごとに話してもらいました。

この中で意外なことも発見できました。

参加してくれた家族で、おせち料理を作らない&食べないという方が多かったこと。

今回のパエリアは、おせちに飽きたでしょうというイメージで考えたメニューだったので、

本当に時代は進んでるなぁと、思いました。

 

 

 

じゃんけんも楽しく!

変顔もいつもに増して!

 

 

今年もスタッフ一同、元気いっぱい笑顔満載で、子どもたちを迎えていきます!

みんなで、おしゃべりしながら食べるご飯はおいいですよ!!

 

 

次回は、1月11日 夕方5時 から

太一先生のお味噌作り教室 開催します。

ご飯は、トマトリゾットです。お楽しみに。

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は、下記電話で申し込んでください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

※水曜日は定休日なので電話に出られません。

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#パエリア

#トマトリゾット

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・2020年1月2月の予定。

皆様、今年もたくさんの応援ありがとうございました。

私(本間)は、リオのオリンピックに背中を押され、

「今やらないと後悔する!」と、念願だった子ども食堂を始めました。

その時には、まず東京オリンピックまで4年間頑張ろう!と、決意しました。

そのオリンピックの年がいよいよ始まろうとしています。

この間、決して1人ではできなかったことは言うまでもありません。

感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちを、もっと大きなエネルギーに変えていこうと思っています。

 

 

さて、年明けの1月2月も、素敵なプログラムとご飯でお待ちしています。

 

■1月4日(土)夕方5時から

KAOさんの陶芸教室&ザリガニパエリア

陶芸は楽焼にトライしてみましょう!い年の決意や将来の夢を描いてもいいし、

好きな絵や小さな子は手形でもOK!

 

■1月11日(土)夕方5時から

太一先生の味噌作り教室&トマトリゾット

寒仕込み味噌ですよ!出来上がりはオリンピックの頃。

キュウリにお味噌つけてぽりぽり・・・TV観戦・・・なんていかが?

 

■1月18日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう&八宝菜

ことしもブレット先生といっぱい遊ぼうね!

 

■1月25日(土)夕方5時から

新春太鼓&お楽しみメニュー

富士見野市からかじ兵衛太鼓さんが来てくださいます。

新年に思いっきり太鼓たたきませんか?

 

■2月1日(土)夕方5時から

はづちゃんの演劇の道&手作り恵方巻

はづちゃんは2回目の登場です。

演技することで人の心を考えてみたり、

自分の言いたいことを伝えるすべも身に着けたいですね。

 

■2月8日(土)お昼12時から

武蔵野学院様でお餅つきします!

上手にお餅つきできるかな!?

 

■2月15日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう&グリーンカレー・コーンシチュー

 

■2月22日(土)夕方4時から

ワンtoキッズ&お楽しみメニュー

今年もワンちゃんたちと一緒に命の大切さを学びましょう。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話にてお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

お申し込みされる方は、必ず「参加ルール」を読んでくださいね。

2020年も、いっぱいご飯を食べましょう!

 

さいたま子ども食堂ルール

早いもので、あっという間の年の瀬です。

さいたま子ども食堂も4年目に突入し、

参加してくださる子どもたち、

お手伝いしてくださるボランティアさん、

陰ながらご支援いただいている皆様、

温かく見守ってくださる地域の皆様のお力を得ていることに

心から感謝しています。

そんな中、全国の子ども食堂を運営する方々の中からは、

子ども食堂が終わっても家に帰らず公園で遊ぶ子どもたちの現状や、

地域から「うるさい」と苦情ばかりという現状も耳にします。

様々な地域で、奮闘する運営者の皆様の姿を見聞きし、

これから子ども食堂に求められる姿も少しづつ変わっていく(大きくなっていく)

と感じています。

そんな中で、さいたま子ども食堂では、

2020年の目標を

【地域から愛される子ども食堂・無事故開催】を掲げて、

下記の参加ルールを作りました。

EPSON MFP image

 

ルールと言っても難しいことではなく、当たり前のことばかりです。

ご参加いただける方は確認をお願いいたします。

 

 

2020年も美味しいご飯を作ってお待ちしています!

さいたま子ども食堂・第148回・ブレット先生の英語であそぼう&カオマンガイ

クリスマス会を兼ねた「ブレット先生の英語で遊ぼう」は、

大興奮のおお賑わいでした。

ブレット先生の英語で遊ぼうは、さいたま子ども食堂が始まったころからの企画です。

毎月1回、英語だけで過ごす(遊ぶ)1時間が、

子どもたちの宝になってほしいと思っています。

 

 

 

 

笑顔がなんともいえない子供たちです。

 

2020年開催の東京オリンピックに向けて、英語力を身につけたいです!!

 

ご飯は、さいたま子ども食堂名物「カオマンガイ」

KAOさんお手製ソースが大人気で、小さな子供たちもご飯にかけてパクパク。

 

 

 

ご飯の後は、みんなでお掃除し、お皿洗い、お皿拭きをします。

そして恒例の変顔!と、変顔の準備をするY君。

 

 

 

じゃんけんは、子どもも大人も、ボランティアさんだって真剣です。

 

 

 

 

今回は、クリスマス会を兼ね、本年最終日となりました。

たくさんのサンタさんが来てくださって本当に感謝です。

子どもたちにとって思いで多い一日になったことと思います。

 

■のりちゃんサンタ・・・シュークリームの差し入れに、子どもたち大歓声!

■あさちゃんサンタ・・・鶏肉です!!カオマンガイになりました(感謝)

■タケルサンタ・・・お母様の作られた折り紙サンタ付き

■タケルおじいちゃまサンタ・・・手作り野菜だそうです。嬉しそうに持ち帰りました。

 

■タクミンサンタ・・・かわいいラッピングのお菓子です。

 

■ことちゃんサンタ・・・茨城から来てくれました。かわいいうさぎとリスを連れて。

 

■埼玉県遊技業組合サンタさん・・・わたぼくのミルクコーヒー

 

■ほかにも、まずるちゃんや地域の方からも色々とお心づくしを。

 

 

 

今回は参加希望者の方が多くて、お断りしなければならなかった15組の皆様本当にごめんなさい。

2020年もスタッフ一同、ボランティアの皆様と力を合わせて【ワン・チーム!】

子どもたちと共に成長できるよう楽しんでいきます。

美味しいご飯をいっぱい作ってお持ちしていますね!

 

 

次回は 1月4日(土)夕方5時 から

KAOさんの陶芸教室  です。

楽焼に挑戦してみようかな・・・と。

2020年の決意でもいいし、夢や好きな絵、何かを描いておきましょう。

小さなお友達は手形でもいいですよ!

 

 

ご飯は、ザリガニパエリア です。

お楽しみに!!

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でのお申し込みしてくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#カオマンガイ

#ザリガニパエリア

さいたま子ども食堂・第147回・つよし先生の農業株式会社の話&おでん忘年会

さいたま子ども食堂では【みんなで食べることは楽しい!】

という、大きなスローガンがあります。

そしてもう一つ【生きる力・大人になる力を身に着けてもらう】ことも、

大切な思いとして持ち続けてきました。

 

今回は、加須市から農業で株式会社を起こした青年企業家・つよし君が来てくれました。

米・麦・大豆を作りながら、都内から青年たちも続々仲間にして農業を事業として起こしています。

 

こんなつよし君の話は、小学生ならまだしも、幼児たちにわかるかな・・・と、

少し心配しつつ。

でも、「白くま君が泣いている」ではないですが、きっと心に何かが刻まれると思い、

チャレンジしてみました。

 

つよし君がもってきてくれた稲に、

脱穀の事や、農家さんに休日はあるか?とか、

台風被害の保険はあるのかとか、

いつ頃から農業をしたかったのか?など、

子どもたちからは質問が飛び出していきました。

子どもたちの真剣なまなざしはすごかったです。

 

 

面白かったのは、アメリカ人のパパ(ブレット先生)は、パサパサしたお米が美味しいと言い、

ママ(日本人)はもっちりしたお米が美味しいというけど、どうしてかな?と言うレイ君の質問。

つよし君からは、アメリカは雨が少なくて、そういう土地ではパサパサしたお米になる。

小さいころから食べている物が美味しいと感じるんだよ。との答え。

納得です!

 

つよし君の言葉で感動したのは、

小学生くらいから、世界中で食べることができない人たちが多く、特に子どもが食べられないと知って、

お米を作りたいと思い、専門の大学に進んだ。というもの。

東京足立区で育ったつよし君が、農業!?

そして、休耕地を貸してくださった加須の人たち。

そこにさらに集まる青年たち。

IターンやJターンとは聞くけれど、まさにそうした人生を送る人たちに出会えることも、

子ども食堂としては珍しい体験でした。

何より、生き生きとしてお米の話をするつよし君に、一人のママが涙ぐんでいました。

彼女の実家は栃木県でお米農家をしているそうです。

やはり高齢化で、後継者もいなく、いつ辞めてもおかしくない状況。

こんな青年たちがいてくれたら、来てくれたら・・・気持ちは涙になりました。

小学生のりゅう君が「ぼくんちのじいちゃんはお米作ってるんだ」と、話していたのと符合しました。

 

浦和に住んでいては、将来、農業をする道は選択肢にはそうそうありません。

けれど、若い人たちが農業をしなければ、農業に夢を持たなければ、

日本のお米はなくなってしまうかもしれない・・・

そんなことは絵空事ではなく現実に迫っていると、よくわかりました。

現実に麦の95%は輸入品で、今年違法な農薬が検出されたにもかかわらず、

日本の農薬基準が急遽あげられて輸入はそのまま進められたとのこと。

分からないことが起きています。日本の国で。

知らないでいいのかなか。。。と、反省です。

 

 

こんな真剣なお話しの後は、楽しい野菜クイズもしました。

 

 

 

 

ご飯は、大根やニンジンをじっくり煮込んだおでん!

テーブルごとに、子ども忘年会・大賑わいです。

 

 

 

ここで一つご紹介!

いつもさいたま子ども食堂のために、美味しいパンを寄付してくださる

「パンカフェ・ギー様」5周年だそう!!

おめでとうございます。これからも共々に繁盛したいですね。

 

 

今回は、最後に、以前いただいた洋服のシェアさせていただきました。

つるや様、ありがとうございました。

冬服が多かったので、みんな好きなジャケットなどチョイスして、さながら市場感覚!

 

 

 

 

変顔も決まりました。

 

 

さて次回は、今年最後になります。

12月21日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう&カオマンガイ忘年会

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は、下記電話で申し込んでくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

さいたま子ども食堂・白クマさんが泣いている!

12月15日、今朝のテレビニュースで知りました。

スェーデンのグレタさん(16才)に続いて、8才の女の子が環境問題で抗議の声をあげたと。

 

 

さいたま子ども食堂に来てくれている、2才の女の子(双子ちゃん)の口癖が、

「白クマさんが泣いている!」と、今年の秋から変わったそうです。

ママが、洗面所やキッチンで水を流しっぱなしにすると、必ずこう言うのだそうです。

北極の氷がどんどん解けて、毎日面積が減っているという話に、

子どもの心には、地球で大変なことが起きていると思ったのでしょう。

 

9月に、さいたま子ども食堂では少し難しい課題に取り組みました。

【 球温暖化STOP・地球が悲鳴を上げている 】という内容でした。

ハナイ先生にお越しいただいて、身近な問題から地球規模の話までしていただきました。

小学生にはわかってもらえる内容・・・だと、思っていたのですが・・・

まさか、2才の心にも突き刺さるものがあったんだと!

 

こういう機会は、企画する側からすると遠ざけがちですが、

それではいけない!

これでいいんだ!と、背中を押してもらえました。

 

私も口癖にしようと思います。

「白クマさんが泣いている」と。

 

さいたま子ども食堂・第146回・はず先生の演劇教室&もつ煮で子ども忘年会

さいたま子ども食堂では、12月は全て「子ども忘年会」開催です。

12月7日は、もつ煮で忘年会でした。

早朝から仕込んでいる時間は、かなり匂いがあります。

古民家カフェ藍なのですが・・・居酒屋藍という感じ(笑)

このもつ煮込みは、KAOさんお得意料理の1つです。

去年もおととしも作りました。子どもたちがパクパク食べてくれる姿がたまりません。

 

高校3年のボランティア・なつみ君からは

「生まれて初めてもつ煮を食べました。おいしかった!」と。

1才のトモ君は、離乳食かみかみ期。

やわらかいもつ煮を美味しそうにパクパク。

パパママがびっくりです。

3才のカホちゃんは、子供用のお椀ではなく、ママの大人用のお椀でもつ煮を完食。

家で作らない方が多くて、もつ煮=居酒屋メニューという方が圧倒的。

こんなにやわらかくて、美味しいのは食べたことが無い。。。

と聞いて、ますますお料理する腕に力が入ります。

 

そして、たくさんのおかわりで、大賑わいでした。

このほかに、冷凍から揚げをいただいていたので「酢鶏(酢豚みたいな:笑」も用意。

どのお皿も、からっぽに平らげてくれて、嬉しい限りです。

 

忘年会って何?と聞く子どもたちに、

ボランティアさんたちが、一年にあったことをいっぱいしゃべるんだよと言うと、

もう会場は大賑わいです。

あっちでもこっちでも、笑い声とおしゃべりが。

 

 

実はその前に、子どもたちだけでなく、大人もみんな参加した

【はず先生の演劇教室】がありました。

ここで声を出すことや自己表現する大切さも感じていたから、

ご飯の時のテンションも上がったようです。

演劇教室は、とにかく楽しかった!

笑顔・笑顔・笑顔です。とくに大人が(笑)

重い荷物をバトンタッチする時はこんな表現です。

 

誰かに何かを伝える・・・これが演劇ですね。

というか、素直に表現することの大切さ、笑いながら学びました。

来年もまた、はずちゃん先生よろしくお願いいたします!

 

 

今回は遠く、坂戸市からボランティアに来てくださったノリ子さん。

「子どもらしい笑顔や態度に、当たり前のことなのに、素晴らしくて驚いた!」と。

 

 

 

変顔はこんな感じです。

じゃんけんも、パンカフェギー様の美味しいパンがかかっているから真剣です。

 

愉快で美味しい子ども忘年会、まだまだ続きますからね。

お楽しみに。

 

次回は、12月14日(土)夕方5時 から

野菜先生が加須から来てくださいます。

野菜のクイズで盛り上がりましょう!

そして、おでんで子ども忘年会 だよ。

 

 

■食べに来たい人・お手伝いしていただける人は、下記電話で申し込んでください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#演劇教室

#もつ煮込み

#おでん

 

 

さいたま子ども食堂・12月の予定

早いですね!今年も残り1か月です。

寒さも厳しさを増しています。

どうか、くれぐれもお風邪などひかれませんよう。

 

さて、さいたま子ども食堂の12月の予定です。

3年前から、大人にあるんだから、子どもにだって・・・

と、思いまして(笑)

12月は、毎回が【子ども忘年会】です。

今年あったこと、楽しかったこと、つらかったこと、

みんなでおしゃべりして笑い飛ばしましょう!

 

初めての方も、どしどしお申し込みくださいね。

すぐにみんなとお友達になれますよ!

美味しいご飯を作ってお待ちしています。

 

 

■12月7日(土)夕方5時~

はづき先生のドラマセラピー & もつ煮で忘年会

人や動物のまねをしたり、気持ちを込めて話してみたり、

ドラマの中の役になってみたり、怒っているママになり切ってみたり、

さあ、やってみよう!!

ご飯は、かおさん名物・もつの煮込みですよ~

 

 

■12月14日(土)夕方5時~

農家のお仕事・農家株式会社!?& おでんで忘年会

若い青年たちが立ち上げた農家・株式会社を教えてくださいます。

加須市からきてくれるよ。

野菜クイズの景品は・・・

 

 

■12月21日(土)夕方5時~

ブレット先生の英語で遊ぼう&お楽しみクリスマスパーティー

少し早いクリスマスパーティー!

今年最後です。みんなで美味しいご飯を食べましょう。