アーカイブ

さいたま子ども食堂・第129回・タクミンのキン肉マン教室・カオマンガイ!

タクミンは大学3年生から、さいたま子ども食堂のボランティアに参加してくれています。

就活や試験で忙しい時期から、ほかにも地域のサッカークラブの指導などもあり、

頑張ってくれている姿はみんなの刺激でした。

 

大学生は子どもたちにとってあまり身近な存在ではなく、

けれど本当はいっぱい話を聞いてもらいたい・・・いてほしいお兄さんお姉さんなんです。

その人たちの進路や生き方は子どもたちにとっても大きな目標でもあります。

 

さいたま子ども食堂には、タクミンとタケルそしてミサキという、

素敵な大学生や社会人が顔を出してくれています。

ほかにも数か月に一回、来てくれるお兄さんやお姉さんは、

じゃれつきたくてたまらない!存在です。

 

ボランティアに参加してみたいけれど、どこから始めたらいいのか?

子ども食堂のボランティアって何をしたらいいんだろう?

そんな不安交じりでも大歓迎です!

さいたま子ども食堂で自分のもう一つの顔を見つけてみませんか?

 

 

さて、今回のタクミンのキン肉マン教室は、夏休みに入ったばかりでいつもより少ない人数でした。

ですが、一人一人に目が届き、声もかけられて≪中身が濃かった!≫ようです。

 

体幹を鍛えることは、スポーツの基本でもあり、パパママにとってはダイエットにも!

大汗かきながらみんなで楽しい一時間でした。

 

 

ご飯は・・・実はメニューを変更しました。

イオン与野店に入っているわくわく広場様から頂いた大量の野菜がニンニクと長ネギ。

これを使わねば!!というわけで【カオマンガイ】タイ料理に大変身です。

ナスも頂いたのでオリーブオイルでソテーし、

魚力様から頂いた鮭の切り身も。

感謝のプレートです。

 

 

初参加の方が4組、小さな子供たちも多かったのですが、

みんなでおしゃべりしながら食べるご飯は、本当においしくて楽しいです。

カオマンガイのをネギソースを、ご飯にかけて食べる3歳児もいて、将来大物!なんて声が(笑)

 

うちの子、ナスは食べれないなずなのに・・・パクパク!とか、

こんな料理食べたことないです・・・レシピほしい!とか、

とにかくにぎやかです。

 

 

おまけに、ブレット先生の奥様・あさよちゃんが、ケーキを2つ作ってきてくださいました。

開催日・7月20日は、私(カオさん)の誕生日。翌21日はスタッフのユカちゃんの誕生日。

お気遣いいただいて、バースデーソングまでいただいて、思い出に残る一日になりました。

ケーキはみんなで分けていただきました。おいしかった!!

年を重ねることが楽しく、生き生きと過ごせることにも、みんなに心から感謝しています。

 

今回は、岩隈選手からお米20㌔、わくわく広場様からお野菜、光秀寺様から果物と缶詰、

パンカフェぎーさまから美味しいパンをいただきました。

いつもありがとうございます。

 

じゃんけん大会も変顔記念写真もばっちりです。

 

 

 

次回は 7月27日(土)夕方5時 から

ブレット先生の英語で遊ぼう

ご飯は、グリーンカレー&コーンシチュー

 

暑い夏に是非食べていただきたいうまい辛さです!

 

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記電話でお申し込みくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房)

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#筋肉

#体幹

#カオマンガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第128回・オグちゃんのカメラマンへの道・パエリア

カメラマン小口隆志さんと息子さんのつばさ君が、松戸から来てくださいました。

カメラマンという仕事について、

物を写すときの色々な技や工夫、

カメラを持つ楽しさ、

オグちゃんカメラマンからたくさんのことを学びました。

今回はニコン様からカメラ20台貸していただきました。ありがとうございます。

 

子どもたちにとっては少し遠い職業の【プロカメラマン】

ですが、今回の出会いで、楽しさを知り、その道に進む人が出てきたら凄いなぁ・・・と。

私もワクワクしてしまう1時間でした。

 

オグちゃんは、藍建築工房スタッフの順ちゃんの後輩。

こういうつながりを作ってくださって順ちゃんにも感謝です。

 

 

何かを写すときに真正面から撮る・下から撮る・上から撮る・光を考える・背景を考える・・・

こんなことでも1枚の写真は大きく変わる。

わかっているつもりで、していないことが、よ~くわかりました!。

 

オグちゃんから聞いた話の後で、みんながカメラマンになるさまはお見事!

いつもとは違う姿勢です。

 

こからプロカメラマンが誕生したら・・・うれしいな!!

 

パパ(オグちゃんカメラマン)の銘助手をしてくれたつばさ君、本当にありがとう。

じゃんけん大会では最後まで勝って、おいしいパンゲット(笑)

 

 

ご飯はパエリアでした。

今回は、八潮で子ども食堂を開きたいという和子ちゃんと絹代ちゃん、

八潮市民大学のスタッフの方々も、実習体験に来られました。

また、草加市で子ども食堂をサポートしたいという泉ちゃんに、

子ども食堂にたくさんかかわっていきたい春日部のアヤノちゃん(大学生)も加わってくださいましたので、

子どもたちがカメラマンになっている間に、

【古米をおいしいパエリアに大変身】という調理実習も行いましたよ。

みんなで楽しく・美味しくいただきました。

サラダ・唐揚げ・切り干し大根・大根のお味噌汁など、たくさんありましたがあっという間にたいらげる!

残飯が全くないのもいつものことです。

 

家ではピーマンは絶対食べないのに・・・とか、

レモン丸かじり!と驚く声もあちこちから。

おしゃべりしながら食べる!笑う!またおしやべり(大笑)

いつもにぎやかな「さいたま子ども食堂」です。

 

◎ 初参加、1歳の、トモ君の思わず手つかみ!GOOD。

 

 

今回イオンに入っているわくわく広場様から、たくさんのニンニクをいただきました。

オリーブ油と一緒にパエリアの下味に使わせていただきました。ありがとうございます。

 

じゃんけん大会も変顔もばっちり決まりました。

 

 

 

今回はこれでおしまいではなく。

オグちゃんカメラマンがみんなの記念写真を撮ってくださいました。

どんなふうに写ったかは後日のお楽しみです。

 

 

 

さて、次回は タクミンのキン肉マン教室 

7月20日(土)夕方5時 からです。

もう、 夏休みに入っていますね。

 

 

食べに来たい方・お手伝いしていただける人は下記の電話でお申し込みください。

048-789-7340  NPO法人チアーズ(藍建築工房)

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#カメラマン

#ニコン

#パエリア

 

さいたま子ども食堂・第127回・イサム先生の手話教室&餃子パーティー

今回の手話教室は【 思いを口で言わず動作で相手に伝えること! 】でした。
まさに、手話の始まりです。

子供たちとイサム先生が決めたいくつかの気持ちを行動にして表してみることは、
はたから見ていても「なるほど!」とか、「そうきたか!」という面白さでした。
 
 
初めて参加した男の子は「僕は難しい気持ちを表してみたい」といい、
何かのパフォーマンスをしました。

見ているほかの子どもたちが考えるのですが難解でした。
答えは【不安】というものでした。
イサム先生も、これは難問だねと言い、実際の手話で表現してくれました。
言葉を手話で表すときは、できるだけ口も動かし、表情も使うことなど、
たくさんのことを学びました。
【不安】はまさに、顔も曇らせて心をかきむしるようにして表します。
イサム先生の顔にも注目です。
次に、動物を表現するころには、子どもたちがぐいぐいのめりこんでいきました。
イサム先生が用意してきてくれた紙に書いてある動物を表現して、
周りの人に伝えるゲームです。
手話ではないですが、みんながいろいろと工夫します。
それを最後に手話で教えてもらいます。
初めはもじもじしていた子たちも、目が輝き、いくつも表現したがりました。

今回は初参加の方が5組もいらしたのに、こういう遊びの手話で仲間になっていきます。
川越から来てくれたN君は、はじめての場所・はじめて会う人に向かって何かを訴えます。
1歳6か月のD君は、パパが変わって表現してくれました。答えはペンギンです!拍手!!
人はみな顔が違い、体形も違います。
才能もあれば、病気もあります。
生まれながらもあれば、生きてきた過程での特出もあります。
違うからこそ面白いということも、
違うことが当たり前で素晴らしいことも、こういう機会に改めて感じます。
子ども食堂でおこなう手話は難しいかと思っていたのですが、
やっぱりトライしてよかったと思うのは、イサム先生のおかげです。
みんなが指文字も学びます。目が輝いています。
さて、ご飯・・・みんなの大好物・・・餃子です。
あえて、餃子パーティーと銘打ちます。
子どもたちが包むことも、焼き上がりをみんなでシェアして食べることも
楽しみなんです。
 
おかわり餃子が焼きあがったのでテーブルを回ります。
我先にと手があがります。
そんな中で初参加の女の子2人に、いくつ食べた?と聞くと、
「3つ」という答え。
ほかの子たちは15個とか23個という中で、とても少ないのです。
気後れしてしまい、お替りの声が出せなかったんでしょうね。

ボランティアやスタッフも、後で反省していました。
初参加の家族や子供たちの名前をインプットし、
たくさん声をかけて、楽しんでもらえているかを確認してね!と、
始まる前のミーティングで確認するのですが・・・
今回は初参加が多くて、ご飯の時の勢いに埋もれてしまったようです。
そこで、たくさん食べた子が「もっと食べたい!」という中で、
「ダメ!今度は○○ちゃんたちにあげるから。
一人で大食いしないで、回りの人のことも見てごらん!」と声掛け。
これも生きた勉強になりました。
今回は、ボランティア体験が初めてという方が2人いらしたのと、
ベテランさんが少なかったことも原因です。
ボランティアさんは多い時と少ない時がありまちまちなんです。
初めてでも堂々とした方、何度いらしても奥ゆかしい方、いつも緊張している方、
個性もまちまちなんです。
そして、さいたま子ども食堂での個性の発揮の仕方は他では違ったりもします。
そんなことも運営者(本間:かおさん)の責任です。
子ども食堂は、ただご飯を食べる場所ではありません。
おなかも心も豊かになる場所にしなければなりません。
優しさとか、温かさや思いやりも学ぶ場なんですね。
これは、参加してくださる家族や子どもたちだけでなく、
スタッフ・ボランティアさんにも伝えていきたいことです。

じゃんけん大会・変顔記念写真もお見事!
 
今回はたくさんの頂き物をしました。心から感謝いたします。
大切に使わせていただきます。
■お米6キロ・・・大久保様より
■お米8キロ・・・浅沼様より
■お米10キロと乾パン・・・斎藤様より
■果物・・・光秀寺様より
■パン・・・パンカフェ・ギー様より
■ご寄付・・・イワイ様より
■ご寄付・・・高橋様より
■野菜・・・わくわく広場様より
■たくさんの本・・・BOOKOFF様(埼玉県遊技業協同組合様を通し)より
■ポン酢・・・ミツカン様(埼玉県遊技業組合様を通し)より
  
次回は7月13日(土)  夕方5時から
プロカメラマン・小口さんによる【プロカメラマンへの道!】
参加する方はSDカードをお持ちくださいね。
マヤ、取りたい何か(おもちゃとか工作など)があれば持ってきてくださいね。
カメラはニコンカメラ様が20台貸してくださいます。
■ご飯は【パエリア】です。
パパママで興味のある方はお料理教室も開催しますのでお楽しみに。
■食べに来たい方、お手伝いしていただける方は下記フリーダイヤルでお申し込みください。
048-789-7340
NPO法人チアーズ(藍建築工房)

 

 

さいたま子ども食堂・7月8月の予定。

九州地方の大雨が心配です。

災害はどこにでもいつでもやってくるのだと、改めて感じています。

さいたま子ども食堂では【防災教室】をよく行いますが、

地震だけでなく、大雨洪水なども視野に入れていこうと思います。

 

 

さて、7月8月の予定が完成しました。

8月には3周年も迎えます。

たくさんの方々と美味しいご飯を食べたいので、どうぞお申し込みくださいませ。

7月には初めての プロカメラマンによる写真教室開催します。

8月には武蔵野学院様をお借りして本格的流しそうめんチャレンジです。

また、夏休みの宿題応援企画として、

ハナイ先生による地球温暖化の実験や、

タイチ先生による手作りスライムなど盛り沢山です。

 

KAOさんもいっぱい美味しいご飯を作りますよ!!

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話で申し込んでくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

EPSON MFP image

さいたま子ども食堂・第126回・地元の農家さんでじゃがいも堀!

JAさいたま様とさいたま市内の子ども食堂支援について打ち合わせを春からしています。

この計画が実行されたら、とても豊かに子ども食堂が運営できると思っています。

発表まで今しばらくお待ちくださいませ。

私はわくわくしています!!

 

 

そんなお試しの一環として、さいたま子ども食堂から近い【鈴木殖産園様】の畑で

じゃがいも堀をしながら農家のお仕事体験をさせていただきました。

通常のじゃがいも堀は取った分をお持ちかえりですが、

お仕事体験なので、みんなでコンテナに集め、

鈴木さんたちが農協などに出荷する分と、規格外で分けていただける分とに仕分けしました。

 

「幼稚園のじゃがいも堀はみんな小粒だったけど、みんな大きくてすごい!」

「土がやわらかい!」

「土のにおいがする!」

「キャー!!ゲジゲジ!!」

「農家さんの作るじゃがいもってすごいんだね!」

などなど、あちこちから楽しい声がおきます。

   

 

 

 

規格外はその場にある釜土で蒸かして、美味しく食べさせてもらいました。

 

この日はあいにくの小雨。

やるかどうか悩みましたが、この時期を逃すとじゃがいも堀はできないので、

カッパ持参で風邪をひかない工夫をお願いして決行です。

カホちゃんは、パパが45ℓのゴミ袋を工夫して小さなカッパを作って参加。

みんなの意気込みも素敵です。

 

 

 

そして、仕事のあと(遊びの延長のようでしたが:笑)のごはんの美味しいこと!

フードバンク埼玉様経由でいただいたロッテリアのパン(賞味期限まじか)を使い、

フランクフルト・卵マヨ・ナスやズッキーニのオリーブオイル炒め・レタスなどを用意し、

OPENスタイルの子ども食堂にしてみました。

先日頂いたストレートジュースが使い切れてこちらもほっとしました。

 

恒例のじゃんけん大会も変顔もばっちり決まりました。

  

 

お世話になった鈴木様ご家族の皆様、駆け付けてくれたJAさいたま青年部長森田様、

大変お世話になりました。

「今度は秋にさといも堀においで!」とお声掛けいただいて、

今から楽しみが増えました。

 

 

 

 

次回はいよいよ7月。

暑くなるだろうなぁ。。。負けないぞ。。。と。

7月6日(土)夕方5時から

イサム先生の手話教室 開催します。

口ではなく手で相手に気持ちをつたえること、みんなで学びましょう。

ご飯は、餃子パーティーです。

お楽しみに。

 

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記のお電話でお申し込みください。

048-789-7340  NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#じゃが芋堀

#手話

 

 

 

さいたま子ども食堂・第125回・ワンtoキッズ&夏野菜ゴロゴロキーマカレー

子ども食堂を開催できることに、毎回感謝しかありません。

食材の支援・スタッフやボランティアとしてのパワーの支援・  企画に力を貸してくださる方々の支援・

そして参加してくださる子どもたちや保護者の皆様の笑顔・・・

今回も大雨の中でしたが、そんなパワーと笑顔があふれる「さいたま子ども食堂」になりました。

 

今回は【ワンtoキッズ】の皆様と、新顔のワンちゃんもいて6匹のわんこたちが参加してくれました。

犬と人間の違いや、犬の心音を聞きながら同じ生き物であることの確認、

いつも【命の大切さ】を教えていただいています。

【ワンtoキッズ】の次回開催は10月最終週になります。

今回も人気で1週間前には予約でいっぱいでした。

気になる方は是非、今後の予定にもご注目くださいね。

 

 

そして今回特筆すべきは、ストレートジュースの頂き物!

いつもは「いただきます」でご飯を食べますが、今回ばかりは「カンパイ!」でした(笑)

今までに飲んだことがないくらい、濃厚で果物を食べている感じのジュースです。

後ろにどんな果物がいくつ入っているかという表記を真剣に読む子供たち。

どのジュースも飲んでみたくて悩む子供たち。

また新しい食事の場面が生まれました。

 

このジュースの寄贈には裏話があります。

過日、NHKニュースナインに子ども食堂をテーマにした取材を受け放送されました。

テーマ自体が「話題の子ども食堂の陰で閉鎖されている子ども食堂の実態」というもので、

私自身は、そういう局面に立たないように、みんなで支えあい守りあっていると話したのです。

放送は閉鎖の部分が大きく取り上げられて、かなりへこみました。

ですが、そんな放送を見て、県単位でネットワークを組み取り組んでいるんだと知ってくださった

メーカーさんが「ぜひうちのジュースを飲んで下さい」とお声をかけてくださったのです。

転んでもただでは起きないと昔から言われてきた本間(KAOさん)ではありますが、

こんな嬉しい展開は考えてもいませんでした。

とにかく子供たちが喜ぶ!その嬉しさがたまりません。

ちなみにこのジュースは埼玉県内子ども食堂40カ所と養護施設5カ所に行きわたりました。

 

 

ご飯は、秘密のお楽しみメニューでした。

夏野菜ゴロゴロキーマカレーにしました。

ナス・たまねぎ・ゴーヤ・インゲン・ズッキーニ・ピーマンがたっぷり入った甘口と辛口キーマ。

辛口の方は10種類以上のスパイスで作る≪激辛≫

保護者の方やボランティアのみんなも大汗かいて食べていました(大笑)

子どもでもチャレンジする子がいて・・・。

 

 

恒例のじゃんけん大会・変顔記念撮影も大盛り上がりでした。

 

今回もたくさんの頂き物を。ありがとうございます。

●岩隈選手のアス食プロジェクトからお米

●地元の蟹江様からお米と野菜

●新座子育てネットワーク様からお野菜

●フードバンク埼玉様からロッテリアのパンや練乳など(県内の子ども食堂で分配)

 

 

 

 

次回は6月29日(土)午前11時から

農業体験子ども食堂開催です。

JAさいたま青年部協賛により、地元の鈴木植産園様の畑のじゃがいも堀りです。

 

参加したい方・お手伝いしていただける方は下記のお電話で申し込んでください。

 

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#ワンtoキッズ

#夏野菜ゴロゴロキーマカレー

 

さいたま子ども食堂・人気メニュー・シュウマイ!!

さいたま子ども食堂の料理は、本間(KAOさん)が一人で行います。

開催日は、会場である古民家カフェ藍の営業を早めに終えて、

子ども食堂の会場に作り上げるので、

キッチンにボランティアさんをお迎えできないという理由もあります。

 

なので、KAOさん得意料理オンパレードで恐縮です(苦笑)

リクエストがあるとレシピもお付けすることもあり、

家庭で子ども食堂で食べたものを作ってほしいという子供たちの声もあると聞いて、

嬉しい限りです。

 

さてさて・・・

先日のシュウマイも実は人気メニューの1つなんです。

子供たちとも手作りするので大喜びなんです。

 

スタッフのジュンちゃんは家でしょっちゅう作るようになったとか、

同じくスタッフのチハルちゃんも子どものお弁当のおかずリクエストが一番高いそう。

そして、ボランティアの皆さんにもレシピを差し上げたところ、

アサちゃんが早速昨日の晩、作ってくれました!

その前に電話があり、

「KAOさん、玉ねぎは炒めるの?」と。

「炒めないで、水にさらさなくて、みじん切りにしたら即豚ひき肉と調味料と混ぜてOK!」

とお伝えしました。

 

 

結果の写真がこちら。

ご主人様からは「形はともかく味は中華街にもまさる!」とのこと。

すぐに次のアンコールが入ったそうです。

 

さいたま子ども食堂のボランティアに参加されると、

こんな美味しいおまけもあります(笑)

作り方にこつがあるのでここではご紹介いたしませんが、

是非一度、ボランティアに参加してみてくださいませ。

 

さいたま子ども食堂・第124回・ブレット先生の英語で遊ぼう&豆乳胡麻味噌担々麺とシュウマイ

ブレット先生の英語で遊ぼうは、毎回人気のプログラムです。

昨日は初めて参加した家族が4組いらしたので、様子もわからなかったと思うのですが、

ブレット先生の息子・コウ君が見事に助手をして、みんなを盛り上げてくれました。

英語だけで過ごす1時間は、貴重な体験になります。

 

 

 

 

ブレット先生について、凄いな!と思うことがあるのでこの場でお伝えします。

今まで、小さなコウ君(3歳くらいの時)が駄々をこねたりうるさくなると、

猫の子をつかむように、洋服の首筋をもって外に引っ張り出します。

泣いて暴れても容赦しません。

「悪いことをしている」ことを教える姿勢が父親としての威厳でもあり、

今の日本のパパたちがあまりしないことに気づかされます。

 

 

こういう育て方を実は私も2人の子どもにしてきました。

暴力ではなく、良いことと悪いことをきちんと教えたくて厳しくしました。

端から見たら頑固な親とみられるでしょうね。

同じように躾ているブレット先生に、最大限のエールを送りたいのです。

そして昨日、少し悪ふざけするトモ(他人の子ですよ:笑)を、

急にくびったま持って外に連れ出してしまったのです。

「少し頭冷やせ!」といった感じ。

これは、自分の子どもと同じようにかわいくて、だからできる行動だと思いました。

帰りしな、トモに「今日はブレット先生に叱られてよかったね!トモのことが可愛いからしたんだからね」

と言葉をかけました。

トモもちゃんとわかっている顔でした。

「子ども食堂」という場で繰り広げられることは、食べることだけではありません。

他人と話すこと、人の話を聞くこと、仲間を作ること、良いこと悪いことを学ぶこと・・・

それは、子どもだけでなくボランティアの皆さんも保護者の方も全く同じです。

 

 

「さいたま子ども食堂」

いい場所に育っているな!そんな一場面でした。

 

 

さて、ごはん。

実は大失敗がありました(笑)

前日、サッポロ製麺様から美味しい麺をいただいたので、メニューを少し変えました。

予定していたシュウマイに、豆乳胡麻味噌担々麺も追加。

火の使い分けを考えたり、盛り付けも考えていたのですが、

シュウマイが大人気で足りない!という事態に。

シュウマイ4個くらいでは全く足りないのです。

おかわりはいくらでもできるように、いつもは準備するのですが・・・

ボランティアの方でシュウマイ食べたかったけど口に入らなかった・・・

という方もいらして(大笑)

 

今度シュウマイの時は山盛り、用意しておくからごめんね!と声かけると、

「大丈夫!ラーメンが美味しかったから心配しないで」と、

初参加の4歳の男の子に励まされてしまいました。

 

さて今回は、サッポロ製麺様からの麺のほか、

ボランティアに来てくださっているノリちゃんからお米とチョコ、

いつもポスターを張らせていただいている近所のスーパー「ダイハル」様から美味しいトマト、

パンカフェ・ギー様から美味しいパンをいただきました。

本当にありがとうございます。

 

じゃんけん大会も変顔記念写真もばっちり決まりましたよ。

 

 

 

次回は   6月22日(土)夕方4時から

ワンtoキッズの皆様とワンちゃんたち  が来てくれます。

犬と触れ合う中で「命の大切さ」みんなで学びましょう。

 

 

 

■食べに来たい方・お手伝いしていただける方は下記の電話からお申し込みくださいね。

048-789-7340    NPO法人チアーズ(藍建築工房)

※水曜日は定休日で電話には出られません。ご注意ください。

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#豆乳胡麻味噌担々麺

#ワンtoキッズ

 

 

さいたま子ども食堂・暑さ対策!

運動会シーズンでもあり、

5月にしては異常な暑さが続き、バテてしまう子供たちが目立ちます。

 

先月の「さいたま子ども食堂」でも、頑張って来てくれたものの、

ずっと横になって頭を冷やす子どももいました。

 

そこで、大工さんたちに毎年配る暑さ対策のクールタオル、

水にぬらすだけで冷えて何度も使える優れもの!を、探してみました。

いつもは100均で買えるのですが、今回は同じようなものが無くて・・・

ようやくダイソーさんで見つけた今年バージョン。

 

陶芸教室の時に首に巻いてもらい、ご飯の時にも大活躍でした。

子どもたちの熱気でクーラーが役に立たず苦肉の策でしたが、

かえってこういうシンプルなものがいいのかもしれませんね。

 

いくつかのダイソーさんを歩いて、100枚近く揃えることができました。

子ども・保護者・ボランティアの皆さん用です。

これからしばらくの間、大活躍する予感のクールタオル

 

 

#子ども食堂

#暑さ対策

#クールタオル

さいたま子ども食堂・第123回・KAOさんの陶芸教室&グリーンカレー・コーンシチュー

【 KAOさんの陶芸教 】 おかげさまで大人気です。

過去はシーサー・箸置き・フクロウなど、

子どもたちが1時間で作れるように工夫してきました。

↓ 過去に子ども食堂で作ったシーサーたちです。

 

今回もシーサーなのですが、焼きあがるのは8月なので【夏休み宿題応援企画・NO1】です。

シーサーのいわれを調べてみるもよし。

沖縄の風土や歴史、戦争の事、台風の事、島々の事・・・

宿題にするのはもってこい!なんですよ。

 

 

 

 

 

ご飯は、これも人気の1品。

グリーンカレー&コーンシチューでした。

グリーンカレーはいつもはココナッツミルクだけで作りますが、

少し甘めにしようと、豆乳も加えてみました。

これが功を奏し、大鍋あふれるくらいに作ったのですがあっという間になくなりました。

おかわり3杯は当たり前だったようです(笑)

 

この日ボランティア参加していただいたトモちゃんは、

生まれて初めてグリーンカレーを食べて美味しかった!と大感激。

また2歳のあかりちゃんも、生まれて初めてコーンシチューを食べたそうで、

ママが感動していました!

あちこちのテーブルでモリモリ食べる子供たちとボランティアの皆さんとの話も

盛り上がって笑い声が巻き起こって、楽しい食事時間でした。

 

 

「さいたま子ども食堂」では一般的なカレーは作りません。

なぜ?って・・・

カレーは、働くママのお助けメニューだからです。

一度作れば2~3日は大助かりですものね。

だからこそ、家庭の味のカレーではなく、

食べたことがいカレーを「さいたま子ども食堂」ではお出ししています。

 

 

今回は中学生ボランティア・・・カエデ君、

大学生ボランティア・・・コト君・ナツ君、

社会人ボランティア・・・タクミン・マヅルちゃん・アヤちゃん、

浦和区で子ども食堂を始める・・・ユウちゃん・チハルちゃん、

ゆずロータリークラブから・・・ミツエさん・トモちゃん・カヨちゃん

と、多彩なメンバーが集まってくださいました。

皆様本当にありがとうございます。

 

ごはんは、さいたま市緑区にお住いのカニエ様から頂いた美味しいお米で!

 

 

 

 

じゃんけん大会は、パンカフェ・ギー様から頂く、

これまた美味しいパンをかけて、大人も子ども真剣な顔!

 

変顔もばっちり決まりました。

 

 

 

さて次回は、6月8日(土)夕方5時 から

【 ブレット先生の英語で遊ぼう 】

ご飯は 鶏ハム&子どもたちに作ってもらうシュウマイ です。

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は、

下記のお電話でお申し込みください。

048-789-7340  NPO法人チアーズ(藍建築工房)まで

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#陶芸教室

#シーサー

#グリーンカレー

#コーンシチュー