アーカイブ

さいたま子ども食堂・第65回・中里先生の歯と口の話&おでんパーティ

昨日は【秘密のメニュー】として、どんなご飯かお知らせしていませんでした。

というのも、頂きものを上手にアレンジする日にしたかったからなんです。

そして、頂いた立派な大根。さいたま市在住の裕子さまから。

お味噌汁にもしましたが、やっぱり「おでん」ですよね!!

ですが、本間には一つだけこだわりがあって、子ども食堂にカレーとおでんは作らないと決めていたのです。

この2つは働くママのお助けメニューだからです。

いつも作り置きして当たり前なものは、さいたま子ども食堂では作りたくなかったんです。

そこで、家庭では味わえない具沢山にしてみました。なんと20種類入ったて「おでん」にしましたよ!

変わったものは「豚腸」大阪のもつおでんのイメージです。

この「豚腸」はとっても人気でした!子どもから大人までお鍋の底を探すほど!!(大笑)

 

この大鍋3個が各テーブルに置かれ、食べたいおでんを器に盛るというもの。

玄米五穀米に切り干し大根やサラダもあって、かなりボリュームがあります。

最後にテーブルに届けた餅巾着もあっという間になくなりました。

 

そして、意外な言葉が数人のママからありました。

「こんなにおいしくおでんって家でつくれるものなんですね!」

「家でおでんって作ったことがないんです」

「おでんの具はウインナーやもつや野菜や・・・こんなにあるんですね!」

私の方が驚きです。家庭料理定番「おでん」を若いママたちは作らないんだ・・・って。

この日ボランティア参加してくれたよっちゃんとさぶちゃんは、大人数で食卓を囲んだとっても昔を思い出した!

そう言って、「また来たい!楽しかった!!」とも。

 

「おでん」から知る年代考や家庭事情・・・おもしろい【秘密メニュー】になりました。

 

 

お食事の前には、りょう子先生(歯科衛生士)から歯と口のお話しをしていただきました。

大切な歯のことをもっと知って、歯磨きやお口体操もしました。

 

今回初参加のボランティア、たっちゃん(さいたま市在住)と、さぶちゃん、(千葉県習志野市在住)

たくみ君のあ君、コニタン先生、あさちゃん・みわさん・みさきちゃん(さいたま市在住)

じゃんけん大会も盛り上げてくれました。ありがとう!

 

今回から、古民家カフェ藍ちかくの【パンカフェ・ギ―】様からパンをいただけることになりました。

その第一回目、子どもたちに説明すると歓声が起こり、

じゃんけん大会が盛り上がったことはいうまでもありません。

 

 

変顔も決まって、いつも元気で楽しいさいたま子ども食堂です。

 

 

■さいたま市の根本様から頂いた鳥肉・・・3月に、から揚げにして使わせていただきます。

■さいたま市のりな先生から頂いたお米・・・3月にいただきます。

本当にありがとうございます。大切にいただきます!

 

 

 

 

さて次回は、2月24日(土) 夕方4時から

大宮中央ロータリークラブの皆様による 【蕎麦打ち体験&天ぷら蕎麦】です。

お申し込み残りわずかです。お早目に下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#おでん

#あいうべ体操

 

さいたま子ども食堂・第64回・ブレット先生の英語で遊ぼう&八宝菜

冬場の厳しさや雪の多さなどで農家の方は収穫が激減して大変だというニュースばかり。

悲しいことに収穫前の白菜がごっそり盗まれたともお聞きし、

野菜が高いと悲鳴を上げる消費者側からばかりで物を見たらいけないとしみじみ思います。

 

さて今回は以前からお知らせしていた「八宝菜」

なのでスーパーで半分の白菜が398円をしばらく見て、思い切って2個買いました(苦笑)

今日も50人をこえる子どもや保護者の方々が来られたので、おなか一杯食べて頂きたくて。

人参やピーマンも入っていますが小さな子供たちも残さずに食べていました。

 

■保坂裕子様から立派な大根4本・・・お味噌汁とお漬物にしました。

■光秀寺様から果物・・・じゃんけん大会の商品にしました。

 

実はじゃんけん大会で果物や頂きもののチョコを景品にさせていただのですが、事件がおきました。

チョコの争奪戦じゃんけんで1回で負けてしまったゆう君(2歳)・・・大泣き!

2歳でも自分が負けたこと、チョコがもらえないことがちゃんとわかるんですね。

家だったら、真っ先に好きなものをもらえると思うのですが、そうはいかない現実・・・子ども食堂。

まわりのみんなが「次ぎ勝とう!」とか「次ガンバ!!」と声をかけて微笑みかけます。

泣く子がいて応援するみんながいて、そして手加減はしない、素敵な賑わいでした。

 

そしてご飯の前には、ブレット先生の英語で遊ぼうを開催。

英語オンリーの1時間です。

ブレット先生の声に、みんな跳んだりはねたり、聞き入ったり。

楽しくて仕方がない!そんな笑顔です。

今回の変顔、いかがでしょうか?

ズームするとしばらく笑えます。

レベルが上がって、変顔大賞の審査が大変なんですよ。

 

 

 

次回は2月17日(土) 夕方5時から

中里歯科衛生士さんから大切な【 口の話・歯の話 】をしていただきます。

ご飯は・・・秘密のお楽しみメニュー・・・さて、何かな?

 

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は

下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#子ども食堂

#八宝菜

 

 

さいたま子ども食堂・第63回・ワンちゃんたちと遊ぶ&恵方巻&赤鬼退治

昨日2月3日(土)は節分でしたね。

いつも思うのですが、10数年前から突如流行り出した「恵方巻」

もともとは大阪のある地域のみで行われていたものが、コンビニ商戦にのりあっという間に全国区!

今ではどのスーパーでも、コンビニでも所狭しと「恵方巻」が並んでいます。

 

といいつつも、節分の2月3日に開催するさいたま子ども食堂・第63回、

やっぱり「恵方巻」ですよね(大笑)

金曜日から戻した干しシイタケを甘く煮て、卵焼きやお刺身も用意して、

今回は少しだけ豪華です。子ども達に淋しい「恵方巻」食べさせたくないですものね。

 

ボランティアのみわちゃん、みさきちゃん、あさこちゃん(さいたま市在住)しょうこちゃん(戸田市在住)

そして古民家カフェ藍のスタッフ順ちゃん由佳ちゃんが海苔巻き特訓を本間から受け、

【海苔巻き先生】として各テーブルで子どもたちに教えるという内容にしました。

子どもたちの目が真剣です。

今回は1歳児・2歳児のお友達が5人もいて、大丈夫かな~と心配でした。

しかし2歳児でも興味をもって海苔巻き作りましたよ!

1歳児ちゃんは、パパとママが奮闘し、その間、海苔をぱくぱく!!

 

みんなで南南東に向かいお願い事を思い浮かべながら恵方巻にかぶりつきました。

さいたま子ども食堂ではあまりない、静かなご飯の時間(大笑)

いつも賑やかなおしゃべりや、あちこちで「おかわり!」の声がでたりしますたくので。

 

そして今回は、最後に赤鬼登場!

なんと悲鳴をあげて泣き出すお友達もいて、まるで【なまはげ状態】

さいたま子ども食堂には怖い鬼がいるからもう行きたくない・・・

なんてことにならないといいのですが(大笑)

そしてもう一つ、「鬼は外!」の豆まき・・・

覚悟はしたのですが古民家カフェ藍の店内いたるところに豆・つぶれた豆・豆の皮。

いつものお掃除3倍くらい、子ども達もパパやママも協力してくださいました。

 

 

 

 

今回は食事の前に、ワンtoキッズの皆さんが来てくださって、犬と遊ぼうという企画で盛り上がりました。

子ども達が並んだ足のまたの下をワンちゃんたちに通り抜けさせるの遊びや、

牛乳パックの道(迷路?)に餌をおいて誘導し、倒さないで出口に行けるかなど。

いつも来てくれるポニョちゃん・ガブリエルちゃん・フタバちゃん、ありがとうございます。

 

 

 

最後にいただいたリンゴ(越谷子ども食堂様から)をじゃんけん大会で。

変顔記念撮影もお見事でした。すごすぎて審査が難しかったです。

 

今回は初参加の方も多かったですが、この雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。

ボランティアも初参加のたく君・ひでさん・しょうこちゃんたちを、

ベテランボランティアのみわちゃん・みさきちゃん・あさこちゃんがリードしてくれました。

また今回はフードバンク様から頂いたチョコパイやクラッカーがお土産になりました。

皆様に支えられての「さいたま子ども食堂」です。ありがとうございます。

 

 

■さて次回2月10日(土)は5時から、ブレット先生の英語で遊ぼうと中華丼です。

白菜や野菜の値段がさがるといいですね。

■お申し込みは下記フリーダイヤルでお願いいたします。

0120-789-720  藍建築工房まで

 

さいたま子ども食堂・第62回・和樹君に挑戦ボッチャ大会開催!&おにぎらず

 今回はとても貴重な体験をしました。

さいたま市内に住み、働きながらリオパラリンピックに出場した高橋和樹君を迎えて、

第2会ボッチャ大会開催でした。 

この日も午後から練習をしてから駆けつけてくださった和樹君、

初めに9人の子どもたちが胸を借りてボールの投げ方や方向性などの見極め方を挑戦しました。

和樹君の道具はスキーのジャンプ台のようでした。

その方向性やボールを繰り出す高さを細かく指示を出し、それをサポートする青年がいます。

こうして首から下が動かない和樹君が練習や大会、海外遠征などに挑戦しています。

和樹君はボッチャ大会開に参加する選手の中でも一番障害が重いのだそうです。

リオパラリンピックで団体戦は銀メダルでしたが、

個人戦に出場した彼は惜しくもメダルには手が届きませんでした。

そこで猛練習を重ね東京パラリンピックを目指している現在なのです。

 

会場となるスタジオ藍ランドは、古民家カフェ藍の2階にあります。

ボランティアのコニタン先生初め、パパたちみんなで和樹君と車椅子を2階に上げてくれます。

雪で路面凍結している箇所もあり、歩くのも大変な中での車椅子移動、

ここに来ていただけるだけでも本当にありがたいです。

 

 

 

家族対抗戦でみんながボッチャを楽しみました。

パパや、近くにいたお姉ちゃんから投げる方向など教えてもらい、目標を定める子どもたちも。

赤と青のボールを白いボールに近づけるという競技で、簡単そうに見えますがなかなかうまくいきません。

健常者でもかなり難しいスポーツで奥深いです。

僅差の時はコンパスでその近さを計測します。

 

健康であることが当たり前だと思う・・・

ご飯が食べられることが当たり前だと思う・・・

親がいることが、愛されることが当たり前だと思う・・・

世界中にはもっともっと厳しくつらいことが多くて、

この「当たり前」でなくなった時、

「当たり前」でない環境しかない時にどう生きるかが本当の生きる力なのだと思い知ります。

だから死ぬまで何かに挑戦していきたい!そういう生き方をしたいです。

 

 

さて、ご飯はおにぎらずと豚汁でした。

ボランティアのマリちゃん(さいたま市在住)と初参加のシホちゃん(久喜市在住)、

スタッフの順ちゃんと由佳ちゃんで80個のおにぎらず作ってくれました。

おにぎらずは直接手が触れないので、今回のように手が洗えないような場所での飲食にもってこい!!

具材は①生姜焼き②ウインナーと卵③明太子④シーチキン⑤ドライカレー⑥五穀米赤飯をご用意。

豚汁も3杯おかわりとか・・・嬉しい限りです。

バイキングスタイルで食べたいおにぎらずを取っていきます。

なんだか遠足に来たみたい・・こういうご飯も楽しいものですね。

 

 

飛び入り参加で、ホウ先生(韓国人の牧師さん:さいたま子ども食堂で韓国語を教えていただいています)が、

韓国の友人3人とベトナムのツオン君を連れてきてくださいました。

素敵な歌と踊りも披露してくださり、あっという間にみんなの輪の中に。

子ども食堂が終わるころには、韓国のミナちゃんとyuri&tomoちゃんがおしゃべりしていました。

何語で話しているのかな?なんて思いながらそっとそっと見ていました。いい光景です。

 

 

最後の変顔記念撮影もじゃんけん大会も大盛況でした。

今回はホウ先生から子どもたちにお菓子と韓国のりをいただきました。

また、ハウス食品様からとんがりコーン20個。この日の子ども達なんと19人。

足りなければ買い足そうと思っていたのでほっとしました(笑)

残り1個はベトナムから来たツオン君にプレゼント!

さいたま市緑区在住の亜子ちゃんから宇和島産のはっさくをいただきました。

みんなのお土産になりましたよ!本当に感謝しています。

 

 

世の中ではインフルエンザB型が大流行、また来週には関東に雪が降るとか・・・

寒さも厳しい毎日ですが、どうかどうか美味しいものを食べて乗り切りましょうね!

 

■次回は予定が変わりましたので確認お願いいたします。

■2月3日(土) 午後4時~わんtoキッズによる 【 犬と遊ぼう‼ 】ゲームをするそうです。

  ご飯は自分で作る恵方巻です。

  どうぞお楽しみに。

■お申し込みは下記フリーダイヤルでお願いします。

 0120-789-720  藍建築工房・古民家カフェ藍まで

 

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#ボッチャ

#高橋和樹

#おにぎらず

 

 

さいたま子ども食堂・第61回・ブレット先生の英語であそぼう!&手羽先から揚げ

インフルエンザが猛威を振るっていますね。

子ども食堂にいつも来てくれる友だちも、B型(おなかが痛くなる)にかかってしまい、

「行きたかったのに!」と電話くれました。

A型から最近はB型に移行しつつあるようです。

まだまだ寒い日が続きますので、皆様もどうぞお身体ご自愛くださいませ。

 

さて、今回はブレット先生の英語で遊ぼう!でした。

みんなキャーキャー言いながらブレッド先生のかけ声で走ったり飛んだり転がったりしています。

初めて参加してくれた7歳と1歳の女の子も、あっという間に仲間の輪に。

 

ご飯は鶏手羽先のから揚げにしました。

この日はお楽しみメニューとして、頂きものやスーパーで安いもので考える日。

頂きもののカボチャ(見沼クラッシック館様より)はホックりしてとてもおいしかったです。

大根とかぶ(国立武蔵野学院様より)はスープにしました。

さいたま市緑区の只松様から頂いたお米を今回いただきました。

リンゴや味付け海苔はお土産にしました。

川口市の光秀寺様から頂いた果物やお菓子もみんなのお土産に!

 

みんなの美味しそうなお顔、いかがでしょうか?

手羽から揚げは上品に食べると隅っこの美味しいお肉が食べられないので、

むしゃぶりついて食べてね!はじめ人間ギャートルズみたいにだよ!というと、

知らな~い!!の大声(笑)

みんな5個6個とお肉にかぶりついて、お皿には骨が綺麗に残りました。

恒例の変顔記念撮影も回を増すごとにグレードアップしています。

ピックアップすると・・・

きれいなボランティアのお姉さんも、2歳の双子ちゃんも、、みんなみんなすごくかわいいです!!

 

 

 

■次回は1月27日(土)夕方5時から

和樹君を迎えてボッチャ大会開催です。

和樹君は高校時代の柔道の試合で頸椎損傷し首から下が不自由になりました。

車椅子生活ですが仕事も生活もでもスポーツ・ボッチャでも頑張る青年です。

今回はリオパラリンピックに出場した腕前にみんなで挑んでいきましょう!

ご飯はおにぎらずと豚汁です。

 

 

■食べに来たい人、お手伝いしていただける人は下記フリーダイヤルでお申し込みください。

0120-789-720  藍建築工房株式会社まで

 

 

「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアーin埼玉・1月19日開催

来る 1月19日(金)10時半~15時半、

埼玉会館大ホールにおきまして

民生委員制度創設100周年記念

共生・共助つながりづくり  フォーラム

~「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアーin埼玉~

開催されます。

 

午前中には山崎美貴子先生(神奈川県立保健福祉大学名誉教授)による基調講演

午後からはゴルゴ松本氏(埼玉県出身)による記念講演「出張!ゴルゴ塾」

その後、分科会が開催されます。

 

分科会1では、地域共生社会の実現に向けた各団体の取り組みと題して4団体が発表。

分科会2では、これから子ども食堂に取り組みたい方、興味をお持ちの方向けに3団体が発表。

分科会3では、既に子ども食堂を運営している方を対象に4団体が発表。

 

「さいたま子ども食堂」を運営しております本間は、分科会2におきまして、

子ども食堂の始め方や「さいたま子ども食堂」での感動秘話などお話しさせていただきます。

 

埼玉県内では現在公式には60を超える子ども食堂が活動しています。

急速に伸びている現状の中で問題点や課題も浮かび上がっています。

継続の重要性や必要性、保健知識の勉強、安全安心の構築など・・・

このツアー開催は「子ども食堂」をもっと身近に感じられる大きな布石の第一歩になると確信します。

 

■ 全国ツアーの持つ意味

こども食堂はいま、全国に広がっています。

反面、現在こども食堂に取り組んでいるのは、地域活動やボランティア活動、

子どもをめぐる問題に強い関心のある方々が中心です。

地域活動に長く携わっている自治会や婦人会の方々、社会福祉協議会や民生委員の方々、

行政関係の皆様にも、こども食堂の活動を理解していただくことが重要な時期にきています。

報道では【 6人に1人の子どもが貧困 】とも言われています。

国・地方自治体・企業・一般の方々も、

この状況に「何とかしなければ」という気運は大きくなっています。

そんな中で「子ども食堂」を理解して頂き、更にすそ野を広げる活動が「全国ツアー」なのです。

 

 

1月19日は埼玉県として第一回の開催となります。

今後も回を重ね、この場で出会った人たちとつながり協力し合い、

子どもたちのための活動が増えることを心から願っています。

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

 

 

 

さいたま子ども食堂・第60回・ユリエさんのベリーダンス教室&グリーンカレー・クリームシチュー

新年あけましておめでとうございます。

関東は晴れ続きで乾燥が厳しい毎日。

ですが、大雪や凍える寒さの地域の方からしたらなんとも贅沢で感謝です。

 

さいたま子ども食堂も雪や雨を心配することなく元気に子供たちが集まってくれました。

数えて60回目!!!

スタッフ・ボランティアの皆様・支援応援していただいている皆様・たくさんの家族子どもたち・・・

みんなのお陰です。

これからも楽しく元気に開催していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

2018年  年明け一番は、

本間の親友の一人、ニュージーランド在住のユリエさんが来日滞在していましたので、

彼女にベリーダンスレッスンとお嬢さんのルビーちゃんにも手伝っていただき

≪ヘナのワンポイントプレゼント≫を。

ユリエさんは日本人でニュージーランドの男性と結婚し22年前に彼の母国に移りました。

その後ベリーダンスを習い教えるまでになり、ダンサーとしても衣装デザイナーとしても活躍されています。

本間もかって少しだけベリーダンスを習っていて舞台にも立ちました(汗。。)

その後、もっぱら裏方の舞台衣装を作成することが趣味の一つになり、

インターネットで探し当てたユリエさんにラブコール。

たくさんのベリーダンスの歴史や衣装作成のコツを学ばせていただきました。

10数年まえからの師匠であり友人である不思議な関係です。

2年に1度ニュージーランドから日本に帰国、約1か月くらいの滞在期間中にたくさんの友人に会うため、

日本中を歩くバイタリティーあふれる素敵な女性なんです。

今回は7週間の休暇を取っての来日。

奥の細道を歩くルートで秘境の鉄道に乗ったり、温泉につかったりという旅だそう。

日本人の感覚、特に仕事中毒(仕事をしなければならない世代も)の私たちには夢のをまた夢。。。

そういうと「かおさん、そこは意識を変えないと!人生を何につかうか?仕事のために体や心を休めてリフレッシュさせて!」と。

年は下だけど意識はお姉さんのユリエさんからいつも言われます。

この言葉はワーカーホリックの私には耳が痛いです。

けれど大好きなユリエさんの言葉は大切にしなければ。ね。

 

 

さてさて・・・

そんなユリエさんから子どもたちにはベリーダンスの歴史とプチレッスンがプレゼントされました。

ヒップスカーフをつけて初めての体の使い方に子どもたちも大喜びでしたが、

実は横に立つママやスタッフの女性陣が真剣なこと(笑)

ボランティア参加のミーちゃん、スズちゃん、ノブちゃん・・・はまってました!

なかなかできない体験ですものね。

 

またユリエさんとお嬢さんのルビーちゃんからはヘナのワンポイントもしていただきました。

一週間くらいで消えてしまうのと自然素材で体には安心なヘナ。

いくつかの図案から好きなものを選んで描いてもらいました。

 

古民家カフェ藍のなかには、本間が作っている衣装も飾りました。

始めてみる衣装に子どもたちは面白がったり恥ずかしがったり体にあててみたり大はしゃぎ(苦笑)

 

 

そして美味しいグリーンカレーとクリームシチューを食べました。

恒例のじゃんけん大会も変顔も楽しんで、新年第一回の子ども食堂さいたま子ども食堂、無事に終了です。

ボランティア参加のミワちゃん、マリちゃん、いつもありがとうございます。

 

今年もたくさんの素敵な時間と美味しいご飯をみんなで楽しみましょうね!

 

 

次回は1月13日(土)午後5時から

ホウ先生の韓国語教室&中華丼と手作りシュウマイです。

お楽しみに!

食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記のフリーダイヤルでお願い致します。

0120-789-720   藍建築工房まで

 

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

 

 

 

さいたま子ども食堂・2018年1月2月の予定

たくさんの方に力を貸していただいて「さいたま子ども食堂」は、

元気いっぱいな子どもたちと素敵な時間を作り上げています。ありがとうございます。

明年、2018年もさらにパワーアップして発信します。

 

素敵な予定も完成しましたので、たくさんの子どもたちにご飯を食べに来てもらいたいです。

またお手伝いいただける方がいらっしゃいましたら是非よろしくお願いいたします。

お申し込みは下記フリーダイヤルで。

0120-789-720  年明け1月4日から受付させていただきます。

 

■1月6日(土)  ゆりえさんのベリーダンスレッスン&ヘナのワンポイント&グリーンカレー

ゆりえさんはニュージーランド在住の元ベリーダンス&講師。

世界でも有名なベリーダンス衣装作成やベリーダンスの歴史など発信されてきました。

本間の師匠でもあり大親友でもある彼女が2年ぶりにお嬢さんのルビーちゃんと来日。

さいたま子ども食堂で、コブラの動きやラクダの動きなど日本人が考えられない体の

動かし方をレッスンしてくださいます。

ヘナのワンポイントもプレゼントしてくださいますよ!

二ュージーランドクイズも用意してお待ちしています!

ご飯は、グリーンカレーとクリームシチューをご用意。

 

本間もベリーダンス衣装を作っています。カラフルな衣装も見ていただきますね。 

 

■1月13日(土) ホウ先生の韓国語教室&トロウマ白菜ロール

さいたま市在住のホウ先生による韓国語教室。

今年も楽しみながら韓国を身近に感じていきましょう!

ご飯は、寒い日には絶品のトロトロクリーム白菜ロールです。

 

■1月20日(土) ブレット先生の英語で遊ぼう&秘密のメニュー

アメリカ人のブレット先生の英語で遊ぼう!

楽しくみんなでく体を動かし英語で遊びましょう。

ご飯メニューは秘密!(笑)

 

■1月27日(土) 高橋和樹君とボッチャ大会&おにぎらず豚汁

リオパラリンピックに出場した和樹君を迎える第2回ボッチャ大会開催です。

和樹君から、世界で戦う技を見せていただけるとのこと。

今回はみんなで和樹君に挑戦してみましょう!

ご飯はおにぎらずと豚汁です。

 

■2月3日(土) 歯科衛生士さんと歯の話&恵方巻

良子先生による歯の話・口の話。

大切な歯磨きなど、みんなでお勉強!

そして、一人づつ手作りする恵方巻で今年のパワーアップしましょう!

 

■2月10日(土)ブレット先生の英語で遊ぼう&中華丼&手作りシュウマイ

ブレット先生の英語で遊ぼうは1時間英語オンリー!

ご飯は手作りシュウマイと中華丼。

美味しいぞ!

 

■2月17日(土) ワンtoキッズ&秘密のメニュー

ワンちゃんたちがやってきます。犬と遊ぼうがテーマ、さてどんな遊びができるかな?

ご飯は秘密ですよん!

 

■2月24日(土) 蕎麦打ち体験&かけ蕎麦&天ぷら

大宮中央ロータリークラブの皆様支援による蕎麦打ち体験です。

お出汁がうまいかけ蕎麦で頂きましょう。

かき揚げや天ぷらもご用意いたします。

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第59回・ブレット先生の英語で遊ぼう&パエリアクリスマス

2017年最後は、ブレット先生の英語で遊ぼう&パエリアクリスマスパーティーでした。

先週 「今年最後だからね」と、声を大きくしてみんなに伝えると、

4歳のはるちゃんが、足にしがみついてきました。

目をウルウルさせて「もう最後なの・・もう子ども食堂なくなっちゃうの?」と。

しっかり抱きしめて「来年もいっぱいやるからね!いっぱいご飯食べに来てね!」と伝えました。

 

ブレット先生の英語で遊ぼうは、いつもながら笑いと英語とはじけるような楽しさです。

特に今回はクリスマスツリーをボランティアのまこちゃんから頂いたので飾りつけもしました。

 

 

ご飯はクリスマスなのでパエリアにしました。

↑当初の予定ではもつ煮で忘年会だったの(大笑)渋すぎるよね。

こういう変更はたまにあります!

テーブルの上でホットプレートで仕上げるので、子どもたちも乗り出して楽しみます。

おかわりいっぱいしてくれて、おまけの豚汁も大鍋が空っぽになりました。

 

じゃんけん大会ではボランティア初参加のMちゃんも大活躍。

変顔大賞はあさよちゃん(ママ)でした!素晴らしい変顔でみんなで大笑いしました!!

 

 

今回いただいた物は、

■さいたま市浦和区匿名様からお米■大宮中央ロータリークラブの皆様からお野菜

■ブレット先生からみかん■さいたま市緑区三室の農家様から里芋

■ボランティアのあさちゃんからお米■ボランティアの千春ちゃんから野菜

■勇先生からお菓子■フードバンク様から非常用お菓子

■さいたま市緑区の匿名様から里芋

■ベストプランニング様からお菓子と当日のケーキ(ケーキは写真が無くてごめんなさい)

■さいたま市の渡辺様から支援金(古民家カフェ藍のお客様で、今までも数回支援していただいています)

 

里芋やお菓子など数が多いものなどは、子どもたちみんな分けてお土産にしました。

いつも本当にありがとうございます。大助かりです!!感謝しきれません!!

 

子どもたちを見送ってボランティアさんたちと反省会をした時のこと、

数回参加してくれているまりなちゃんがこんな事を言ってくれました。

社会人2年目・・・仕事の裏側や人のいやらしさも見えてきて辛いことが多くなってきました。

でも「さいたま子ども食堂」でボランティア活動すると、子どもたちやみんなから元気や明るさを

分けて貰える。負けないで頑張ろう!っ気持ちになれるんです。

だから今日は同じように悩んでいるMちゃんもつれて参加しました。

来年もできるだけ時間を作ってボランティア参加したいです。と。

 

こんな気持ちを持っていたんだ…それを話してくれるだけでも嬉しかったです。

子ども食堂は子どものためだけにあるんじゃないんだ!つくづく思いました。

 

子どもたち、ママたち、ボランティア参加のみんな全員とハグして(本間ハグ好き!:笑)

無事に2017年最後の「さいたま子ども食堂」終了しました。

明年、気持ちも新たに素敵な楽しい「さいたま子ども食堂」やっていきま~す!!お楽しみに。

 

 

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

有吉ゼミ・ヒロミ&タッキー・子ども食堂リフォーム!なんと「だんだん」さん!!

昨日のテレビ番組 有吉ゼミで、ヒロミとタッキーが子ども食堂をリフォームするというので、

録画して深夜に拝見しました。

年末は建築業は大忙しで、日ごろ休みを取らずにを働いていますが、そこに輪をかけての忙しさなんです。

へとへとになって帰宅後しましたが、早く見たくて・・・

そうしたら、なんと子ども食堂を立ち上げた大田区のだんだんさんが舞台ではありませんか!!

嬉しくてドキドキして拝見しました。

リフォームの内容もですが、だんだんさんの現場というか働くスペースを拝見できたことが嬉しかったんです。

最後に近藤さん(オーナー)が涙されて、「やめてしまおうと思ったこともあったんだけど・・・」と。

 

居酒屋からカフェに変貌した子ども食堂を見渡す目、子ども達を迎える目が優しかったです。

 

 

そしてね、なんと本間香(藍建築工房株式・さいたま子ども食堂運営者)も、

ヒロミさん同様に、ただ今、子ども食堂のリフォーム中なんです!

先週は解体工事、今日から大工さんと設備屋さんが入りました。

朝から現場で指示だししてきたんです。

元が中華料理屋さんの居抜気物件。築40年の長屋店舗です。

油やゴミがこびりついた現場をどのように生き返らせるのか?

子ども食堂を運営する側から見た視点、建築士としての視点、ママ目線など、

この現場を独り立ちさせるために年末年始も頑張ります!

 

写真は解体している時の物です。2枚重ねのマスクでもホコリで息苦しかった(苦笑)

この子ども食堂は、さいたま市南区(南浦和駅と武蔵浦和駅の中間位に位置します)になります。

名前は 「文蔵 サロン with キッチン 」

来年OPENした暁には、さいたま子ども食堂もたくさん応援させていただきますね!!

# 埼玉県子ども食堂ネットワーク