アーカイブ

さいたま子ども食堂・3月4月の予定。

新型コロナウイルスに、日本中が震撼している今日この頃。

子どもたちにとっても卒業式や入学式がなくなるとか、

春休みも自宅から出られないとか、

はたまた、東京オリンピックはどうなるのか?など

不安はぬぐえません。

 

埼玉県内でも3月の子ども食堂開催を見合わせるところも多くなってきました。

「埼玉県子ども食堂ネットワーク」は見解を出し、

衛生管理の徹底のほか自主管理を打ち出しています。

そこで「さいたま子ども食堂」は、小中学校や幼稚園・保育園が開かれているうちは開催。

休校になった場合は中止とさせていただきます。

 

不安は大きいですが【正しく恐れる事・いたずらに恐れない事】を励行します。

 

開催内容は盛り沢山なので、体調が悪くない方は(参加家族やボランティアさん、そのご家族含む)

無理のないご参加をお願いいたします。

 

 

 

■3月7日(土) KAOさんの手作りマスク教室(保護者対象)

 ※パパ・ママ用、子供用などを作ります。

        ※別途マスク代(子供用100円・大人用150円)必要です。

        イサムちゃんの手洗いチェック

        アルファ化米&豚汁

■3月14日(土)東北大震災から学ぶ!生き残る知恵。

        福島県の方が来てくださいます。

        生き残ったあとの、生きる力や、復興する姿を学びます。

        石焼ビビンバ&チャプチェ

■3月21日(土)ブレット先生の英語でSOS

         いつもの英語で遊ぼうに、海外の人が倒れていたら…を想定して。

         鶏手羽から揚げ

■3月28日(土)イサムちゃんの防災教室

         パパやママがいないときに大きな地震が来たら・・・

         子供だけで、さあどうしよう!?

         秘密のお楽しみメニュー

■4月4日(土) はづきちゃんの演劇への道

         夏からアメリカに留学するはづきちゃん。

ぜひ、はづきちゃんのパワーをもらっちゃいましょう!

         パエリアパーティ

■4月11日(土)ブレット先生の英語で遊ぼう

         餃子パーティー

■4月18日(土)ハワイアン・フラダンス(2回目)

         みんなで平和の踊りを楽しみましょう。

         煮込みハンバーグ

■4月25日(土)ワンtoキッズのみなさんと!

         秘密のお楽しみメニュー

 

さいたま子ども食堂・第155回・ブレット先生の英語で遊ぼう&グリーンカレー・コーンシチュー

今回は、たくさんのことを考える機会になりました。

ブレット先生のおじいさま(アメリカ在住)の体調がすぐれず、急遽の帰国。

先生は、子ども食堂の企画に参加できなくて「ごめんなさい」と。

とんでもないことです。

ボランティアで、毎月子どもたちに英語の時間を作ってくださるだけでも感謝です。

「心落ち着けて、帰国してください」とお伝えしました。

今回のような不慮の出来事は、運営者である私にも、スタッフにも起こります。

 

今、日本中(世界中)で問題になっている新型コロナウイルスも、

子どもたちに発病する可能性だってあります。

そのような時に、どう考えてどう行動するのか?

たくさん考えておこうと思います。

 

さいたま子ども食堂では、毎回、大人が子供に生きる力や大人の仕事などを伝えています。

そのあとのご飯になります。

ブレット先生のいない時間は、奥様のアサヨちゃんとお子レイ君コウ君が見事にサポート。

いくつものアメリカやイギリスの子どもの遊びを教えてくださいました。

 

 

 

 

さて、ご飯。

今回はグリーンカレーとコーンシチューです。

おかわり続出で、大鍋で作ったのですがあっという間に空っぽ!

1才の子がシチュー2杯を食べて、ママがびっくり(笑)

グリーンカレーは、今回が一番辛かったと中学生の女の子。

みんなでおしゃべりしながら食べるご飯は、本当においしいです。

 

ボランティアに参加してくださるノリちゃんからはお米をいただきました。

川口の光秀寺様からは果物を。地元の方からたくさんの野菜。

南区のパン屋さんからはどっさり菓子パンを。

お近くのパンカフェギー様からもおいしいパンとチョコレートケーキを。

たくさんの皆様の応援、ありがとうございます。

みんなんで分け合ったり、大切に使わせていただいています。

 

 

今回は、初参加のボランティアさんの様子をお伝えします。

南浦和からコウちゃん、舘林からシンちゃんの男性2人です。

始めは緊張していましたが、すぐにこどもたちにいじられ(笑)

こんな笑顔で楽しんでくれていました。

 

ボランティアに参加してみたいけれど、不安な方は多いかと思います。

ですが、ぜひ一度トライしてみてください。

今まで体験したことがない楽しさを感じていただけると思います。

 

 

 

次回は

ワンtoキッズさんが来てくださいます。

夕方4時からです。お間違えの無いように。

ご飯は【KAOさんの気まぐれメニュー】です。

 

食べに来たい人。お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みくださいね。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#グリーンカレー

#コーンシチュー

さいたま子ども食堂・第154回・武蔵野学院様でお餅つき&芋煮会。

お餅つきにこれ以上ないというくらいの、晴天!

また風もなく半そでになって遊ぶ子供たちがいるなど、

のどかでうららかな一日・・・さいたま子ども食堂のお餅つき無事開催出来ました。

 

今回もさいたま市緑区にある「武蔵野学院」の敷地をお借りし、

先生方に薪割りや釜戸の準備など、大変お世話になりました。

集まったご家族とスタッフ入れて、総勢100名の【大餅つき大会&芋煮会】となりました。

用意したもち米30キロは、埼玉フードバンク様から頂戴しました。

学院の先生方から、「これはいいモチ米だね!」と。

このモチ米は、前日、KAOさん宅にて必死にといで水につけておきました。

大鍋で洗うので、お風呂場でやりました(笑)

 

お餅つきはなんと20臼以上つきましたので、

子どもたちはもちろん、パパママ、ボランティアさん総出でした。

実は今日、この記事を書きながら筋肉痛で右手が動きにくいです。

 

芋煮も、たっぷり作りましたが、平均3杯のおかわりで、

食べた人は7杯もどんぶりで食べてくれました(大笑)

 

地域に開放したい!という青木院長先生はじめ、音頭取っていただく伊藤先生、

たくさんの先生方、心から感謝いたします。

 

おモチは、あんこ・きなこ・黒ゴマ・からみ・納豆を用意しました。

つきたてをちぎっては、あんこなどに絡ませて、みんなの食べたいものを

とってもらいました。

他にも各家庭でジプロックを用意していただき、お土産用ののしもちも作りました。

 

聞くところによると、幼稚園などではおモチをのどに詰まらせる事故があるからという

理由で餅つき大会は中止のところが多いそうです。

インフルやコロナなどもあり、屋外での子ども食堂開催は勇気がいりました。

けれど、みんなの心意気が通じ、暖かな晴天とおなかいっぱい大満足の、

大成功の一日になりました。

 

 

 

大根をくださった永田様。

ねぎを届けてくださった飯島様。

果物をわけてくださった光秀寺様。

モチ米くださった埼玉フードバンク様。

かげで支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、次回は 2月15日(土) 夕方5時 から。

ブレット先生の英語であそぼう!

&コーンシチュー・グリーンカレー

 

■食べに来たい人、お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#餅つき

#芋煮会

さいたま子ども食堂・第153回・はづ先生の演劇への道&恵方巻

今年は一段と季節が変わるのが早く感じられます。

東京オリンピックに向けての高揚感からでしょうか?

暖冬のせいでしょうか?

 

2月1日の「さいたま子ども食堂」は、恒例の恵方巻で新節を祝いました。

子どもたちが自分で作る恵方巻は、お祭り騒ぎです!

1人の男の子が、「ダイナミック恵方巻完成!」と叫んでいたのがこちらです。↓

あふれて・・・こぼれて・・・楽し気です。

上手にできると、こんな感じです。

 

西南西をむいて一口がぶり。

そのあとは、おしゃべりしながらのいつもの楽しい子ども食堂です。

具たくさんの豚汁とサラダもあり、おなかパンパンになりました。

 

 

 

ごちそうさまをする頃、さいたま子ども食堂に赤鬼が参上し、

会場内は興奮の豆まきに!

鬼になってくれた太一君とノア君からは、

子どもたちの豆の勢いがすごくて「痛かった!」(大笑)

おまけに去年は大泣きしたコウ君(5才)が、今年も大泣き。

鬼の2人にしたら、満足のご様子でした。

 

お掃除はいつもの何倍も大変です。

つぶれた豆がそこらじゅうですから。

でもね、こういう遊び心だけは持ち続けたいものです。

 

 

こんな大賑わいのご飯の前に、子どもも大人も大いにストレス発散しました。

2回目になる「はづちゃんの演劇の道」開催でした。

自己紹介も全員がアクション付きで独特に。

あとは、重たい石運びや、お願いアクションで盛り上がりました。

真剣に見つめる3歳児の男の子。ママの演技に大笑いの3歳児の女の子。

初参加のご家族が2組。あっという間に溶け込んで笑っていました。

 

 

じゃんけん大会・変顔も素晴らしく。

 

 

今回はお野菜をたくさんいただきました。

地元の須藤様・永田様、ありがとうございました。

豚汁の具のほか、新鮮な野菜は子どもたちのお土産にさせていただきました。

 

次回は、武蔵野学院様 で お餅つき します!

いつもと時間が違います。12時集合です。

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPOチアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#さいたま市

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#恵方巻

さいたま子ども食堂・第152回・タクミンタケルの体幹教室&カオマンガイ

さいたま子ども食堂では、毎回大人が自分の仕事や趣味・取り組んでいることを

披露していただく1時間があります。

これは、すぐに大きくなり進学・就職と進路を考える子どもたちに、

少しでも人生のアイデアをと思って始めました。

ですので、イベントを開催する気持ちではなく、

生きることを楽しむメッセージを伝えたいと思っています。

 

 

今回は、新春太鼓を考えていましたが諸事情で延期に。

そこでタクミンのキン肉マン教室が開かれることとなり・・・

急遽、タクミンが仕事になりタケルにバトンタッチ(笑)

(左がタケル・右がタクミン)

こういう素敵なスライドもまた楽しいものです。

タクミンは、しっかりタケルにレクチャーし、子どもたちにお菓子まで用意してくれました。

忙しい中、みんなに「痩せた?」とか「倒れないで!」と声をかけられ

タクミン退場です。

 

 

そのあとは、みんなでタケルを助けながら(?)1時間を楽しみました。

 

 

 

かけっこがはやくなりたい、野球がうまくなりたい、

どんなことも体幹を鍛えないとだめだよと言う、この企画、

実はママたちのダイエットにも欠かせません!

子どもたちのそばで必死に頑張る保護者の姿も見逃せませんでした。

 

 

 

ご飯は、かおさんの気まぐれお楽しみメニューの日でした。

今回は「カオマンガイ」です。

生姜・にんにく・コンソメ・長葱で炊くご飯の香に食欲がそそられます。

フードバンク様からいただいたロメインレタスが大活躍でした。

 

 

 

賑やかで楽しいご飯の時間です。

たれは大人向けに少し辛くネギがたくさん使われています。

それでも、ご飯にたれをかけて食べる子も多くいます。

初参加の2歳リンちゃんは、食が細く、こういう場で刺激があればと参加。

何と、ご飯3杯を食べて、パパママがびっくりしていました。

 

 

みんなでお片付けし、その後は恒例のじゃんけんと変顔です。

 

 

パンカフェギー様から頂く美味しいパンと、

川口市の光秀寺様から頂いた果物がみんなの手に渡ると歓声が。

たくさんの皆様の支援・応援に心から感謝しています。

 

 

 

次回は、2月1日(土)夕方5時 から

はづきちゃんの演劇の道 開催します。

ご飯は「恵方巻と豚汁」

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#カオマンガイ

 

 

さいたま子ども食堂・第151回・ブレット先生の英語であそぼう&中華丼・焼売

ブレット先生の英語で遊ぼうは、毎回大人気です。

幼稚園で英語を教えていらっしゃるブレット先生は、

毎回趣向を凝らして、子どもたちと賑やかに英語の時間を作られます。

こういう環境が小さいときからそばにあると、本当に楽しいですね!

 

 

 

初めて参加のお友達には、お姉さんボランティアさんが一緒に遊んでくれました。

 

 

ご飯は、いただきものの白菜・ニンジンなどがありましたので「中華丼」にしました。

 

 

 

 

 

付け合わせに「焼売」も!

ボランティアのなつみ君とあおい君(2人とも19歳・学生)は、

焼売を作ったことが無いというので特訓でした(笑)

さいたま子ども食堂で、子どもたちに焼売を作ってもらう時は、

トントン・トントン・ヒノノ二トンが、合言葉です。

これで上手に作ることができます。

手作りの焼売は美味しくて、おかわりも続出です。

 

 

 

じゃんけん大会は、いつもお近くのパンカフェギー様からいただく

美味しいパンの争奪戦。

 

パパが勝ったり、ボランティアさんが勝ったりして大笑いでした。

子どもだけに優しいわけでは無いところも面白いじゃんけん大会です。

 

 

変顔もかなり趣向が!

 

 

 

今回、たくさんの方がお米をお持ちになっていただいて、感謝です!

ありがたく使わせていただきます。

 

 

 

 

次回は、 1月25日(土) 夕方5時 から

タクミンのキン肉マン教室

 

タクミンとタケルのタグマッチで体幹トレーニングをしてくれます。

動ける服装で来てくださいね。

ご飯は、KAOさんの気まぐれお楽しみメニューです。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話でお申し込みください。

048-789―7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

 

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#中華丼

#手作りシュウマイ

 

 

さいたま子ども食堂・第150回・太一先生の味噌作り教室&石焼ビビンバ

太一先生の味噌作り教室はこれが2回目です。

前回は夏場でしたので、今回が本当の≪寒仕込み味噌≫

仕上がりが3か月後から半年後ということで、

東京オリンピックを見ながら、自家製味噌にキュウリをポリポリ・・

なんて、たまりません!

 

前回参加した子供たちもいましたが、大多数が初参加ということで、

子どもそうですが保護者もみんな楽しみにしてくださっていました。

味噌作りは実は簡単なんです。

材料が、大豆・麹・塩の3つだけですから。

作り方もシンプル・・・面倒な1つを除いては(笑)

面倒なのは、1晩、大豆を見ずにつけておき・・・5倍くらいに膨れますからね。

びっくりです。

その後、3時間から5時間かけてじっくり煮ていきます。

この煮る作業が結構大変なんです。

噴きこぼれるし、焦げ付かないようにたまにかき回しながら煮ていきます。

今回は6㌔の大豆を煮たので、あちこちからお鍋を総動員しての作業でした。

会場となる古民家カフェ藍では、早朝6時から大豆煮が始まりました。

途中、お客様から「噴きこぼれてますよ!」と、囲炉裏で炊いていた大豆に声かけていただいたり。

これも良い思い出と経験です。

 

子どもたちは、煮た大豆をつぶす作業から始まりです。

昔はすりこ木棒などでつぶしたんでしょうね。

今はマッシャーが大活躍。

また、ジプロックに入れて足でつぶすようにもしました。

 

  

そのあとは、麹と塩をよく混ぜて、つぶした大豆に入れます。

種水(大豆の煮汁)を少しづづ足してこねていきます。

最後は、味噌玉(おむすびくらい)を作って、タッパーに投げ入れます。

これは空気を抜くためですが、子どもたちはもう大はしゃぎでした(笑)

 

冷暗所に保存して1か月目には天地帰しと重しを取ります。

3カ月から6か月でお味噌は完成です。

 

太一先生、今回も楽しい企画ありがとうございます。

 

 

ご飯は、石焼ビビンバに変更させてもらいました。

ボランティアさんが趣向をこらしたデザインはこんな感じです。

 

食事が始まると、熱気でガラスがくもります。

 

 

 

みんなでカシャカシャして、トッピングは目玉焼き!

3杯おかわりした!とか、

もう食べられないよ~と、ぱんぱんに膨れたおなかを見せてくれる子、

ニンジン食べない子なのに、今日はパクパク食べてました!とか、

パパもママも、本当においしくて!と、大満足の様子。

こういう食事の機会が「さいたま子ども食堂」のだいご味です。

 

 

 

変顔はこんな様子。

 

じゃんけんも必死です。

パンカフェギー様から頂く美味しいパン争奪戦です。

 

 

 

 

今週は、北浦和の魚力様から魚を、

お米は地元の方から。本当に助かります。ありがとうございました。

 

 

次回は 1月18日(土) 夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう

ご飯は八宝菜とシュウマイの予定です。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話で申し込んでください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

 

#子ども食堂

#さいたま市

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#味噌作り

#石焼ビビンバ

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・第149回・KAOさんの陶芸教室&ザリガニパエリア

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新春からお天気が良く、穏やかな日々が続いています。

世界のニュースでは恐ろしく、大きな何かが起きそうな気配もありますが、

どうか平和で、みんなが幸せを感じて生きることができる一年になってほしいと

心から願っています。

子ども食堂に来てくださる子どもたちの成長も心から楽しみにしています。

 

さあ、一年の初めは気合を入れて(笑)KAOさんの陶芸教室!

今回は、楽焼にトライしました。

よく修学旅行などで、経験があるかと思います。

好きな絵や字を書いて、透明釉薬をかけて焼き上げます。

子どもたちにも2020年・オリンピックイヤーを記念して、

記憶に残る何かを描こうと伝えました。

あとは自由に!

そうして、こんな作品が誕生しました。

 

保護者の方やボランティアの皆さんには、漆絵を体験してもらいました。

ねずみ・・・のようですが(笑)・・・みんなに突っ込まれていました。

 

ご飯は、イケアさんから頂いた≪ザリガニ≫を使ったパエリアにしました。

今回初めてザリガニを食べる子は恐る恐る・・・

以前に食べたことがある子はパクパク。

賑やかなご飯でした。

 

新年ということで、今年の目標などもテーブルごとに話してもらいました。

この中で意外なことも発見できました。

参加してくれた家族で、おせち料理を作らない&食べないという方が多かったこと。

今回のパエリアは、おせちに飽きたでしょうというイメージで考えたメニューだったので、

本当に時代は進んでるなぁと、思いました。

 

 

 

じゃんけんも楽しく!

変顔もいつもに増して!

 

 

今年もスタッフ一同、元気いっぱい笑顔満載で、子どもたちを迎えていきます!

みんなで、おしゃべりしながら食べるご飯はおいいですよ!!

 

 

次回は、1月11日 夕方5時 から

太一先生のお味噌作り教室 開催します。

ご飯は、トマトリゾットです。お楽しみに。

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は、下記電話で申し込んでください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

※水曜日は定休日なので電話に出られません。

 

 

#子ども食堂

#埼玉県子ども食堂ネットワーク

#さいたま市

#パエリア

#トマトリゾット

 

 

 

 

 

 

さいたま子ども食堂・2020年1月2月の予定。

皆様、今年もたくさんの応援ありがとうございました。

私(本間)は、リオのオリンピックに背中を押され、

「今やらないと後悔する!」と、念願だった子ども食堂を始めました。

その時には、まず東京オリンピックまで4年間頑張ろう!と、決意しました。

そのオリンピックの年がいよいよ始まろうとしています。

この間、決して1人ではできなかったことは言うまでもありません。

感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちを、もっと大きなエネルギーに変えていこうと思っています。

 

 

さて、年明けの1月2月も、素敵なプログラムとご飯でお待ちしています。

 

■1月4日(土)夕方5時から

KAOさんの陶芸教室&ザリガニパエリア

陶芸は楽焼にトライしてみましょう!い年の決意や将来の夢を描いてもいいし、

好きな絵や小さな子は手形でもOK!

 

■1月11日(土)夕方5時から

太一先生の味噌作り教室&トマトリゾット

寒仕込み味噌ですよ!出来上がりはオリンピックの頃。

キュウリにお味噌つけてぽりぽり・・・TV観戦・・・なんていかが?

 

■1月18日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう&八宝菜

ことしもブレット先生といっぱい遊ぼうね!

 

■1月25日(土)夕方5時から

新春太鼓&お楽しみメニュー

富士見野市からかじ兵衛太鼓さんが来てくださいます。

新年に思いっきり太鼓たたきませんか?

 

■2月1日(土)夕方5時から

はづちゃんの演劇の道&手作り恵方巻

はづちゃんは2回目の登場です。

演技することで人の心を考えてみたり、

自分の言いたいことを伝えるすべも身に着けたいですね。

 

■2月8日(土)お昼12時から

武蔵野学院様でお餅つきします!

上手にお餅つきできるかな!?

 

■2月15日(土)夕方5時から

ブレット先生の英語で遊ぼう&グリーンカレー・コーンシチュー

 

■2月22日(土)夕方4時から

ワンtoキッズ&お楽しみメニュー

今年もワンちゃんたちと一緒に命の大切さを学びましょう。

 

 

食べに来たい人・お手伝いしていただける人は下記電話にてお申し込みください。

048-789-7340

NPO法人チアーズ(藍建築工房内)

 

お申し込みされる方は、必ず「参加ルール」を読んでくださいね。

2020年も、いっぱいご飯を食べましょう!

 

さいたま子ども食堂ルール

早いもので、あっという間の年の瀬です。

さいたま子ども食堂も4年目に突入し、

参加してくださる子どもたち、

お手伝いしてくださるボランティアさん、

陰ながらご支援いただいている皆様、

温かく見守ってくださる地域の皆様のお力を得ていることに

心から感謝しています。

そんな中、全国の子ども食堂を運営する方々の中からは、

子ども食堂が終わっても家に帰らず公園で遊ぶ子どもたちの現状や、

地域から「うるさい」と苦情ばかりという現状も耳にします。

様々な地域で、奮闘する運営者の皆様の姿を見聞きし、

これから子ども食堂に求められる姿も少しづつ変わっていく(大きくなっていく)

と感じています。

そんな中で、さいたま子ども食堂では、

2020年の目標を

【地域から愛される子ども食堂・無事故開催】を掲げて、

下記の参加ルールを作りました。

EPSON MFP image

 

ルールと言っても難しいことではなく、当たり前のことばかりです。

ご参加いただける方は確認をお願いいたします。

 

 

2020年も美味しいご飯を作ってお待ちしています!